名大:記憶形成/維持に関与する物質(海馬内のタンパク質)特定!"認知症"診断に活用も!

| | コメント(0) | トラックバック(0)
      

 "記憶" のメカニズム解明に関する研究は、"認知症" の治療と予防という喫緊の課題からの要請もあいまって、いろいろな角度からアプローチされている。

 ◆ 参照 当誌過去の "記憶,認知症" 関連記事

 (1) "認知症"が、"既存薬(シロスタゾール/インスリン)"でくい止められた!(NHKスペシャル)/当誌 2014.07.22
 (2) アルツハイマー病治療にもヒント?!インスリン受容体がシナプスまで運ばれて学習成立?!/当誌 2014.07.21
 (3) "カフェインは学習後に記憶力向上!"(米研究) 脳内海馬の"パターン分離"過程に関係?!/当誌 2014.03.27


 今回注目する下記引用サイト記事記憶形成・維持の物質特定 名古屋大「認知症診断に活用も」/日本経済新聞/2014.11.09 - 00:25 は、<脳の海馬にある「ガーディン」と呼ばれるタンパク質がリンと結合することで、記憶が形成、維持されていること> を確認したとの研究成果を報じている。
 ここでもまた、<認知症の新薬開発や新たな診断方法に活用できる可能性> が期待されている、とのことだ。


 <名古屋大大学院の山田清文教授(医療薬学)らの研究グループは8日までに、マウスを使った実験で、脳の海馬にある「ガーディン」と呼ばれるタンパク質がリンと結合することで、記憶が形成、維持されていることを確認し、米科学誌の電子版に発表した。「認知症の新薬開発や新たな診断方法に活用できる可能性がある」と話している。/  研究グループによると、海馬の細胞中にはガーディンのほか、BDNFやNMDA受容体などのタンパク質が存在。そのタンパク質の間を電気信号が伝わることで記憶が形成、維持されている。  グループはさまざまなタンパク質の中でも、細胞中のリンと結合し、活性化したガーディンが電気信号を仲介していると推測。通常のマウスと、遺伝子操作でリンと結合するガーディンを持たないマウスとを比較する実験を行った。  それぞれのマウスを床に電気が流れるケースに入れ、刺激を与えた上で、24時間後に同じケースに入れると、電気を流していなくても、通常のマウスはおびえた様子で動かなかったが、変異させたマウスは床の上を動き回り、電気刺激の記憶が低下しているように見られたという。〔共同〕> とある。

 記憶形成・維持の物質特定 名古屋大「認知症診断に活用も」/日本経済新聞/2014.11.09 - 00:25

 名古屋大大学院の山田清文教授(医療薬学)らの研究グループは8日までに、マウスを使った実験で、脳の海馬にある「ガーディン」と呼ばれるタンパク質がリンと結合することで、記憶が形成、維持されていることを確認し、米科学誌の電子版に発表した。「認知症の新薬開発や新たな診断方法に活用できる可能性がある」と話している。

 研究グループによると、海馬の細胞中にはガーディンのほか、BDNFやNMDA受容体などのタンパク質が存在。そのタンパク質の間を電気信号が伝わることで記憶が形成、維持されている。

 グループはさまざまなタンパク質の中でも、細胞中のリンと結合し、活性化したガーディンが電気信号を仲介していると推測。通常のマウスと、遺伝子操作でリンと結合するガーディンを持たないマウスとを比較する実験を行った。

 それぞれのマウスを床に電気が流れるケースに入れ、刺激を与えた上で、24時間後に同じケースに入れると、電気を流していなくても、通常のマウスはおびえた様子で動かなかったが、変異させたマウスは床の上を動き回り、電気刺激の記憶が低下しているように見られたという。〔共同〕


 今回、"記憶の形成、維持" に深く関係していると特定された "「ガーディン」と呼ばれるタンパク質" とその周辺の物質に関する研究が進む中で、"認知症" の治療と予防に向けた新薬開発が進むことを期待したい...... (2014.11.11)













【 SE Assessment 】 【 プロジェクトα 再挑戦者たち 】








トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 名大:記憶形成/維持に関与する物質(海馬内のタンパク質)特定!"認知症"診断に活用も!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://adhocrat.net/mt/mt-tb.cgi/2849

コメントする

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  














関連サイトへのリンク


  • 電子書籍(eBooks)制作にフォーカスしたサイト
  • 明けない夜はないことを確信するサイト
  • Green(地球環境改善)にフォーカスしたサイト
  • ソフトウェア技術者やSEのための評価と育成、人事考課制度を考えるサイト
  • さまざまな業種・業態でご利用可能なモバイル活用の予約システム!
  • 創作小説『海念と保兵衛』のサイト
  • 創作小説『かもめたちの行方』のサイト
  • 当ブログ推奨の商品を展示したAmazon ストアー!
  • 当AdhocBlogブログの過去のエントリー
  • 株式会社アドホクラット当時のサイト

★売れ筋! No.1!
家庭用"放射線測定器"

日本通信 bモバイルWiFi ルータ+1 ヶ月定額SIM BM-U300W-1M
価格:¥ 20,208
国内配送料無料 Amazon





このブログ記事について

このページは、yasuo hiroseが2014年11月11日 00:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は、
 「エボラ熱死者4960人 WHO、深刻な状況続く!前回下方修正されたが再び上昇に転じる!
です。

次のブログ記事は、
 「アルツハイマー病の原因物質の蓄積が判定できる新技術!血液が数滴あればできる検査!
です。

最近のコンテンツは、
 インデックスページ
で見られます。

過去に書かれたものは、
 アーカイブのページ
で見られます。

年月別アーカイブ

最近のトラックバック