"がん遺族"の2万人を調査へ! 厚労省が初、"終末期ケア"の療養実態を把握!

| | コメント(0) | トラックバック(0)
      

 今、がん患者の "終末期ケア"、"緩和ケア" に関する適切なあり方への注目と関心とが高まっている。

 今回注目する下記引用サイト記事がん遺族 2万人調査へ 厚労省が初、終末期ケア実態把握/毎日新聞/2017.01.11 - 21:11 は、  <がん患者終末期の療養実態を把握するため、厚生労働省が約2万人の遺族を対象とした初の大規模調査を2017年度から始める。終末期の患者・家族が適切なケアを受けたかや、医療や介護サービスの利用状況などを把握し、がん患者の療養環境の改善につなげる> と報じている。

 <......調査は、厚労省が国立がん研究センターに委託して実施する。対象は全国のがん患者の遺族約2万人を想定し、人口動態統計の死亡票から抽出する。  国は、がんを抱える患者が体や精神的なつらさを和らげる「緩和ケア」を受け、医療だけではなく介護サービスも活用することによって、療養生活に伴う苦痛や困難を減らす体制整備を目指している。  終末期は病院から自宅へ帰る患者も増え、治療の選択に迷ったり、緩和ケアや療養生活を支えるサービスが十分に提供されていなかったりするケースもある。厚労省研究班の調査(14年度)によると、身体的苦痛や精神的苦痛の緩和が十分にされていない患者が3~4割を占めた。  これまでも、がん患者終末期適切な緩和ケアを受けたかどうかを尋ねる遺族調査はあったが、対象が一部の病院に限定されており、国のがん政策を検討するがん対策推進協議会から「実態を把握できていない」と指摘されていた。  今回の調査項目は、緩和ケアが適切に患者・家族に提供されたか ▽ どんな治療を受けたか ▽ 医療者とのコミュニケーション ▽ 治療・療養について患者本人の意思が尊重されたか ▽ 利用した医療・介護サービス--など。  厚労省は、結果をもとに、患者が住み慣れた地域で質の高い療養を受けられるようにする対策の検討に生かす方針だ。 【細川貴代】> とある。

 がん遺族 2万人調査へ 厚労省が初、終末期ケア実態把握/毎日新聞/2017.01.11 - 21:11

 がん患者終末期の療養実態を把握するため、厚生労働省が約2万人の遺族を対象とした初の大規模調査を2017年度から始める。終末期の患者・家族が適切なケアを受けたかや、医療や介護サービスの利用状況などを把握し、がん患者の療養環境の改善につなげる

 調査は、厚労省が国立がん研究センターに委託して実施する。対象は全国のがん患者の遺族約2万人を想定し、人口動態統計の死亡票から抽出する。

 国は、がんを抱える患者が体や精神的なつらさを和らげる「緩和ケア」を受け、医療だけではなく介護サービスも活用することによって、療養生活に伴う苦痛や困難を減らす体制整備を目指している

 終末期は病院から自宅へ帰る患者も増え、治療の選択に迷ったり、緩和ケアや療養生活を支えるサービスが十分に提供されていなかったりするケースもある。厚労省研究班の調査(14年度)によると、身体的苦痛や精神的苦痛の緩和が十分にされていない患者が3~4割を占めた。

 これまでも、がん患者終末期適切な緩和ケアを受けたかどうかを尋ねる遺族調査はあったが、対象が一部の病院に限定されており、国のがん政策を検討するがん対策推進協議会から「実態を把握できていない」と指摘されていた。

 今回の調査項目は、緩和ケアが適切に患者・家族に提供されたか ▽ どんな治療を受けたか ▽ 医療者とのコミュニケーション ▽ 治療・療養について患者本人の意思が尊重されたか ▽ 利用した医療・介護サービス--など。

 厚労省は、結果をもとに、患者が住み慣れた地域で質の高い療養を受けられるようにする対策の検討に生かす方針だ。 【細川貴代】


 国のねらいは、<がんを抱える患者が体や精神的なつらさを和らげる「緩和ケア」を受け、医療だけではなく介護サービスも活用することによって、療養生活に伴う苦痛や困難を減らす体制整備を目指している> とある。 これもまた、逼迫する "医療財政" への対策であろうことは容易に推測されることだが、それはともかく、従来、目が向けられてこなかった "終末期ケアの実態" が照らし出されることは一歩前進に違いなかろう...... (2017.01.14)













【 SE Assessment 】 【 プロジェクトα 再挑戦者たち 】








トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: "がん遺族"の2万人を調査へ! 厚労省が初、"終末期ケア"の療養実態を把握!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://adhocrat.net/mt/mt-tb.cgi/3653

コメントする

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  














関連サイトへのリンク


  • 電子書籍(eBooks)制作にフォーカスしたサイト
  • 明けない夜はないことを確信するサイト
  • Green(地球環境改善)にフォーカスしたサイト
  • ソフトウェア技術者やSEのための評価と育成、人事考課制度を考えるサイト
  • さまざまな業種・業態でご利用可能なモバイル活用の予約システム!
  • 創作小説『海念と保兵衛』のサイト
  • 創作小説『かもめたちの行方』のサイト
  • 当ブログ推奨の商品を展示したAmazon ストアー!
  • 当AdhocBlogブログの過去のエントリー
  • 株式会社アドホクラット当時のサイト

★売れ筋! No.1!
家庭用"放射線測定器"

日本通信 bモバイルWiFi ルータ+1 ヶ月定額SIM BM-U300W-1M
価格:¥ 20,208
国内配送料無料 Amazon





このブログ記事について

このページは、yasuo hiroseが2017年1月14日 00:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は、
 「"iPS細胞"から作った網膜細胞の移植で、光を感じる視覚回復!失明マウスで回復確認!
です。

次のブログ記事は、
 「"無意識に患部をさする"のはなぜ ?! 神経回路再生のメカニズム解明!(群馬大大学院)
です。

最近のコンテンツは、
 インデックスページ
で見られます。

過去に書かれたものは、
 アーカイブのページ
で見られます。

年月別アーカイブ

最近のトラックバック