新しい神経細胞の増加は、新しい記憶の形成に役立つと同時に古い記憶の忘却を進める!

| | コメント(0) | トラックバック(1)
      

 どうしてなのか? と疑問を抱いた人が少なくないと思われるが、どんなに "記憶力が良い人" でも、およそ "三歳以前" の幼児期の記憶までは保持していない( "幼児期健忘" )、というのが通説となっている

 ◆ 参照

   <幼児期健忘(ようじきけんぼう)は幼児期の記憶がなくなる症状のことである。  はっきりした原因はわかっていないが、幼児期の学習能力が未熟であり、記憶をうまく固着できないという説と、記憶を貯蔵した神経ネットワークが後に発達したものに上書きされて、当時の記憶を思い出せないという説がある。>( 幼児期健忘 - ウィキペディア

 (1) "学習能力未熟" 説、(2) "神経ネットワーク上書き" 説 の双方ともに説得力がありそうだ

  今回注目する下記引用サイト記事神経細胞増→古い記憶忘却...幼児期健忘解明か/読売新聞 yomiDr ヨミドクター/2014.05.10 は、先ずは、こうした "幼児期健忘" という問題の解明に、大きく役立ちそうな研究成果を報じている
 <記憶に重要な役割を果たす脳の海馬のうち、情報の入り口にあたる部位で、新しい神経細胞が増えれば古い記憶の忘却が進むことを確認したと、藤田保健衛生大学(愛知県豊明市)の宮川剛教授(神経科学)らとカナダ・トロント大学の共同研究グループが発表/  実験でマウスに電気ショックを与えた後、薬物投与や運動で新しい神経細胞ができるようにしたところ、電気ショックを思い出して身動きをしなくなる「すくみ反応」が短くなった。海馬の情報の入り口にあたる部位で若い頃に盛んに生まれる神経細胞は、新しい記憶の形成に重要とされる一方、古い記憶を忘れることも促進していることがわかった/  乳幼児の頃の出来事をほとんど覚えていない「幼児期健忘」のメカニズムの解明が進むとともに、心的外傷後ストレス障害(PTSD)で、障害の元となった体験の記憶を薄れさせて治療につなげることなども期待できる/  生理学研究所の鍋倉淳一副所長(神経生理学)は「幼児期健忘を全く新しい視点で説明した興味深い研究だ」と話している> とある。

 神経細胞増古い記憶忘却 ... 幼児期健忘解明/読売新聞 yomiDr ヨミドクター/2014.05.10

 記憶に重要な役割を果たす脳の海馬のうち、情報の入り口にあたる部位で、新しい神経細胞が増えれば古い記憶の忘却が進むことを確認したと、藤田保健衛生大学(愛知県豊明市)の宮川剛教授(神経科学)らとカナダ・トロント大学の共同研究グループが発表した。

 研究成果は9日に米科学誌「サイエンス」(電子版)に掲載された。

 発表によると、実験でマウスに電気ショックを与えた後、薬物投与や運動で新しい神経細胞ができるようにしたところ、電気ショックを思い出して身動きをしなくなる「すくみ反応」が短くなった。海馬の情報の入り口にあたる部位で若い頃に盛んに生まれる神経細胞は、新しい記憶の形成に重要とされる一方、古い記憶を忘れることも促進していることがわかった

 宮川教授は、乳幼児の頃の出来事をほとんど覚えていない「幼児期健忘」のメカニズムの解明が進むとともに、心的外傷後ストレス障害(PTSD)で、障害の元となった体験の記憶を薄れさせて治療につなげることなども期待できるとしている。

 生理学研究所の鍋倉淳一副所長(神経生理学)は「幼児期健忘を全く新しい視点で説明した興味深い研究だ」と話している


 <乳幼児の頃の出来事をほとんど覚えていない「幼児期健忘」のメカニズムの解明が進むとともに、心的外傷後ストレス障害(PTSD)で、障害の元となった体験の記憶を薄れさせて治療につなげることなども期待できる> とあるが、前者もさることながら、後者への期待も小さくないはずであろう。

 ちなみに、過半数がPTSDの可能性 避難中の福島県民/【共同通信】/2014.05.09 - 19:36 という痛ましい現状が今なおあるからだ...... (2014.05.12)













【 SE Assessment 】 【 プロジェクトα 再挑戦者たち 】








トラックバック(1)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 新しい神経細胞の増加は、新しい記憶の形成に役立つと同時に古い記憶の忘却を進める!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://adhocrat.net/mt/mt-tb.cgi/2666

豊明市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちし... 続きを読む

コメントする

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  














関連サイトへのリンク


  • 電子書籍(eBooks)制作にフォーカスしたサイト
  • 明けない夜はないことを確信するサイト
  • Green(地球環境改善)にフォーカスしたサイト
  • ソフトウェア技術者やSEのための評価と育成、人事考課制度を考えるサイト
  • さまざまな業種・業態でご利用可能なモバイル活用の予約システム!
  • 創作小説『海念と保兵衛』のサイト
  • 創作小説『かもめたちの行方』のサイト
  • 当ブログ推奨の商品を展示したAmazon ストアー!
  • 当AdhocBlogブログの過去のエントリー
  • 株式会社アドホクラット当時のサイト

★売れ筋! No.1!
家庭用"放射線測定器"

日本通信 bモバイルWiFi ルータ+1 ヶ月定額SIM BM-U300W-1M
価格:¥ 20,208
国内配送料無料 Amazon





このブログ記事について

このページは、yasuo hiroseが2014年5月12日 00:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は、
 「必見TV番組!"認知症800万人"時代 行方不明者1万人 ~知られざる徘徊の実態~(NHK)!
です。

次のブログ記事は、
 「"認知症/徘徊/行方不明"問題は、現代社会が生み出している"エア・ポケット"の一つ!?
です。

最近のコンテンツは、
 インデックスページ
で見られます。

過去に書かれたものは、
 アーカイブのページ
で見られます。

年月別アーカイブ