やはりこの暑さ"地球的規模"!(米海洋大気局) そこで、"水分補給"法も基本に忠実に!

| | コメント(0) | トラックバック(0)
      

 この暑さを、決してなめてはいけないようだ。国内各地での高気温状態が頻繁に報じられているのは周知の事実。
 どうも、この暑さはローカルなものではなさそうで、"地球的規模(?)" での暑さのようだ。
 <グリーンランドほぼ全域 氷とける>( 暑い!「異常天候早期警戒情報」(気象庁7/24発表)!「3カ月予報」の方でもウンザリ!( 当誌 2012.07.27 ) )というのも驚きではあったが、いよいよ公的機関が "お墨付き(?)" を発表したとか。

 < 5〜6月の地球の陸地の平均気温が、統計の残されている1880年以降の同時期としては過去最高を記録した。米海洋大気局の調べで、29日分かった。7月以降も同じで、日本だけでなく、北半球の多くの地域が酷暑に。今年の世界は歴史的な「暑い年」になりそうだ。>( 地球気温:歴史的な「暑い年」に 北極圏の氷、急速に消失/毎日jp/2012.07.29

 と言ってもわれわれにできることは、"自己防衛策"、つまり身体への "水分補給" くらいだろう。しかし、これが "決め手" のように思われる。

 ◆参照 この暑さ!熱中症よりも怖いのが"夏の脳梗塞や心筋梗塞"!"五輪"観戦寝不足も要注意!( 当誌 2011.07.29 )

 ところが、この "水分補給"であるが、意外と "錯覚と誤解" に包まれているらしい。
 まあ、考えてみると、今でこそスポーツでは常識とされている "水分補給" だが、以前の体育会系文化では「水を飲むと疲れが出る」とか、「集中力が途絶える」と言われ忌避されてもいたのだ......。まるで "血液ドロドロ礼賛主義(?)" の向きがあったかのようだ。

 下記引用サイト記事:ビールの飲み方に注意 暑さに負けない水分補給法/日本経済新聞/2012.07.14 は、そうした、"水分補給" の "錯覚と誤解" に目を向けさせる。

 ■"錯覚と誤解 1" ...... "必要摂取量" への誤解
  <より汗をかく夏には1日1.5~2リットルを飲料から摂取>とあるが、概してそれほど必要だとは思っていないのではなかろうか。

 ■"錯覚と誤解 2" ...... "飲み方" への誤解
  <ちびりちびりと、こまめにたくさんの回数飲むことが有効です>とあるが、とかく "水分補給" の目的は喉の渇きをいやすことだと思い、「がぶ飲み」をする誤解。

 ■"錯覚と誤解 3" ...... "アルコール" への誤解 
 <100ミリリットル飲むごとに体内ではアルコールの分解などで120ミリリットルの水分を消費する。またアルコールには利尿作用もある。酒だけで水分を補給しようとすると、実は体内の水分は少なくなる
  この最後の点が最大の "錯覚と誤解" であろうと思われる。しかも、ビールは、"喉の渇き → ビール!" という固定習慣があるだけに、"水分補給" の "代用" と勝手に決めつけてしまいがちだ。
  酔い醒め時、やたらに喉が渇くといった感覚を、もっと科学的(?)に見つめた方が良さそうだ......。

 ビールの飲み方に注意 暑さに負けない水分補給法/日本経済新聞/2012.07.14

 暑さも本番、汗ばむ季節がやってきた。効果的に水分補給をして熱中症や脱水症状になるのを防ぎたい。酒は水分補給になるのか、外で運動する子どもの水分の取り方は、など場面に応じた注意点を専門家に聞いた。

 まずは基本情報から。水分は人体の約60%を占め血液やリンパ液の主成分として体内で栄養や酸素を運ぶ大切な役目を持つ。体内の水分が体重の2~3%分失われると脱水状態となって喉が渇いて体が注意警報を発し、5~6%を超すと深刻な状態になる。熱中症になったり、血液がドロドロになり脳梗塞や心筋梗塞を起こす可能性が高くなったりする。体重70キログラムの人なら4リットル程度の水分の喪失が命取りになることもある

夏は2リットル程度を

 平均的な日本人が1日に必要な水分量は2.5リットル。食事に含まれる水分などで約1.5リットル摂取できるため、飲料からは通常1日1リットル程度が必要。より汗をかく夏には1日1.5~2リットルを飲料から摂取したい。

 次に理想的な飲料の取り方だ。人間総合科学大学の藤田紘一郎教授は「ちびりちびりと、こまめにたくさんの回数飲むことが有効です」と話す。こまめに飲めば体内の水分量が安定し、代謝も活発になるという。

 30分から1時間ごとにコップ半分を飲み、起床時や毎食時、入浴や就寝の前に1杯を飲むと良いという。飲み物はミネラルウオーターやお茶、アイスコーヒー(無糖)などが良い。お茶やコーヒーにはカフェインが含まれるが「健康に害を及ぼす量ではない」(藤田教授)。ジュース類は糖分が多いため適さない。

 こうしたことを踏まえて、それぞれの場面に応じて適切に水分をとろう。


 まずは酒の席。ビールを飲むと一時的に喉の渇きは癒やされるが、100ミリリットル飲むごとに体内ではアルコールの分解などで120ミリリットルの水分を消費する。またアルコールには利尿作用もある。酒だけで水分を補給しようとすると、実は体内の水分は少なくなる

 ビールやサワーなどを飲んだ後は、最後に水を飲もう。ウイスキーや日本酒なども飲酒後に水を飲んでもよいし「チェイサー(口直し用の水)と一緒に飲むのもよい」(藤田教授)。

 屋外で活発に運動する子どもは汗を大量にかき、通常より水分が多く必要だ。炎天下では1時間の運動で1リットル以上の汗をかくといい、同量の水分を補給すべきだ。ここでの注意点はスポーツ飲料の飲み過ぎ。スポーツ飲料には1リットルあたり70グラムの糖分を含むものもあり「過剰摂取は小児糖尿病にかかる危険性もある」(藤田教授)という。

 このため「子どもには水で2、3倍に薄めたものを持たせたい」と、女子栄養大学短期大学部の佐藤智英准教授は指摘する。「がぶ飲み」も厳禁。小腸が一度に吸収できる水分の量には限界がある。大量だと、大半が吸収されずに排出され効率が悪い。下痢の原因にもなる。喉が渇いていても、ゆっくり少しずつ飲むのが効果的だ
......

 脱水状態になりかけた場合は特別な対応が必要。冷や汗が出だしたり、水を飲んでいないのに喉の渇きが止まったら危険信号だ。体液に近い割合で塩分の入っているスポーツ飲料や、医療用に塩分や糖分量を調整した経口補水液などをとるのが良い。体への吸収が早い。真水だと半分しか吸収されないこともあるため、少し塩を足して飲む。もちろん、状態が悪化する前に医療機関で治療を受けることも重要だ

軟水と硬水の飲み分けも

 ミネラルウオーターで水分を補給する場合、軟水と硬水を飲み分けることで健康に役立てることができる。違いは含まれるミネラルの量。定義はいくつかあるが、世界保健機関(WHO)の定義では、1リットルあたりのカルシウムやマグネシウムの量が120ミリグラム以上だと硬水、超さないと軟水とされる。

 「起床後と就寝前は軟水がおすすめ」と藤田教授。睡眠中は体内の水分量が減り血液がドロドロになり脳梗塞などのリスクが高まる。軟水は吸収が早いため、体内の水分量を高めるのに有効。口当たりが優しく飲みやすい点も、口の渇いた朝に適している。一方、日中飲むには硬水を藤田教授は推奨する。「硬水に多く含まれるマグネシウムが血液中のコレステロールや中性脂肪の量を抑え、脳梗塞や心筋梗塞の予防に役立つ」(藤田教授)。硬軟おり交ぜた「ミネラルウオーター二刀流」、試してみるのも良いのでは。

(武田健太郎)

( ※引用者注 ―― 文意を損なわないよう留意して割愛しています。)

 いまさら "水分補給" 法がどうのこうのと言うのも馬鹿げていそうではある。だが、とにかく世界的にも "1880年以降" で注目すべき「暑い年」の夏なのだ。高を括っていてはいけない ...... (2012.07.31)













【 SE Assessment 】 【 プロジェクトα 再挑戦者たち 】








トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: やはりこの暑さ"地球的規模"!(米海洋大気局) そこで、"水分補給"法も基本に忠実に!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://adhocrat.net/mt/mt-tb.cgi/2010

コメントする

2020年5月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            














関連サイトへのリンク


  • 電子書籍(eBooks)制作にフォーカスしたサイト
  • 明けない夜はないことを確信するサイト
  • Green(地球環境改善)にフォーカスしたサイト
  • ソフトウェア技術者やSEのための評価と育成、人事考課制度を考えるサイト
  • さまざまな業種・業態でご利用可能なモバイル活用の予約システム!
  • 創作小説『海念と保兵衛』のサイト
  • 創作小説『かもめたちの行方』のサイト
  • 当ブログ推奨の商品を展示したAmazon ストアー!
  • 当AdhocBlogブログの過去のエントリー
  • 株式会社アドホクラット当時のサイト

★売れ筋! No.1!
家庭用"放射線測定器"

日本通信 bモバイルWiFi ルータ+1 ヶ月定額SIM BM-U300W-1M
価格:¥ 20,208
国内配送料無料 Amazon





このブログ記事について

このページは、yasuo hiroseが2012年7月31日 00:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は、
 「絶対に"原発発電量"なんぞと比較してはいけません!"チャリンコ"発電機はエコが命!
です。

次のブログ記事は、
 「iPhone/iPadアプリ"頻出タイトル名"(試験に出るタイトル用語?)から何を読み取るか?
です。

最近のコンテンツは、
 インデックスページ
で見られます。

過去に書かれたものは、
 アーカイブのページ
で見られます。

年月別アーカイブ

最近のトラックバック