16年に新たにがんと診断される患者は、101万200人(死亡する人は37万4千人)との予測!

| | コメント(0) | トラックバック(0)
      

 高齢化が深まる時代環境で、"認知症罹患数" に加えて "がん罹患数" の増加が、やはり目を向けざるを得ない数値となっている。

 ◆ 参照 当誌過去の "がん罹患数" 関連記事

 (1) 15年のがんと診断される人:98万人と予測(死亡する人:37万900人)! (国立がん研セ)/当誌 2015.04.30

 (2) "今年のがん死亡は37万人"と初の予測! がん対策に寄与するための統計処理的な予測!/当誌 2014.07.14


 今回注目する下記引用サイト記事新規がん患者100万人超と予測 死者37万人、高齢化で増加/共同通信/2016.07.15 - 00:08 は、  <国立がん研究センターは15日、2016年新たにがんと診断される患者は101万200人、がんで死亡する人は37万4千人になるとの予測を発表した。新規の患者が100万人を超えるのは初めてで、高齢者の増加に伴い、発症する人が増えるとみている> と報じている。

 <......予測は、国や地域のがん対策の目標設定などに役立てるのが目的患者数の予測は昨年より2万8千人増えた実際の統計でも患者数は1970年代から一貫して増え続けているという。  予測された部位別の患者で最も多いのは、大腸がんの14万7200人。胃がん、肺がん、前立腺がん、乳がんと続き、上位5位は昨年と同じだった> とある。

 新規がん患者100万人超と予測 死者37万人、高齢化で増加/共同通信/2016.07.15 - 00:08


 国立がん研究センターは15日、2016年新たにがんと診断される患者は101万200人、がんで死亡する人は37万4千人になるとの予測を発表した。新規の患者が100万人を超えるのは初めてで、高齢者の増加に伴い、発症する人が増えるとみている。

 予測は、国や地域のがん対策の目標設定などに役立てるのが目的患者数の予測は昨年より2万8千人増えた実際の統計でも患者数は1970年代から一貫して増え続けているという。

 予測された部位別の患者で最も多いのは、大腸がんの14万7200人。胃がん、肺がん、前立腺がん、乳がんと続き、上位5位は昨年と同じだった。





 予測数字の背後にある実態に関心が向かうわけだが、<新たにがんと診断される患者数> の増加は、もちろん <高齢者の増加に伴い、......> という側面もあろう。だが、いわゆる "がん検診による早期発見" に基づくケースも含まれているはずだろう。 とすると "早期発見・早期治療" による治療成果で、"死亡数の減少" が見込まれても良さそうだが、"死亡数" に変化はないのだろうか...... (2016.07.16)













【 SE Assessment 】 【 プロジェクトα 再挑戦者たち 】








トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 16年に新たにがんと診断される患者は、101万200人(死亡する人は37万4千人)との予測!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://adhocrat.net/mt/mt-tb.cgi/3456

コメントする

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  














関連サイトへのリンク


  • 電子書籍(eBooks)制作にフォーカスしたサイト
  • 明けない夜はないことを確信するサイト
  • Green(地球環境改善)にフォーカスしたサイト
  • ソフトウェア技術者やSEのための評価と育成、人事考課制度を考えるサイト
  • さまざまな業種・業態でご利用可能なモバイル活用の予約システム!
  • 創作小説『海念と保兵衛』のサイト
  • 創作小説『かもめたちの行方』のサイト
  • 当ブログ推奨の商品を展示したAmazon ストアー!
  • 当AdhocBlogブログの過去のエントリー
  • 株式会社アドホクラット当時のサイト

★売れ筋! No.1!
家庭用"放射線測定器"

日本通信 bモバイルWiFi ルータ+1 ヶ月定額SIM BM-U300W-1M
価格:¥ 20,208
国内配送料無料 Amazon





このブログ記事について

このページは、yasuo hiroseが2016年7月16日 00:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は、
 「がん新薬「オプジーボ」の併用で死亡例(間質性肺疾患発症)!臨床腫瘍学会が注意喚起!
です。

次のブログ記事は、
 「"がん転移"に関するメカニズム! 血管からの分泌タンパク質が影響! 北大チーム解明!
です。

最近のコンテンツは、
 インデックスページ
で見られます。

過去に書かれたものは、
 アーカイブのページ
で見られます。

年月別アーカイブ

最近のトラックバック