「ばんそうこう型」人工皮膚開発!回復促すコラーゲンを供給!(佐賀大/祐徳薬品など)

| | コメント(0) | トラックバック(0)
      

 "大やけど" などの皮膚損傷の治療では、<正常な部分の皮膚を採取して培養し、移植する方法が一般的しかし、培養には10~20日間かかり、その間は感染症を防ぐためにガーゼを当てるが、交換の際に激痛が伴うなど、患者の負担も少なくなかった> という "難しい課題" が潜んでいた。

 今回注目する下記引用サイト記事「ばんそうこう型」皮膚開発 佐賀大、祐徳薬品など/佐賀新聞/2015.06.14 - 09:44 は、そうした "難しい課題" を解決すべく、<佐賀大学などの研究チームが、ばんそうこう型の人工皮膚を共同開発した。重度のやけどなどの応急処置として簡単に貼ることができ、皮膚の損傷による激しい脱水症状や感染症の危険を抑えながら、傷痕が目立たないように治せるという。 負傷した日から回復を促すコラーゲンを供給でき、培養皮膚移植の際にも、傷口に張り付くガーゼと違って、はがす痛みが少ない。マウス実験では、自然治癒よりも傷口の治りが早く、傷が隆起してできるケロイドも少ない結果も出ている。 長期保存が可能なため、重度のやけどなどの応急処置が、救急拠点などで可能になる。> と報じている。

 <やけど治療痛み、痕軽減  佐賀大学などの研究チームが、ばんそうこう型の人工皮膚を共同開発した。重度のやけどなどの応急処置として簡単に貼ることができ、皮膚の損傷による激しい脱水症状や感染症の危険を抑えながら、傷痕が目立たないように治せるという。共同開発に携わった祐徳薬品工業(鹿島市)が2022年をめどに医療用として実用化を目指しており、"佐賀発"の再生医療技術に期待がかかる。  人工皮膚の素材は、国立研究開発法人・農業生物資源研究所(茨城県)が開発した高密度コラーゲン繊維「アテロコラーゲンビトリゲル膜」ブタ由来の成分だが、生成の段階で拒否反応を引き起こす原因物質を除去している。  佐賀大医学部病因病態科学講座の青木茂久准教授が、損傷した皮膚に外部の刺激や有害物質を防御する「バリアー機能」を回復するコラーゲンを供給する素材として着目。祐徳薬品工業が販売する医療用粘着テープとの3層構造にすることで、ばんそうこうのように簡単に貼れるようにした。  やけどなどによる広範囲な皮膚損傷の治療は、正常な部分の皮膚を採取して培養し、移植する方法が一般的しかし、培養には10~20日間かかり、その間は感染症を防ぐためにガーゼを当てるが、交換の際に激痛が伴うなど、患者の負担も少なくなかった。  ばんそうこう型の人工皮膚は、負傷した日から回復を促すコラーゲンを供給でき、培養皮膚移植の際にも、傷口に張り付くガーゼと違って、はがす痛みが少ない。マウス実験では、自然治癒よりも傷口の治りが早く、傷が隆起してできるケロイドも少ない結果も出ている。  長期保存が可能なため、実用化されれば、高度な医療機関に限られていた重度のやけどなどの応急処置が、救急拠点などで可能になる。青木准教授は「本格的な皮膚移植の"つなぎ"として有効で、傷口がきれいに治るなど可能性が広がる」と話す。> とある。

 「ばんそうこう型」皮膚開発 佐賀大、祐徳薬品など/佐賀新聞/2015.06.14 - 09:44

やけど治療痛み、痕軽減

 佐賀大学などの研究チームが、ばんそうこう型の人工皮膚を共同開発した。重度のやけどなどの応急処置として簡単に貼ることができ、皮膚の損傷による激しい脱水症状や感染症の危険を抑えながら、傷痕が目立たないように治せるという。共同開発に携わった祐徳薬品工業(鹿島市)が2022年をめどに医療用として実用化を目指しており、"佐賀発"の再生医療技術に期待がかかる。

 人工皮膚の素材は、国立研究開発法人・農業生物資源研究所(茨城県)が開発した高密度コラーゲン繊維「アテロコラーゲンビトリゲル膜」ブタ由来の成分だが、生成の段階で拒否反応を引き起こす原因物質を除去している。

 佐賀大医学部病因病態科学講座の青木茂久准教授が、損傷した皮膚に外部の刺激や有害物質を防御する「バリアー機能」を回復するコラーゲンを供給する素材として着目。祐徳薬品工業が販売する医療用粘着テープとの3層構造にすることで、ばんそうこうのように簡単に貼れるようにした。

 やけどなどによる広範囲な皮膚損傷の治療は、正常な部分の皮膚を採取して培養し、移植する方法が一般的しかし、培養には10~20日間かかり、その間は感染症を防ぐためにガーゼを当てるが、交換の際に激痛が伴うなど、患者の負担も少なくなかった

 ばんそうこう型の人工皮膚は、負傷した日から回復を促すコラーゲンを供給でき、培養皮膚移植の際にも、傷口に張り付くガーゼと違って、はがす痛みが少ない。マウス実験では、自然治癒よりも傷口の治りが早く、傷が隆起してできるケロイドも少ない結果も出ている

 長期保存が可能なため、実用化されれば、高度な医療機関に限られていた重度のやけどなどの応急処置が、救急拠点などで可能になる。青木准教授は「本格的な皮膚移植の"つなぎ"として有効で、傷口がきれいに治るなど可能性が広がる」と話す。


 やはり、<"大やけど" などの皮膚損傷の治療> におけるいくつかの "難しい課題" の重みは、かなり深刻であったはずだ。
 したがって、「本格的な皮膚移植の"つなぎ"として有効で、傷口がきれいに治るなど可能性が広がる」(研究チームの青木准教授)という控え目な発言以上の意義が見込めそうである
...... (2015.06.16)













【 SE Assessment 】 【 プロジェクトα 再挑戦者たち 】








トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「ばんそうこう型」人工皮膚開発!回復促すコラーゲンを供給!(佐賀大/祐徳薬品など)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://adhocrat.net/mt/mt-tb.cgi/3060

コメントする

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  














関連サイトへのリンク


  • 電子書籍(eBooks)制作にフォーカスしたサイト
  • 明けない夜はないことを確信するサイト
  • Green(地球環境改善)にフォーカスしたサイト
  • ソフトウェア技術者やSEのための評価と育成、人事考課制度を考えるサイト
  • さまざまな業種・業態でご利用可能なモバイル活用の予約システム!
  • 創作小説『海念と保兵衛』のサイト
  • 創作小説『かもめたちの行方』のサイト
  • 当ブログ推奨の商品を展示したAmazon ストアー!
  • 当AdhocBlogブログの過去のエントリー
  • 株式会社アドホクラット当時のサイト

★売れ筋! No.1!
家庭用"放射線測定器"

日本通信 bモバイルWiFi ルータ+1 ヶ月定額SIM BM-U300W-1M
価格:¥ 20,208
国内配送料無料 Amazon





このブログ記事について

このページは、yasuo hiroseが2015年6月16日 00:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は、
 「味の素 "血液検査"で膵臓がんリスク判定 早期発見!人間ドックのオプション検査開始!
です。

次のブログ記事は、
 「"大腸がん"は若い人ほど命を脅かす!がん細胞の遺伝子に抗がん剤を無力にする仕組み!
です。

最近のコンテンツは、
 インデックスページ
で見られます。

過去に書かれたものは、
 アーカイブのページ
で見られます。

年月別アーカイブ

最近のトラックバック