がんの進展に重要ながん関連"線維芽細胞"の機能制御のメカニズムを解明!(名古屋大学)

| | コメント(0) | トラックバック(0)
      

 がんの進展にはがん細胞自身の性質や特性だけでなく、これをとりまくがん微小環境の影響が重要であることが最近注目されています> とされ、"がんをとりまく微小環境" の研究が旺盛に進められているようだ。

 今回注目する下記引用サイト記事がん進展促す線維芽細胞の仕組み解明/Science Portal/2015.03.05 は、<がんの進展には、がん細胞だけでなく、周りの線維芽細胞の活性化が大きな役割を果たしており、その一因となる線維芽細胞の中の重要な細胞内シグナル伝達系のひとつを突き止めた。がんの治療法開発の新しい標的になる> と報じている。

 <がんの進展に関与しているとされる線維芽細胞の中の重要な細胞内シグナル伝達系のひとつを、名古屋大学大学院医学系研究科の高橋雅英(たかはし まさひで)教授、浅井直也(あさい なおや)准教授、榎本篤(えのもと あつし)准教授らが解明した。がんの進展には、がん細胞だけでなく、周りの線維芽細胞の活性化が大きな役割を果たしている。その一因となるシグナル伝達を突き止めたもので、がんの治療法開発の新しい標的になるという。名古屋大学循環器内科の室原豊明(むろはら とよあき)教授、山村由美子(やまむら ゆみこ)客員研究員らとの共同研究で、3月2日付の米科学誌キャンサーリサーチに発表した。  がんの増殖、浸潤、転移などの進展では、さまざまな増殖因子やサイトカインを分泌する周辺の微小環境の影響に、関心が最近高まっている。研究グループは、多様ながん細胞で発現しているタンパク質の Akt がリン酸化するガーディンに着目して、ヒトの乳がん組織とその周辺を調べた。 Akt によるガーディンのリン酸化に伴うシグナル伝達が、乳がん細胞以外に、周りのがん関連線維芽細胞などにも発現して、活性化していることを確かめた。  次に、マウスの皮下にがん細胞を移植して影響を調べた。ガーディン Akt で活性化(リン酸化)しない変異型マウスでは、野生型マウスにがん細胞を移植した場合に比べて、がんの増大が抑えられ、がん関連線維芽細胞の数も少ないことがわかった。また、 Akt によるガーディンの活性化を障害させたマウスから得られた線維芽細胞とがん細胞を共にマウスに移植した実験でも、がん増大が抑制された。一連の実験から、がん関連線維芽細胞内の Akt ガーディンのシグナル伝達が盛んになって、がん進展を促すことがうかがえた。  高橋雅英教授は「がん組織では、 Akt によるガーディンンのリン酸化が報告されていたが、がん関連線維芽細胞で、このシグナルの関与がわかったのは初めて。がん細胞自身と線維芽細胞に同じように効く治療薬ができれば、効果がより高いだろう。がん細胞だけでなく、周辺の微小環境を対象にした治療の戦略を示す発見として意義がある」と話している。> とある。

 がん進展促す線維芽細胞の仕組み解明/Science Portal/2015.03.05

 がんの進展に関与しているとされる線維芽細胞の中の重要な細胞内シグナル伝達系のひとつを、名古屋大学大学院医学系研究科の高橋雅英(たかはし まさひで)教授、浅井直也(あさい なおや)准教授、榎本篤(えのもと あつし)准教授らが解明した。がんの進展には、がん細胞だけでなく、周りの線維芽細胞の活性化が大きな役割を果たしている。その一因となるシグナル伝達を突き止めたもので、がんの治療法開発の新しい標的になるという。名古屋大学循環器内科の室原豊明(むろはら とよあき)教授、山村由美子(やまむら ゆみこ)客員研究員らとの共同研究で、3月2日付の米科学誌キャンサーリサーチに発表した。

 がんの増殖、浸潤、転移などの進展では、さまざまな増殖因子やサイトカインを分泌する周辺の微小環境の影響に、関心が最近高まっている。研究グループは、多様ながん細胞で発現しているタンパク質の Akt がリン酸化するガーディンに着目して、ヒトの乳がん組織とその周辺を調べた。 Akt によるガーディンのリン酸化に伴うシグナル伝達が、乳がん細胞以外に、周りのがん関連線維芽細胞などにも発現して、活性化していることを確かめた。

 次に、マウスの皮下にがん細胞を移植して影響を調べた。ガーディン Akt で活性化(リン酸化)しない変異型マウスでは、野生型マウスにがん細胞を移植した場合に比べて、がんの増大が抑えられ、がん関連線維芽細胞の数も少ないことがわかった。また、 Akt によるガーディンの活性化を障害させたマウスから得られた線維芽細胞とがん細胞を共にマウスに移植した実験でも、がん増大が抑制された。一連の実験から、がん関連線維芽細胞内の Akt ガーディンのシグナル伝達が盛んになって、がん進展を促すことがうかがえた

 高橋雅英教授は「がん組織では、 Akt によるガーディンンのリン酸化が報告されていたが、がん関連線維芽細胞で、このシグナルの関与がわかったのは初めて。がん細胞自身と線維芽細胞に同じように効く治療薬ができれば、効果がより高いだろう。がん細胞だけでなく、周辺の微小環境を対象にした治療の戦略を示す発見として意義がある」と話している。


 ● 名古屋大学 プレスリリース


 上記の研究成果は、<がん細胞だけでなく、周辺の微小環境を対象にした治療の戦略を示す発見として意義がある> とされるが、<がん細胞自身と線維芽細胞に同じように効く治療薬> の開発が期待されている...... (2015.03.11)













【 SE Assessment 】 【 プロジェクトα 再挑戦者たち 】








トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: がんの進展に重要ながん関連"線維芽細胞"の機能制御のメカニズムを解明!(名古屋大学)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://adhocrat.net/mt/mt-tb.cgi/2963

コメントする

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  














関連サイトへのリンク


  • 電子書籍(eBooks)制作にフォーカスしたサイト
  • 明けない夜はないことを確信するサイト
  • Green(地球環境改善)にフォーカスしたサイト
  • ソフトウェア技術者やSEのための評価と育成、人事考課制度を考えるサイト
  • さまざまな業種・業態でご利用可能なモバイル活用の予約システム!
  • 創作小説『海念と保兵衛』のサイト
  • 創作小説『かもめたちの行方』のサイト
  • 当ブログ推奨の商品を展示したAmazon ストアー!
  • 当AdhocBlogブログの過去のエントリー
  • 株式会社アドホクラット当時のサイト

★売れ筋! No.1!
家庭用"放射線測定器"

日本通信 bモバイルWiFi ルータ+1 ヶ月定額SIM BM-U300W-1M
価格:¥ 20,208
国内配送料無料 Amazon





このブログ記事について

このページは、yasuo hiroseが2015年3月11日 00:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は、
 「がん治療の女性!闘病を支えたのは手元の"冷凍保存卵子の写真"!そして無事男児出産!
です。

次のブログ記事は、
 「患者から採取したがん細胞の"遺伝情報"で各々の患者に合った"個別化医療"!(がん研セ)
です。

最近のコンテンツは、
 インデックスページ
で見られます。

過去に書かれたものは、
 アーカイブのページ
で見られます。

年月別アーカイブ

最近のトラックバック