ePub電子書籍形式(ePubフォーマット)への変換出力/PC上での電子ブックリーダー ......

| | コメント(0) | トラックバック(0)
      

 次第に "電子書籍" に対する手応えのある感覚が持てるようになってきたようだ。
 今日は、 "ePub" 電子書籍形式(ePubフォーマット。iPadでアップルが採用し、SONYのリーダーなどが採用している米出版界が標準としている形式。)による "電子書籍" を、手元にあった文書を元に作成し、その "試作版" を、幾通りかの "ePubリーダー" で "試し読み" をする試行錯誤を行ってみた。まずまずの首尾であり、"こういう流れになるものなんだ......" とひとり納得したりするのだった。

 まだ、とりあえずの実験、試行錯誤の段階であり、とにかく "何をツールとして使い、どんな結果が出るのか" を実感的に確認している段階なので、 "誤解(?)" を招かないために、ツール類(大半がフリーソフト!)の個別名称は伏せておこうかと思う。
 まともな吟味作業を行ってから、それらの個別名称、ダウンロード先、使い勝手の評価などを、後日まとめて書くつもりではいる。

 先ず、 "ePubフォーマット変換出力ソフト" とでも言うフリーソフトを使った。何種類かがあり、後日それぞれをチェック、吟味してみなければならないが、とりあえずはそのうちのとあるソフトを試し、好感が持てた。
  "ePubフォーマット" に変換したいコンテンツ( "PDF" ファイル、 "Text" ファイル、 "jpeg" ファイル etc.)を "入力ファイル" としてローカルPC内のディレクトリから選び出し、 "変換出力形式" を "ePubフォーマット" なら "ePubフォーマット" と選定し、実行するのである。
 この過程で、 "オプション" として、表示の "解像度(表示画面)" や各種の "書式" 機能を選択すれば、 "出力結果" のファイルに反映されることになる。
 今日のところは、大半をデフォルトとしたままで、とにかく結果を急ぐことにした。

  "iPhone、iPad、および iPod touch" などの多機能端末では、 "PDF文書" はきわめて自然なかたちで扱われていて、 "iBooks" によっても "PDF" という別な "本棚" に仕分けられはするものの、いわば "正規の文書" として扱われている。
 そこで、 "PDF文書" を "ePubフォーマット" に変換する試みもさることながら、関心が向かったのは、 "Text 文書" の "ePubフォーマット" 変換という作業テーマなのであった。
 これらの作業の要点は、 "解像度(表示画面)" の選択に応じて、一続きの "Text 文書" などを "連番のページ分け" にすることのようである。

 で、作業プロセスには多少のトラブルもないわけではなかったが、ともかく選定した "入力ファイル" は、 ".............epub" という拡張子が ".epub" のファイル、すなわち "ePubフォーマット" ファイルとして変換出力されたのである。
 そこで、このファイルがどのような "リーダー" でどう表示されるのかをチェックする段取りとなったわけだ。
 もちろん、 "ePubフォーマットに対応した電子ブックリーダー" でなければ、扱うことも読むこともできないわけであり、ここで "iPhone、iPad、および iPod touch" などに組み込まれたアプリである "iBooks" の登場とならざるを得ない。
 早速、上記で "出力" された ".............epub" というファイルを、 "iTunes" というアップルの統合アプリを通じて、愛用中の "iPod touch" へと "同期" 転送をしてみたのである。すると、 "iBooks" の "ブック" という "本棚" にしっかりと収まっていたのである。
 それをタップしてみると、 "iPad" 用の "解像度(表示画面)" で変換出力したものであるため、デフォルトの表示文字は小さいながら、 "ページめくりアニメ" をはじめ、 "ピンチアウト" での表示拡大機能や一連の操作機能などまでしっかりと備わった状態となっていて、何ら失望感を伴わずに済んだのであった。

 なお、この作業を進める過程でちょっとした情報を得ることにもなった。と言うのは、 "ePubフォーマットに対応した電子ブックリーダー" とは、 "iPhone、iPad、および iPod touch" などの多機能端末に限らず、PC上でそれを叶える専用の "アプリソフト" が存在しているという点なのである。
 主な無料ソフトとしては、<Adobe Digital Editions (Windows/Mac版)>と<EPUBReader(Firefoxアドイン)>とがあり、ちなみにダウンロードのサイトは下記のとおりである。両方を試してみたが、 "ページめくりアニメ" 機能などはないものの、表示チェックには問題なく使えそうである。

<Adobe Digital Editions (Windows/Mac版)のダウンロード>
<EPUBReader(Firefoxアドイン)のダウンロード>

  "ePub" 電子書籍形式(ePubフォーマット)を自在に使いこなせるようになれば、増え続ける "iPhone、iPad、および iPod touch" (プラス SONY 端末)などの多機能端末ユーザー向けの "電子書籍" 作りに、速やかに接近できるのではなかろうか...... (2010.08.04)













【 SE Assessment 】 【 プロジェクトα 再挑戦者たち 】








トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ePub電子書籍形式(ePubフォーマット)への変換出力/PC上での電子ブックリーダー ......

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://adhocrat.net/mt/mt-tb.cgi/1211

コメントする

2020年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      














関連サイトへのリンク


  • 電子書籍(eBooks)制作にフォーカスしたサイト
  • 明けない夜はないことを確信するサイト
  • Green(地球環境改善)にフォーカスしたサイト
  • ソフトウェア技術者やSEのための評価と育成、人事考課制度を考えるサイト
  • さまざまな業種・業態でご利用可能なモバイル活用の予約システム!
  • 創作小説『海念と保兵衛』のサイト
  • 創作小説『かもめたちの行方』のサイト
  • 当ブログ推奨の商品を展示したAmazon ストアー!
  • 当AdhocBlogブログの過去のエントリー
  • 株式会社アドホクラット当時のサイト

★売れ筋! No.1!
家庭用"放射線測定器"

日本通信 bモバイルWiFi ルータ+1 ヶ月定額SIM BM-U300W-1M
価格:¥ 20,208
国内配送料無料 Amazon





このブログ記事について

このページは、yasuo hiroseが2010年8月 4日 00:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は、
 「"熱中症"蔓延の中、"電子書籍"作りに"熱中"/"ePub"電子書籍形式へとアプローチ ......
です。

次のブログ記事は、
 「"熱中症"対策に、"ちょっと気が利いた"アイディア商品"マジクール"がイケてる!? ......
です。

最近のコンテンツは、
 インデックスページ
で見られます。

過去に書かれたものは、
 アーカイブのページ
で見られます。

年月別アーカイブ

最近のトラックバック