"iPS細胞"作製時における"組み込み遺伝子"の作用解明!"iPS細胞を作る新方法"の開発?!

| | コメント(0) | トラックバック(0)
      

 iPS細胞は、"ヒトの皮膚などの細胞" に、"4つの遺伝子(Oct3/4, Sox2, Klf4, c-Myc)" を組み込みつつ培養し、その細胞を、"受精卵のような状態" に戻す(= "初期化" )ことによって作られる、という。

 ただし、"組み込まれた遺伝子" がどのように作用するのかは分かっていなかった


 今回注目する下記引用サイト記事iPS細胞作製時の遺伝子の作用を解明/NHK NEWS WEB/2014.08.05 - 04:56 は、この点を解明したことで、iPS細胞を作る新たな方法の開発につながるのではないかと伝えている

 <さまざまな種類の細胞に変化できるiPS細胞は、ヒトの細胞に遺伝子を組み込むことによって作られますが、この際、遺伝子が、細胞のどの部分に作用しているかを京都大学iPS細胞研究所のグループが突き止めました/  iPS細胞を作る新たな方法の開発につながる可能性があると期待されています/  研究を行ったのは、京都大学iPS細胞研究所の高橋和利講師のグループです/  さまざまな種類の細胞に変化できるiPS細胞は、体の細胞に遺伝子を組み込むことで作られますが、遺伝子がどのように作用するかは分かっていませんでした。  そこで研究グループは、組み込んだ遺伝子が、細胞の「ゲノム」と呼ばれる遺伝情報のうちどの部分に作用しているか、分析しました。その結果、遺伝子「HERV-H」という特定の配列に結合し、この部分の働きが一時的に活発になることが分かりました。  遺伝情報のこの部分は、ヒトの進化の過程でウイルスに感染したことで作られ、これまで、特に働きを持たないとみられていたということです/  iPS細胞の作製に成功し、ノーベル賞を受賞した山中伸弥教授は「役に立たないとされていた部分に重要な働きがあったことは驚きだ。詳しい仕組みを解明することで、iPS細胞を作る新たな方法の開発につながる可能性がある」と話しています> とある。

 iPS細胞作製時の遺伝子の作用を解明/NHK NEWS WEB/2014.08.05 - 04:56

 さまざまな種類の細胞に変化できるiPS細胞は、ヒトの細胞に遺伝子を組み込むことによって作られますが、この際、遺伝子が、細胞のどの部分に作用しているかを京都大学iPS細胞研究所のグループが突き止めました。

 iPS細胞を作る新たな方法の開発につながる可能性があると期待されています

 研究を行ったのは、京都大学iPS細胞研究所の高橋和利講師のグループです。

 さまざまな種類の細胞に変化できるiPS細胞は、体の細胞に遺伝子を組み込むことで作られますが、遺伝子がどのように作用するかは分かっていませんでした。
 そこで研究グループは、組み込んだ遺伝子が、細胞の「ゲノム」と呼ばれる遺伝情報のうちどの部分に作用しているか、分析しました。その結果、遺伝子「HERV-H」という特定の配列に結合し、この部分の働きが一時的に活発になることが分かりました
 遺伝情報のこの部分は、ヒトの進化の過程でウイルスに感染したことで作られ、これまで、特に働きを持たないとみられていたということです

 iPS細胞の作製に成功し、ノーベル賞を受賞した山中伸弥教授は「役に立たないとされていた部分に重要な働きがあったことは驚きだ。詳しい仕組みを解明することで、iPS細胞を作る新たな方法の開発につながる可能性がある」と話しています


 iPS細胞を作る新たな方法の開発> が叶うならば、"iPS細胞" 応用の研究が必要とする "iPS細胞" 自体の供給の幅が広がることになろう。
 そうしたメリットもさることながら、"ヒトの細胞の初期化" という神秘のベールに包まれたメカニズムも、やがて開示されることにつながろうから、興味が尽きない
...... (2014.08.06)













【 SE Assessment 】 【 プロジェクトα 再挑戦者たち 】








トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: "iPS細胞"作製時における"組み込み遺伝子"の作用解明!"iPS細胞を作る新方法"の開発?!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://adhocrat.net/mt/mt-tb.cgi/2752

コメントする

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  














関連サイトへのリンク


  • 電子書籍(eBooks)制作にフォーカスしたサイト
  • 明けない夜はないことを確信するサイト
  • Green(地球環境改善)にフォーカスしたサイト
  • ソフトウェア技術者やSEのための評価と育成、人事考課制度を考えるサイト
  • さまざまな業種・業態でご利用可能なモバイル活用の予約システム!
  • 創作小説『海念と保兵衛』のサイト
  • 創作小説『かもめたちの行方』のサイト
  • 当ブログ推奨の商品を展示したAmazon ストアー!
  • 当AdhocBlogブログの過去のエントリー
  • 株式会社アドホクラット当時のサイト

★売れ筋! No.1!
家庭用"放射線測定器"

日本通信 bモバイルWiFi ルータ+1 ヶ月定額SIM BM-U300W-1M
価格:¥ 20,208
国内配送料無料 Amazon





このブログ記事について

このページは、yasuo hiroseが2014年8月 6日 00:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は、
 「正常上皮細胞が,がん細胞を組織から追い出す分子メカニズムを世界で初の解明(北大)!
です。

次のブログ記事は、
 「"iPS細胞"作製時において、遺伝子"LTR7"の活性化が妨げとなり、"質の悪い"iPS細胞が!
です。

最近のコンテンツは、
 インデックスページ
で見られます。

過去に書かれたものは、
 アーカイブのページ
で見られます。

年月別アーカイブ

最近のトラックバック