糖尿病の"新薬"「SGLT2阻害薬」に重篤な副作用!専門家"適正使用を求める文書"対応!

| | コメント(0) | トラックバック(0)
      

 一般の患者にとって、医者が処方する "" に対してはそれらを服用前に吟味したり、評価したりする立場にはなさそうである。
 "既存薬" であれば、その "" に関する情報を検索して確認することも可能といえば可能だが、問題は、雨後のタケノコのように承認されている "新薬" については、結局、自らを "実験台(?)" とするしかないのであろうか
......。

 国の監督官庁による "承認" であるからといって、100%の安全性が保証されているわけではないことは、昨今のニュース 子宮頸がん、ワクチン副作用176件/読売新聞/2014.07.05 からも窺えるところだ。 ( 肺がん用「分子標的薬(抗がん剤)/イレッサ」の重篤副作用の例もある )

 加えて、昨今の動向には、<厚生労働省は、世界初となる医薬品や医療機器を早期に承認するための新制度を、今年度内に創設する方針を決めた> ( 先進医薬品を早期承認...厚労省方針/読売新聞/2014.06.17 ) という推移もあり、これが逆に不安を誘ってもいる。
 患者側にとっての "薬" の "安全性" を巡っての現状は、患者側が、"おちおちとしてはいられなくなった" 気配が重苦しく漂ってはいまいか
......。


 今回注目する下記引用サイト記事SGLT2阻害薬...重篤な副作用に注意勧告/yomiDr. ヨミドクター/2014.06.26 は、<何百万人もの患者がいる糖尿病> 向けの "新薬" において、 "予想された副作用" に加えて "重篤な副作用" が発症しているとして、"注意喚起!" がなされている事態について報じている

 <糖尿病の新薬「SGLT2阻害薬重篤な副作用が相次いでいるとして、専門家で作る委員会が6月16日、適正使用を求める文書(Recommendation)を出しました/  SGLT2阻害薬は、糖の再吸収を防いで尿中に排出させることで血糖値を下げるという新しい機序の薬で、4月にまず1社から発売されたのを手始めに6社から発売が予定されています。低血糖を起こしにくく、体重の増加を招かないなどの利点があるとする一方、特に高齢者などで脱水の危険性などが指摘されていました/  適正使用を求める文書は、「発売開始から1か月の副作用報告を受け、因果関係など情報に不十分な点はあるものの、重篤な副作用の懸念のうち、残念ながらいくつかが現実化した」「予想された副作用である尿路・性器感染症に加え、重症低血糖、ケトアシドーシス、脳梗塞、全身性皮疹(ひしん)などの重篤な副作用が発症している」として、使用にあたっては慎重な注意を呼びかけています/  新薬には常に、未知の副作用のおそれがあります。SGLT2阻害薬は特に、発売前から懸念が示されていました。今回の文書は公的な強制力のあるものではありませんが、専門家によって素早い対応がとられたことは評価できます/  糖尿病は2009年末からインクレンチン関連薬(GLP1受容体作動薬、DPP4阻害薬)が7製品発売され、新薬ラッシュが起きています。なかでも飲み薬のDPP4阻害薬は、この2、3年の間に急速に普及し、最もよく使われる薬のひとつになっています/  取材した糖尿病の専門医は「専門医はまず従来薬を選択し、DPP4阻害薬をすぐに使うことはしない」と話します。新薬の急速な拡大の背景には、非専門医による使用があるとみられます/  そこへもってきての、"さらなる新薬"SGLT2阻害薬の登場です。何百万人もの患者がいる糖尿病では、すべてを専門医がみるわけにはいきません。適正使用の呼びかけがいち早く伝わることを願います。(田村良彦)> とある。

 SGLT2阻害薬...重篤な副作用に注意勧告/yomiDr. ヨミドクター/2014.06.26

 糖尿病の新薬「SGLT2阻害薬重篤な副作用が相次いでいるとして、専門家で作る委員会が6月16日、適正使用を求める文書(Recommendation)を出しました

 SGLT2阻害薬は、糖の再吸収を防いで尿中に排出させることで血糖値を下げるという新しい機序の薬で、4月にまず1社から発売されたのを手始めに6社から発売が予定されています。低血糖を起こしにくく、体重の増加を招かないなどの利点があるとする一方、特に高齢者などで脱水の危険性などが指摘されていました

 適正使用を求める文書は、「発売開始から1か月の副作用報告を受け、因果関係など情報に不十分な点はあるものの、重篤な副作用の懸念のうち、残念ながらいくつかが現実化した」「予想された副作用である尿路・性器感染症に加え、重症低血糖、ケトアシドーシス、脳梗塞、全身性皮疹(ひしん)などの重篤な副作用が発症している」として、使用にあたっては慎重な注意を呼びかけています

 新薬には常に、未知の副作用のおそれがあります。SGLT2阻害薬は特に、発売前から懸念が示されていました。今回の文書は公的な強制力のあるものではありませんが、専門家によって素早い対応がとられたことは評価できます

 糖尿病は2009年末からインクレンチン関連薬(GLP1受容体作動薬、DPP4阻害薬)が7製品発売され、新薬ラッシュが起きています。なかでも飲み薬のDPP4阻害薬は、この2、3年の間に急速に普及し、最もよく使われる薬のひとつになっています

 取材した糖尿病の専門医は「専門医はまず従来薬を選択し、DPP4阻害薬をすぐに使うことはしない」と話します。新薬の急速な拡大の背景には、非専門医による使用があるとみられます

 そこへもってきての、"さらなる新薬"SGLT2阻害薬の登場です。何百万人もの患者がいる糖尿病では、すべてを専門医がみるわけにはいきません。適正使用の呼びかけがいち早く伝わることを願います。(田村良彦)


 今回の上記記事は、<糖尿病の新薬「SGLT2阻害薬重篤な副作用> について報じているのだが、決して "特殊な事例" として片付けられないところが、恐い点! ではなかろうか...... (2014.07.09)













【 SE Assessment 】 【 プロジェクトα 再挑戦者たち 】








トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 糖尿病の"新薬"「SGLT2阻害薬」に重篤な副作用!専門家"適正使用を求める文書"対応!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://adhocrat.net/mt/mt-tb.cgi/2724

コメントする

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  














関連サイトへのリンク


  • 電子書籍(eBooks)制作にフォーカスしたサイト
  • 明けない夜はないことを確信するサイト
  • Green(地球環境改善)にフォーカスしたサイト
  • ソフトウェア技術者やSEのための評価と育成、人事考課制度を考えるサイト
  • さまざまな業種・業態でご利用可能なモバイル活用の予約システム!
  • 創作小説『海念と保兵衛』のサイト
  • 創作小説『かもめたちの行方』のサイト
  • 当ブログ推奨の商品を展示したAmazon ストアー!
  • 当AdhocBlogブログの過去のエントリー
  • 株式会社アドホクラット当時のサイト

★売れ筋! No.1!
家庭用"放射線測定器"

日本通信 bモバイルWiFi ルータ+1 ヶ月定額SIM BM-U300W-1M
価格:¥ 20,208
国内配送料無料 Amazon





このブログ記事について

このページは、yasuo hiroseが2014年7月 9日 00:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は、
 「片足にまひが残った人のリハビリを助ける"歩行支援機"(名工大)!電源不要で安く軽く!
です。

次のブログ記事は、
 「血液中タンパク質の組合せ特定で、"アルツハイマー"発症予見の検査法開発(英チーム)!
です。

最近のコンテンツは、
 インデックスページ
で見られます。

過去に書かれたものは、
 アーカイブのページ
で見られます。

年月別アーカイブ

最近のトラックバック