精神科で身体拘束受ける患者1万人超!10年で2倍に増加!「安易に行う例」指摘も!

| | コメント(0) | トラックバック(0)
      

 "介護施設での虐待" が社会問題化する昨今なのであり、理由の如何を問わず、"間違い!" はきちんと糺されなければ日本の社会は立ち腐れていく。

 ◆ 参照 当誌過去の "虐待" 関連記事
  介護施設"虐待"、過去最多300件、被害の7割認知症! 明日は我が身の"薄ら気味悪さ"!/当誌 2016.02.22


 今回注目する下記引用サイト記事精神科で患者拘束1万人超、10年で2倍...「安易に行う例」指摘も/yomiDr. ヨミドク/2016.04.08 は、  <精神科で身体拘束を受ける患者の数が、2013年の調査日に1万人を超え、10年間で2倍に増えたことが厚生労働省の調査で分かった。 閉鎖した個室に隔離される患者も1万人に迫り、増加を続けている。> と報じている。

 <......調査は、精神保健福祉資料作成のため、毎年実施している。精神科がある全国の病院から6月30日時点の病床数や従業者数、在院患者数などの報告を集計、今年は13年分がまとまった。  患者の手足や腰などを専用の道具でベッドにくくり付ける身体拘束や、保護室と呼ばれる閉鎖個室に入れる隔離は、本人や他人を傷つける行為を防ぐため、精神保健指定医の資格を持つ医師の判断で行う。12時間以内の隔離は指定医資格を持たない医師でも行える。  身体拘束を受ける患者は、この調査項目が追加された03年は5109人だった。以後増え続け、13年は1万229人となった。隔離患者もこの間7741人から9883人に増えた。  一方、入院患者数は減る傾向にある。03年は1662施設に約32万9000人だったが、13年は1616施設に約29万7000人となった。  同省は「症状が激しい急性期の患者やアルツハイマー型認知症患者の入院は近年増えているが、身体拘束や隔離の増加との関連は分からない」とする。  杏林大保健学部の長谷川利夫教授は「認知症患者の身体拘束は介護保険制度では原則禁止されているが、病院では転倒防止などの目的で安易に行う例が目立つ拘束される人の苦痛は甚だしく国や自治体は増加の原因を早急に調査するべきだ」と指摘している。> とある。

 精神科で患者拘束1万人超、10年で2倍...「安易に行う例」指摘も/yomiDr. ヨミドク/2016.04.08

 精神科で身体拘束を受ける患者の数が、2013年の調査日に1万人を超え、10年間で2倍に増えたことが厚生労働省の調査で分かった。

 閉鎖した個室に隔離される患者も1万人に迫り、増加を続けている。

 調査は、精神保健福祉資料作成のため、毎年実施している。精神科がある全国の病院から6月30日時点の病床数や従業者数、在院患者数などの報告を集計、今年は13年分がまとまった。

 患者の手足や腰などを専用の道具でベッドにくくり付ける身体拘束や、保護室と呼ばれる閉鎖個室に入れる隔離は、本人や他人を傷つける行為を防ぐため、精神保健指定医の資格を持つ医師の判断で行う。12時間以内の隔離は指定医資格を持たない医師でも行える。

 身体拘束を受ける患者は、この調査項目が追加された03年は5109人だった。以後増え続け、13年は1万229人となった。隔離患者もこの間7741人から9883人に増えた。

 一方、入院患者数は減る傾向にある。03年は1662施設に約32万9000人だったが、13年は1616施設に約29万7000人となった。

 同省は「症状が激しい急性期の患者やアルツハイマー型認知症患者の入院は近年増えているが、身体拘束や隔離の増加との関連は分からない」とする。

 杏林大保健学部の長谷川利夫教授は「認知症患者の身体拘束は介護保険制度では原則禁止されているが、病院では転倒防止などの目的で安易に行う例が目立つ拘束される人の苦痛は甚だしく国や自治体は増加の原因を早急に調査するべきだ」と指摘している。


 本人や他人を傷つける行為を防ぐため> という大義名分が、事実上の "隠れ蓑(みの)" となって、"非人道的" な "身体拘束" や "閉鎖個室に入れる隔離" が "安易に行われている" という。 一体、何が、この犯罪的事実を抑止することになるのであろうか...... (2016.04.10)













【 SE Assessment 】 【 プロジェクトα 再挑戦者たち 】








トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 精神科で身体拘束受ける患者1万人超!10年で2倍に増加!「安易に行う例」指摘も!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://adhocrat.net/mt/mt-tb.cgi/3358

コメントする

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  














関連サイトへのリンク


  • 電子書籍(eBooks)制作にフォーカスしたサイト
  • 明けない夜はないことを確信するサイト
  • Green(地球環境改善)にフォーカスしたサイト
  • ソフトウェア技術者やSEのための評価と育成、人事考課制度を考えるサイト
  • さまざまな業種・業態でご利用可能なモバイル活用の予約システム!
  • 創作小説『海念と保兵衛』のサイト
  • 創作小説『かもめたちの行方』のサイト
  • 当ブログ推奨の商品を展示したAmazon ストアー!
  • 当AdhocBlogブログの過去のエントリー
  • 株式会社アドホクラット当時のサイト

★売れ筋! No.1!
家庭用"放射線測定器"

日本通信 bモバイルWiFi ルータ+1 ヶ月定額SIM BM-U300W-1M
価格:¥ 20,208
国内配送料無料 Amazon





このブログ記事について

このページは、yasuo hiroseが2016年4月10日 00:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は、
 「"緑内障"の遺伝子変異解明!発症リスクの診断、治療薬の開発に期待!(京都府立医科大)
です。

次のブログ記事は、
 「"ゲノム編集"でヒト受精卵の遺伝子を改変、2例目!中国のチーム!倫理的問題が指摘!
です。

最近のコンテンツは、
 インデックスページ
で見られます。

過去に書かれたものは、
 アーカイブのページ
で見られます。

年月別アーカイブ

最近のトラックバック