"緑内障"の進行、"神経保護物質(開発化合物「KUS剤」)"で抑制!マウスの実験で(京大)

| | コメント(0) | トラックバック(0)
      

 "緑内障" は、悪化が進行すれば、"重い視力障害" にも至るため、その仕組みの解明や治療法開発が急がれている。

 ◆ 参照 当誌過去の "緑内障" 関連記事

  "緑内障"の遺伝子変異解明!発症リスクの診断、治療薬の開発に期待!(京都府立医科大)/当誌 2016.04.09


 今回注目する下記引用サイト記事緑内障進行、神経保護物質で抑制 京大がマウスで開発/共同通信/2016.04.19 - 19:21 は、  <京都大のチームは、開発した神経保護作用のある化合物KUS剤」に、緑内障の進行を抑える働きがあることマウス実験で分かったと、19日付の海外科学誌電子版に発表した> と報じている。

 <......緑内障は、目が受け取った光の信号を脳に伝える網膜の神経節細胞が、保持するエネルギーを失って死滅し、進行する。  チームは、KUS剤がエネルギーの消費を抑制することに着目。緑内障を発症させたマウスに投与したところ、神経節細胞の減少が抑えられた。  KUS剤を急性眼疾患の患者の眼内に注射し、安全性や効き目を確かめる治験を年内に実施できるよう準備中。治療法として5年程度で実用化したいという> とある。

 緑内障進行、神経保護物質で抑制 京大がマウスで開発/共同通信/2016.04.19 - 19:21

 京都大のチームは、開発した神経保護作用のある化合物KUS剤」に、緑内障の進行を抑える働きがあることマウス実験で分かったと、19日付の海外科学誌電子版に発表した。

 緑内障は、目が受け取った光の信号を脳に伝える網膜の神経節細胞が、保持するエネルギーを失って死滅し、進行する。

 チームは、KUS剤がエネルギーの消費を抑制することに着目。緑内障を発症させたマウスに投与したところ、神経節細胞の減少が抑えられた

 KUS剤を急性眼疾患の患者の眼内に注射し、安全性や効き目を確かめる治験を年内に実施できるよう準備中。治療法として5年程度で実用化したいという。


 治療法の確立までには、まだ時間が掛かりそうだが、数少ない緑内障治療法として期待したい...... (2016.04.21)













【 SE Assessment 】 【 プロジェクトα 再挑戦者たち 】








トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: "緑内障"の進行、"神経保護物質(開発化合物「KUS剤」)"で抑制!マウスの実験で(京大)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://adhocrat.net/mt/mt-tb.cgi/3369

コメントする

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  














関連サイトへのリンク


  • 電子書籍(eBooks)制作にフォーカスしたサイト
  • 明けない夜はないことを確信するサイト
  • Green(地球環境改善)にフォーカスしたサイト
  • ソフトウェア技術者やSEのための評価と育成、人事考課制度を考えるサイト
  • さまざまな業種・業態でご利用可能なモバイル活用の予約システム!
  • 創作小説『海念と保兵衛』のサイト
  • 創作小説『かもめたちの行方』のサイト
  • 当ブログ推奨の商品を展示したAmazon ストアー!
  • 当AdhocBlogブログの過去のエントリー
  • 株式会社アドホクラット当時のサイト

★売れ筋! No.1!
家庭用"放射線測定器"

日本通信 bモバイルWiFi ルータ+1 ヶ月定額SIM BM-U300W-1M
価格:¥ 20,208
国内配送料無料 Amazon





このブログ記事について

このページは、yasuo hiroseが2016年4月21日 00:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は、
 「熊本地震/避難所生活で高リスク、エコノミークラス症候群!座ってストレッチでも効果
です。

次のブログ記事は、
 「ロボット手術 ― 米国製 内視鏡手術支援ロボット「ダビンチ」― の"保険適用"拡大!
です。

最近のコンテンツは、
 インデックスページ
で見られます。

過去に書かれたものは、
 アーカイブのページ
で見られます。

年月別アーカイブ

最近のトラックバック