細胞を材料にする"バイオ3Dプリンター"で"神経再生"! 京大病院開発、移植に応用!

| | コメント(0) | トラックバック(0)
      

 事故などによる "末梢神経の損傷<" に対しては、現状、"再生促進" や "移植" などの治療がなされている。

 ◆ 参照 当誌過去の "末梢神経" 関連記事

  切れた神経の再生促進!神経の修復に新製品!純国産"誘導チューブ" 知覚回復8割超!/当誌 2014.02.17


 今回注目する下記引用サイト記事3Dプリンターで神経再生 京大開発、移植に応用/共同通信/2017.02.23 - 21:03 は、  <細胞を材料にして立体的な構造物を作ることができる「バイオ3Dプリンター」を利用し、神経を再生する技術を開発したと、京都大病院や佐賀大などのチームが23日、発表した> と報じている。

 <......事故や病気で末梢神経が損傷され、運動や感覚の機能を失った患者に移植する再生医療に応用するため、人を対象とした治験を2019年度に開始したいという。  チームの池口良輔・京大病院准教授(手外科)によると、末梢神経損傷の治療では一般的に、ふくらはぎの神経の一部を切り取り、移植するなどの方法が取られるが、摘出箇所の感覚がなくなったり異常になったりする問題があった> とある。

 3Dプリンターで神経再生 京大開発、移植に応用/共同通信/2017.02.23 - 21:03

 細胞を材料にして立体的な構造物を作ることができる「バイオ3Dプリンター」を利用し、神経を再生する技術を開発したと、京都大病院や佐賀大などのチームが23日、発表した。

 事故や病気で末梢神経が損傷され、運動や感覚の機能を失った患者に移植する再生医療に応用するため、人を対象とした治験を2019年度に開始したいという。

 チームの池口良輔・京大病院准教授(手外科)によると、末梢神経損傷の治療では一般的に、ふくらはぎの神経の一部を切り取り、移植するなどの方法が取られるが、摘出箇所の感覚がなくなったり異常になったりする問題があった


 細胞を材料にして立体的な構造物を作ることができる「バイオ3Dプリンター」を利用し、神経を再生する技術を開発した> とある。 "材料とされる細胞" が、"拒絶反応" などの副作用の関係で、どのような種類のものが使われるのかなどの疑問もあるが、奏功することが期待される...... (2017.02.25)













【 SE Assessment 】 【 プロジェクトα 再挑戦者たち 】








トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 細胞を材料にする"バイオ3Dプリンター"で"神経再生"! 京大病院開発、移植に応用!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://adhocrat.net/mt/mt-tb.cgi/3696

コメントする

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  














関連サイトへのリンク


  • 電子書籍(eBooks)制作にフォーカスしたサイト
  • 明けない夜はないことを確信するサイト
  • Green(地球環境改善)にフォーカスしたサイト
  • ソフトウェア技術者やSEのための評価と育成、人事考課制度を考えるサイト
  • さまざまな業種・業態でご利用可能なモバイル活用の予約システム!
  • 創作小説『海念と保兵衛』のサイト
  • 創作小説『かもめたちの行方』のサイト
  • 当ブログ推奨の商品を展示したAmazon ストアー!
  • 当AdhocBlogブログの過去のエントリー
  • 株式会社アドホクラット当時のサイト

★売れ筋! No.1!
家庭用"放射線測定器"

日本通信 bモバイルWiFi ルータ+1 ヶ月定額SIM BM-U300W-1M
価格:¥ 20,208
国内配送料無料 Amazon





このブログ記事について

このページは、yasuo hiroseが2017年2月25日 00:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は、
 「糖尿病合併症では「しめじ」と「えのき」! 糖尿病予備群では、"心臓病"が最も怖い!
です。

次のブログ記事は、
 「iPSで脳血管の特徴を持ったモデル作製!中枢神経薬の効果予測に役立つ(京大グループ)
です。

最近のコンテンツは、
 インデックスページ
で見られます。

過去に書かれたものは、
 アーカイブのページ
で見られます。

年月別アーカイブ

最近のトラックバック