「偶有性」を捨てて、赤子(希望)を流す ......

| | コメント(0) | トラックバック(0)
      

  "どうなるかわからない" ということがあるから、 "希望" が生まれ、人は生きてゆける、と言い切っていいのだろう。いや、 "希望" とはそういう筋合いのものであり、だからこそ、 "どうなるかわからない" という事象を公式的にはパージし続ける現代という時代環境では "希望" が抱きにくくなっているのかもしれない。
  "希望" というものはそんな柔(やわ)なものであってはならないとか、もっと確たる裏づけを持ったものでなくてはいけない、とそう言いたい人もいようが、そんな人には困ってしまうけれど、まあそんな人はとりあえず "希望" なんぞにかかわらない方が良さそうだと忠告すべし、か。無いものねだりほど、事態を拗らせることはなさそうだからである。

 今日、次のような一文を目にして、意を強めた次第であった。

<...... 希望というものは、ある程度の知性がなければなりたたないが、一方で知りすぎてもいけない。不可視の大きな空白領域をいかに確保し、ふくらませるかが「希望の技術」。......>(「空白をつくることもまた」 茂木健一郎 クオリア日記 2008/09/04 あるシンポジウムでの『脳に学ぶ遇有性の設計原理』というテーマの報告をされたとか。)

 茂木健一郎氏は、かつて次のようにも述べていた。

<「偶有性」(どのように変化するか判らないこと)>(「文脈の自由、偶有性の空間。」 茂木健一郎 クオリア日記 2005/08/15 )
< 創造的な人は、だいたいにおいて、偶有性(どうなるかわからないこと)を大切にしている。そのことは、会って話していればピンとくる。一方、教条主義の人はいわば文脈の中の蛙であって、精神を硬くして動こうとしない。>(同上)

 同氏が脳科学的見地に立って "創造性" の神秘について探求されている根底には、脳活動にもこの世界自体にも、<どのように変化するか判らないこと>=<「偶有性」>が満ちているという "確信" がしっかりと横たわっているかのようである。
 そして同氏が多くの人々、とりわけ庶民から好感を持たれる理由のひとつには、そうした "確信" が、余儀なく "不遇" に甘んじざるを得ない立場の人々に、 "希望" を持つことを勇気づけるからだとも推定されよう。
 人間は、 "不幸" に関する "わかり切った道筋" を追認するためだけに生きているのではないはずである。とかく計算過剰な現代環境は、 "わかり切った道筋" と、その裏返しに過ぎない "偽装" をしか持ち札を用意できず、その外側で眠るさまざまな可能性に満ちた「偶有性」を封殺しているかのようである。そして、だからこそ "希望" は語られにくく、抱かれにくくもなっている。
 また、あざとい者たちは、その「偶有性」を演出することにまで手を染めることとなり、オリンピックにせよ、総裁選にせよ、しらけることおびただしい......。

 「産湯を捨てて、赤子を流す」とのことわざは、人の世の愚かしさをついてあまりあるが、過剰な脳化社会の現代は、「偶有性」を捨てて、 "希望" を流す、というとてつもない愚を冒しているのかもしれない...... (2008.09.04)













【 SE Assessment 】 【 プロジェクトα 再挑戦者たち 】








トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「偶有性」を捨てて、赤子(希望)を流す ......

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://adhocrat.net/mt/mt-tb.cgi/334

コメントする

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  














関連サイトへのリンク


  • 電子書籍(eBooks)制作にフォーカスしたサイト
  • 明けない夜はないことを確信するサイト
  • Green(地球環境改善)にフォーカスしたサイト
  • ソフトウェア技術者やSEのための評価と育成、人事考課制度を考えるサイト
  • さまざまな業種・業態でご利用可能なモバイル活用の予約システム!
  • 創作小説『海念と保兵衛』のサイト
  • 創作小説『かもめたちの行方』のサイト
  • 当ブログ推奨の商品を展示したAmazon ストアー!
  • 当AdhocBlogブログの過去のエントリー
  • 株式会社アドホクラット当時のサイト

★売れ筋! No.1!
家庭用"放射線測定器"

日本通信 bモバイルWiFi ルータ+1 ヶ月定額SIM BM-U300W-1M
価格:¥ 20,208
国内配送料無料 Amazon





このブログ記事について

このページは、yasuo hiroseが2008年9月 4日 16:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は、
 「 " 道半ば"でもたつく者が、 "ゴール到達者" を思う ......
です。

次のブログ記事は、
 「 "五月雨を集めて速し最上川" のごとき通勤道路の "冠水" ......
です。

最近のコンテンツは、
 インデックスページ
で見られます。

過去に書かれたものは、
 アーカイブのページ
で見られます。

年月別アーカイブ

最近のトラックバック