期限迫る"XP" 今も1300万台!仮に"XP"から"Windows7"へのOS移行作業では右往左往も!

| | コメント(0) | トラックバック(0)
      

 遅ればせながら、漸く、自分も久しく愛用してきた "WindowsXP" から "Windows7" への "OS移行作業" に本腰を入れ、ほぼ完了しつつある
 単に "OS移行作業" だけならば、別に何ということもないわけだ。が、問題は、使い慣れたアプリケーションとそのデータとを可能な限り "同行(?)" させたい、しかも安直なスタイルで、という "欲(?)" があっただけに長らく躊躇してきた。

 ところで、下記引用サイト記事期限迫るXP 今も1300万台/NHK NEWS WEB/2014.01.09 - 17:27 によれば、"WindowsXP" に "長逗留しているユーザー" の数は、いまだに膨大であるそうな。

 <3か月後にサポートが打ち切られるパソコンの基本ソフト「ウィンドウズXP」は、今も国内の1300万台余りで使用されている/ 昨年末の時点で国内の企業や自治体などのパソコンの20%に当たる723万台、個人の14%に当たる597万台の合わせて1300万台余りでXPが使用されている> とある。

 当然の注意事項として、<サポートの打ち切り後はウイルスに感染する危険性が大幅に高まる/ インターネットにつながなくても、USBメモリーなどを通してウイルスに感染する危険があり、....../ XPを使い続けることは、ドアが壊れても誰も直してくれない家に住むようなもので、常に外部からの侵入の危険にさらされる。新しい基本ソフトへの移行作業には時間がかかることも予想されるので、余裕をもって取りかかってほしい> ということになる。

 "セキュリティ問題の観点" は考慮せざるを得ないわけで、"WindowsXP" から "後継OS" に移行するのは当然として、ここでは、<新しい基本ソフトへの移行作業には時間がかかることも予想される> という "やや煩わしい側面" に目を向けてみることにする。

 自身の "OS移行作業" を踏まえて、"意外と盲点 ?!" となるかもしれない点について触れてみたい。

 <1> どの "後継OS" にしたいのか?

 これは "好み" の問題としておくが、自分の場合は、"Windows7" を選び、"Windows Vista"、"Windows8" を却下した。

 <2> OSインストールは、"上書きインストール" か? "新規インストール" か?

 この問題は、二つの点に関わっている。

 (1)"WindowsXP" 上で使用してきたアプリケーションをどうするのか? 「活かしたい」場合 → "上書きインストール" 、「再インストールしても構わない」場合 → "新規インストール"

  もちろん "上書きインストール" が問題なく実行できれば、ラク! であるに違いない
 ただし、注意すべき点は、"WindowsXP" → "Windows7" を "直通で上書きアップグレードするメディアは用意されていない!" という点だ。( 下解説図の "△" 印 参照!)

  "WindowsXP" にとっての "Windows7アップグレード版" の持つ意味は、"OSの上書きインストール" ではなくて、単に "WindowsXP" 起動画面から "Windows7" が新規インストールできるということにほかならない......。

 ならば、と、"アップグレード版" からDVD起動しても同じじゃないかと、インストールすると、後の「認証」のプロセスで "はじかれる!" こととなる......。

 (2)"後継OS" ソフトに関する "手持ち状況" ※ "何も持っていない" のであれば、これから "最適なモノ" を購入すればよし、そうでなければ "手持ち状況" を利用する策を考えることになる。必要なモノを逃したり、余計なモノを買ってしまわないように!

 ここで、次のような解説図が参考となるはずだ。


『Microsoft Windows 7 Home Premium アップグレード版 Service Pack 1 適用済み』/amazon co.jp

 <3>  "Windows Vista/7" での "ユーザー・プロファイル" は、"WindowsXP" とは "ファイル構成が異なる" 点に要注意!

 さて、いずれにしてもインストールした "Windows 7" が立ち上がってみると、気づかない人は気づかないかもしれないが、"ユーザー・プロファイル" などを抱えていたフォルダ "Documents and Settings" がなくなっている!

 いや、正確に言えば、"非表示" となり、その上 "アクセス" 不能の扱いに変わってしまった

 では "ユーザー・プロファイル" などが扱えなくなったのかと言えば、そうではなく、「 C:\Users\ユーザー 」下に、ファイル構成を変えて収納されている。

 この辺の変化を了解しておかないと、"WindowsXP" で使っていたアプリケーションを再現する際に戸惑うことになる......。

 期限迫るXP 今も1300万台/NHK NEWS WEB/2014.01.09 - 17:27

 3か月後にサポートが打ち切られるパソコンの基本ソフト「ウィンドウズXP」は、今も国内の1300万台余りで使用されていることが、民間会社の調査で分かりました。
 サポートの打ち切り後はウイルスに感染する危険性が大幅に高まるため、セキュリティーの専門家が早めの対策を呼びかけています。

 2001年に発売されたパソコンの基本ソフト、マイクロソフト社の「ウィンドウズXP」と、2003年に発売された文書作成や表計算のソフト「オフィス2003」は、3か月後の日本時間の4月9日、製品のサポートが打ち切られます
 その後は、セキュリティー上の欠陥が見つかっても修正するプログラムが提供されなくなるため、ウイルスに感染したり、不正アクセスを受けたりする危険性が大幅に高まります。
 しかし、まだ切り替えが済んでいない利用者も多く、マイクロソフト社が委託した民間会社の調査によりますと、昨年末の時点で国内の企業や自治体などのパソコンの20%に当たる723万台、個人の14%に当たる597万台の合わせて1300万台余りでXPが使用されているということです。
 サポートの打ち切り後は、インターネットにつながなくても、USBメモリーなどを通してウイルスに感染する危険<があり、セキュリティーの専門家は早めの対策を呼びかけています。
 情報処理推進機構の加賀谷伸一郎調査役は、「XPを使い続けることは、ドアが壊れても誰も直してくれない家に住むようなもので、常に外部からの侵入の危険にさらされる。新しい基本ソフトへの移行作業には時間がかかることも予想されるので、余裕をもって取りかかってほしい」と話しています。


 <新しい基本ソフトへの移行作業には時間がかかることも予想される> という推測は、一見 "慎重論" に過ぎると言う人がいるかもしれないが、楽観できる要素は少なく、トラブルを招きかねない条件が折り重なっているかに見える......。
 要は、もしイージーな対策であるのならば、なぜこの時機まで先送りにしてきたのか、ということになりそうである。
 事が企業なのであれば、"4月からの消費増税" というイベントも重なっているわけで、上記のような "PC環境整備" については一刻も早くクリアしておくべきだ...... (2014.01.13)













【 SE Assessment 】 【 プロジェクトα 再挑戦者たち 】








トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 期限迫る"XP" 今も1300万台!仮に"XP"から"Windows7"へのOS移行作業では右往左往も!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://adhocrat.net/mt/mt-tb.cgi/2542

コメントする

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  














関連サイトへのリンク


  • 電子書籍(eBooks)制作にフォーカスしたサイト
  • 明けない夜はないことを確信するサイト
  • Green(地球環境改善)にフォーカスしたサイト
  • ソフトウェア技術者やSEのための評価と育成、人事考課制度を考えるサイト
  • さまざまな業種・業態でご利用可能なモバイル活用の予約システム!
  • 創作小説『海念と保兵衛』のサイト
  • 創作小説『かもめたちの行方』のサイト
  • 当ブログ推奨の商品を展示したAmazon ストアー!
  • 当AdhocBlogブログの過去のエントリー
  • 株式会社アドホクラット当時のサイト

★売れ筋! No.1!
家庭用"放射線測定器"

日本通信 bモバイルWiFi ルータ+1 ヶ月定額SIM BM-U300W-1M
価格:¥ 20,208
国内配送料無料 Amazon





このブログ記事について

このページは、yasuo hiroseが2014年1月13日 00:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は、
 「千葉県東方沖で「スロースリップ」!5日間で最大約6センチと推定!地震活動の活発化?!
です。

次のブログ記事は、
 「CO2削減の切り札と目される"CCS"技術!政府、CO2の封じ込めに適した地層の調査開始!
です。

最近のコンテンツは、
 インデックスページ
で見られます。

過去に書かれたものは、
 アーカイブのページ
で見られます。

年月別アーカイブ

最近のトラックバック