"再燃"か? ギリシャ財政危機、アイスランド火山噴火/"リピーター"が怖い?! ......

| | コメント(0) | トラックバック(0)
      

 寒暖の差が激しく、今日当たり30度を超える真夏日があったからと言って騒いでいる場合でもなさそうだ。
 「焼け棒杭(ぼっくい)に火がつく」という "再燃" を表すことわざがあるが、国内政治でも、 "焼け棒杭" ならぬ<杭(くい)打ち桟橋案>が "再浮上" したばかりである。 "忌避したいもの" に限って "リピーター" よろしく鎌首をもたげつつ "再来訪" するというのがこの時代の特徴なのであろうか?
 軽口を叩いている場合ではなく、ヨーロッパではこの連休中に "怖いリピーター" が訪れているらしい。 "ギリシャ財政危機" と "アイスランド火山噴火" という "脅威" であり、どちらも、場合によっては "他国事" では済まない波及力を秘めた問題だ。
 とかく現代人は、異変に対して "楽観視" しつつ、 "さぁ、次に行ってみよ~!" となりがちである。まさに、そうしたスタンスへの警告のようも見える "怖いリピーター" たちである。
 だから、鳩山首相に関しても、 "杭" 残す!= "悔い" 残す! ことにはなりはしませんか、と ダジャレ てみたのであった。

 先ず、 "ギリシャ財政危機" 問題である。
 この問題が不死身の "ゾンビ" だと懸念するような市場反応が出たわけだ。
<NY株相場が大幅反落、ギリシャの債務問題拡大めぐる懸念で 2010年 05月 5日 07:48 JST
 [ニューヨーク 4日 ロイター] 4日の米株式相場は反落し、3カ月ぶりの大幅な下げとなった。ギリシャが救済されても債務問題はユーロ圏の他の国に拡大するとの懸念が背景。 ......
 ダウ工業株30種は225.06ドル(2.02%)安の1万0926.77ドル。......>(NY株相場が大幅反落、ギリシャの債務問題拡大めぐる懸念で/ロイター/2010年 05月 5日 07:48 JST

 <1度は沈静化したようにみえる「百年に一度の危機」はまず、欧州でそのきばをむき出してきたようだ。>(ギリシャからポルトガル、欧州の危機感/ロイター/2010年04月28日 2:44 pm JST)と評されていたが、株式市場の反応の他にも、かなり厳しいリアクションがぶつけられている。

<ギリシャ債務危機、欧州の他地域に広がるリスク=IMF専務理事 2010年 05月 5日 15:59 JST
[パリ 5日 ロイター] 国際通貨基金(IMF)のストロスカーン専務理事は仏紙パリジャンに対し、ギリシャの債務危機は依然として他の欧州諸国に広がるリスクがある、との認識を示した。ただ、フランス、ドイツなど欧州連合(EU)の主要国に波及するリスクはないと語った。
 一部の国のユーロ圏からの離脱は、単一通貨の終えんを意味する可能性があると指摘、経済政策のさらなる協力が必要だと語った。>(ギリシャ債務危機、欧州の他地域に広がるリスク=IMF専務理事/ロイター/2010年 05月 5日 15:59 JST

<ユーロ圏諸国にギリシャ債務問題波及のリスク=独連銀総裁 2010年 05月 5日 18:56 JST
[フランクフルト 5日 ロイター] 欧州中央銀行(ECB)の理事会メンバーであるウェーバー独連銀総裁は5日、ギリシャの債務問題が他のユーロ圏諸国に波及する深刻なリスクがあると警告した。
 同総裁は、ドイツ議会への声明で「現在の非常にぜい弱な状況の中でギリシャがデフォルトした場合、通貨同盟と金融システムの安定性に多大なリスクをもたらす」と指摘。ギリシャへの支援策にドイツが拠出することは正当だと説明した。
 総裁は「他のユーロ圏諸国に問題が波及し、資本市場でネガティブな反応が高まる深刻な脅威がある」と語った。>(ユーロ圏諸国にギリシャ債務問題波及のリスク=独連銀総裁/ロイター/2010年 05月 5日 18:56 JST

 また、ギリシャ国内では、こんなことはこの日本では決してあってほしくないと思われるような事態まで起きている。

<ギリシャ 大規模な抗議集会 5月5日 20時59分
 深刻な財政危機に陥っているギリシャで、5日、政府が打ち出した緊縮政策に反発する市民らが、大規模な抗議集会を行い、首都アテネではデモの参加者と警察がもみ合いとなるなど、混乱が広がっています。
 深刻な財政危機に陥っているギリシャでは、ヨーロッパ各国などから緊急融資を受ける前提として、政府が、公務員の給与と年金の削減や、日本の消費税にあたる付加価値税の税率の引き上げなどの緊縮政策を打ち出しました。
 これに反発して、ギリシャ各地では、5日、大規模な抗議集会が開かれ、このうち首都アテネでは2万人の市民が集まりました。市民らは、政府の緊縮政策を断固阻止すると訴えてデモ行進を行い、議会の敷地に入ろうとしたところ、警察ともみ合いになり、警察が催涙ガスを使う騒ぎとなりました。また、市内では、デモの参加者の一部が銀行や商店に向かって火炎瓶を投げつけるなど、混乱が広がっています。ギリシャでは、公共部門と民間部門の主要な労働組合による24時間のストライキも続き、鉄道やバス、それにフェリーなどの公共交通機関がまひしているほか、テレビやラジオの多くも、職員のストライキで通常どおりの放送ができない状況になっています。>(ギリシャ 大規模な抗議集会/NHKニュース/5月5日 20時59分

 ところで、二つ目の "怖いリピーター" とは、 "アイスランド火山噴火" だ。

<火山灰 欧州の一部空港再閉鎖 5月5日 18時46分
 先月、アイスランドの火山の噴火によって、空の便の乱れが続いたヨーロッパで、再び、アイルランドやイギリス北部の上空に大量の火山灰が流れ込み、一部の空港が閉鎖されています。
 イギリスの航空当局によりますと、先月噴火したアイスランドの火山で、3日、活動が活発化し、大量の火山灰が、再び、アイルランドとイギリス上空に流れ込みました。この影響で、日本時間の5日午後7時現在で、アイルランドとイギリスで、あわせて14の空港が閉鎖されています。ヨーロッパの航空管制を調整する「ユーロコントロール」は、一時、アイスランドの3か所の空港も閉鎖されていると発表しましたが、その後、アイスランドの空港は閉鎖されていなかったと訂正しました。
 ユーロコントロールによりますと、火山灰の影響は少なくともあと1日は続くということですが、今のところヨーロッパのほかの国々への影響は出ていないということです。
 ヨーロッパでは、先月、アイスランドの火山の噴火の影響で、1週間にわたって各国の空港が閉鎖され、10万を超える便が欠航し、およそ1000万人の乗客が足止めとなりました。アイスランドの地元メディアによりますと、火山の噴火が終息する兆候は、今のところないということで、ユーロコントロールなどでは流れ込む火山灰の観測を続けています。>(火山灰 欧州の一部空港再閉鎖動画あり/NHKニュース/5月5日 18時46分

  "この現象" が何かの兆候でないことを祈りたいが、ちなみに前回の噴火後に以下のような報道もあったことはあったのである。これを、どう受けとめるかは人それぞれであろうが、まさに「火の無いところに煙は立たぬ」ということわざもあった......。

<「大規模噴火の可能性も」 アイスランド大統領 2010 年4月21日18時30分
 【ロンドン=橋本聡】欧州の空の混乱が収まり始めるなか、アイスランドのグリムソン大統領が、もっと大きな火山噴火の可能性がある旨の発言をして波紋を呼んでいる。
 「もしカトラ火山が噴火したら、これまでの混乱はほんのリハーサルだったと思えるだろう」。19日夜、英BBCテレビの報道番組に、レイキャビクから生中継で出演した大統領は真剣な面持ちでそう話した。
 カトラ火山はアイスランド屈指の大きな火山。今回の噴火地点から25キロしか離れておらず、この火山とカトラ火山は過去、10、17、19世紀の3回、同時噴火したという。
 グリムソン大統領は「わが国はすでに救急医療など準備をはじめた。欧州の国々や航空会社も噴火に備えるべき時だ」と警告した。アイスランド大学の火山研究グループは20日、「現時点でカトラ火山が連動する動きは観測されていない」との見解を述べた。>(「大規模噴火の可能性も」 アイスランド大統領/asahi.com/2010 年4月21日18時30分

 しばしの "解放区" であったに違いないGWが終わったばかりでは、ちょいとキツイ話題であった。しかし、<これまでの混乱はほんのリハーサルだったと思える>という言い回しは、妙に、万事に当てはまりそうな気がしないでもない...... (2010.05.06)













【 SE Assessment 】 【 プロジェクトα 再挑戦者たち 】








トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: "再燃"か? ギリシャ財政危機、アイスランド火山噴火/"リピーター"が怖い?! ......

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://adhocrat.net/mt/mt-tb.cgi/1121

コメントする

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  














関連サイトへのリンク


  • 電子書籍(eBooks)制作にフォーカスしたサイト
  • 明けない夜はないことを確信するサイト
  • Green(地球環境改善)にフォーカスしたサイト
  • ソフトウェア技術者やSEのための評価と育成、人事考課制度を考えるサイト
  • さまざまな業種・業態でご利用可能なモバイル活用の予約システム!
  • 創作小説『海念と保兵衛』のサイト
  • 創作小説『かもめたちの行方』のサイト
  • 当ブログ推奨の商品を展示したAmazon ストアー!
  • 当AdhocBlogブログの過去のエントリー
  • 株式会社アドホクラット当時のサイト

★売れ筋! No.1!
家庭用"放射線測定器"

日本通信 bモバイルWiFi ルータ+1 ヶ月定額SIM BM-U300W-1M
価格:¥ 20,208
国内配送料無料 Amazon





このブログ記事について

このページは、yasuo hiroseが2010年5月 6日 00:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は、
 「海兵隊による "抑止力維持"?/内閣支持率ボトムへの "抑止力" は一体どこに? ......
です。

次のブログ記事は、
 「ドル90円割れなら日経平均1万円割れ?/現行世界経済は各国の財政出動の結果? ......
です。

最近のコンテンツは、
 インデックスページ
で見られます。

過去に書かれたものは、
 アーカイブのページ
で見られます。

年月別アーカイブ

最近のトラックバック