早期がんを判別する「線虫」を用いた最新臨床研究の中間結果! 胆膵がん感度は90%!

| | コメント(0) | トラックバック(0)
      

 人工機器の能力を上回る線虫の嗅覚により、がん特有の微量匂い物質を検知する>というアプローチの "線虫がん検査" については、これまでにも何度か注目してきた。

 ◆ 参照 当誌過去の "線虫" 関連記事

 (1) "線虫" でがん早期発見!血液検査に比べてコストも安い!九大助教がベンチャー設立!/当誌 2016.03.08

 (2) 尿1滴での"線虫"活用のがん診断手法"n-nose"!苦痛なく簡便で素早く低コスト目指し!/当誌 2015.09.13

 (3) がんを"尿の匂い"で発見!匂いをかぎ分ける"線虫"を利用!実用化を目指す!(九大など)/当誌 2015.03.16


 今回注目する下記引用サイト記事早期がんを判別する「線虫」を用いた最新臨床研究の中間結果ご報告/JIJI.COM/2016.12.13 - 11:51 は、  <[株式会社HIROTSUバイオサイエンス]  線虫がん検査N-NOSE』最新臨床共同研究の中間結果。胆膵がん感度は90%と高感度を維持。  株式会社HIROTSUバイオサイエンス(本社:東京都港区、代表取締役社長:広津崇亮)と公益社団法人鹿児島共済会南風病院(鹿児島県鹿児島市)が共同で行っている線虫がん検査N-NOSE』臨床研究の中間結果をご報告いたします。生物の驚異的なセンサー能力を活かした高精度な網羅的がん検査法 「N-NOSE」は、尿を使うため苦痛がなく、簡便に網羅的にがんの有無を調べられるスクリーニング検査で、安価、高感度、早期発見といった優れた特徴が示されており、早期の実用化が期待されています> と報じている。

 <......今回、臨床研究途中経過報告として本試験では、消化器がん(すい臓がん、大腸がん、胃がん、食道がん、胆のうがん、胆管がん)と診断された患者の尿検体63サンプルについて『N-NOSE』検査を行いました。その結果、57サンプルが陽性を示し感度90.5%。特に発見が難しいとされている胆膵がんについても、N-NOSE90.0%の高感度を示しました。同じ患者で調べた腫瘍マーカーCEA、CA19-9の感度はそれぞれ20.6%、28.6%でした。  これまでの臨床研究データを合計すると、がん患者尿検体は112サンプル、陽性だったのが105サンプルで、感度は93.8%。また、本試験では、PET-CT、腫瘍マーカー、その他の検査項目、医師による総合判定、その全てで陰性と診断された被験者を「健常者」とみなしております。これまでに健常者と診断された被験者14検体については『N-NOSE』検査でいずれも陰性でした(特異度=100%)。この試験の詳細なデータは、今後論文、学会等で発表する予定です。  *感度=がん患者をがんと見分ける確率  *特異度=健常者を健常と見分ける確率> とある。

 早期がんを判別する「線虫」を用いた最新臨床研究の中間結果ご報告/JIJI.COM/2016.12.13 - 11:51

[株式会社HIROTSUバイオサイエンス]
線虫がん検査N-NOSE』最新臨床共同研究の中間結果。胆膵がん感度は90%と高感度を維持。

株式会社HIROTSUバイオサイエンス(本社:東京都港区、代表取締役社長:広津崇亮)と公益社団法人鹿児島共済会南風病院(鹿児島県鹿児島市)が共同で行っている線虫がん検査N-NOSE』臨床研究の中間結果をご報告いたします。生物の驚異的なセンサー能力を活かした高精度な網羅的がん検査法 「N-NOSE」は、尿を使うため苦痛がなく、簡便に網羅的にがんの有無を調べられるスクリーニング検査で、安価、高感度、早期発見といった優れた特徴が示されており、早期の実用化が期待されています

今回、臨床研究途中経過報告として本試験では、消化器がん(すい臓がん、大腸がん、胃がん、食道がん、胆のうがん、胆管がん)と診断された患者の尿検体63サンプルについて『N-NOSE』検査を行いました。その結果、57サンプルが陽性を示し感度90.5%。特に発見が難しいとされている胆膵がんについても、N-NOSE90.0%の高感度を示しました。同じ患者で調べた腫瘍マーカーCEA、CA19-9の感度はそれぞれ20.6%、28.6%でした。 


これまでの臨床研究データを合計すると、がん患者尿検体は112サンプル、陽性だったのが105サンプルで、感度は93.8%。また、本試験では、PET-CT、腫瘍マーカー、その他の検査項目、医師による総合判定、その全てで陰性と診断された被験者を「健常者」とみなしております。これまでに健常者と診断された被験者14検体については『N-NOSE』検査でいずれも陰性でした(特異度=100%)。この試験の詳細なデータは、今後論文、学会等で発表する予定です。

*感度=がん患者をがんと見分ける確率
*特異度=健常者を健常と見分ける確率

<参考>

◉ N-NOSE
線虫C. elegansの優れた嗅覚により、尿中のがんの匂いを識別する技術。線虫が匂いに対して示す走性行動を利用する(好きな匂いには誘引行動、嫌いな匂いには忌避行動を示す)。線虫はがん患者の尿には誘引行動を、健常者の尿には忌避行動を示す
N-NOSE』は株式会社HIROTSUバイオサイエンスの登録商標です。


◉ 生物診断 人工機器ではなく、生物の持つ能力で病気を診断する技術。『N-NOSE』では、人工機器の能力を上回る線虫の嗅覚により、がん特有の微量匂い物質を検知する。がん組織が小さく、がんマーカーの量が少ない早期がんに有効である可能性がある

N-NOSEの実用化について
現在、N-NOSE検査を希望する方からの問い合わせが多くございますが、まだ研究段階であり、一般の方々の検査は行っておりません。一刻も早い実用化を目指して研究開発を進めておりますので、ご理解のほどをよろしくお願い致します。

*類似商品が美容室等で出回っているようですが、当社とは一切関係ございません。

株式会社HIROTSUバイオサイエンス
公益社団法人鹿児島共済会南風病院 臨床応用開発室 (2016/12/13-11:51)


  "早期がん" 発見を促す、その "簡便な検査方法" はメリットであるに違いないが、さらに注目できるのは、<発見が難しいとされている胆膵がんについても、N-NOSE90.0%の高感度を示しました> とある点ではなかろうか...... (2016.12.16)













【 SE Assessment 】 【 プロジェクトα 再挑戦者たち 】








トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 早期がんを判別する「線虫」を用いた最新臨床研究の中間結果! 胆膵がん感度は90%!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://adhocrat.net/mt/mt-tb.cgi/3622

コメントする

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  














関連サイトへのリンク


  • 電子書籍(eBooks)制作にフォーカスしたサイト
  • 明けない夜はないことを確信するサイト
  • Green(地球環境改善)にフォーカスしたサイト
  • ソフトウェア技術者やSEのための評価と育成、人事考課制度を考えるサイト
  • さまざまな業種・業態でご利用可能なモバイル活用の予約システム!
  • 創作小説『海念と保兵衛』のサイト
  • 創作小説『かもめたちの行方』のサイト
  • 当ブログ推奨の商品を展示したAmazon ストアー!
  • 当AdhocBlogブログの過去のエントリー
  • 株式会社アドホクラット当時のサイト

★売れ筋! No.1!
家庭用"放射線測定器"

日本通信 bモバイルWiFi ルータ+1 ヶ月定額SIM BM-U300W-1M
価格:¥ 20,208
国内配送料無料 Amazon





このブログ記事について

このページは、yasuo hiroseが2016年12月16日 00:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は、
 「"ノロウイルス"大流行の兆し!10都県で"警報レベル"超え!近年流行していない型も!
です。

次のブログ記事は、
 「"放射線"と発がんリスク!"長時間低い線量"は、一度に高い線量を受けるよりリスク少!
です。

最近のコンテンツは、
 インデックスページ
で見られます。

過去に書かれたものは、
 アーカイブのページ
で見られます。

年月別アーカイブ

最近のトラックバック