がん細胞に特有の高温性に反応して"膨らむナノ粒子"を開発!副作用の少ない治療期待!

| | コメント(0) | トラックバック(0)
      

 がん治療において、種々の視点から "ナノ粒子" 技術の応用されるケースが増えている。

 ◆ 参照 当誌過去の "ナノ粒子 がん" 関連記事

 (1) "悪性度の高いがん"を見分ける造影剤(マンガンイオン)!東大など数年内実用化めざす!/当誌 2016.05.20

 (2) "ナノテクノロジー"を使って"脳へのがん転移"治す!"血液脳関門"を通過してがん治療!/当誌 2015.06.12


 今回注目する下記引用サイト記事がん患部標的の粒子開発 副作用少ない治療期待/共同通信/2017.03.08 - 02:03 は、  <九州大と量子科学技術研究開発機構(千葉市)の共同研究チームは7日までに、がん細胞に特有の高温性に反応して膨らむナノ粒子を開発した。米科学誌電子版に発表した。粒子に含ませた薬剤を、がん患部だけにとどまらせることができるといい、九大大学院薬学研究院の唐沢悟准教授(有機化学)は「副作用の少ない治療が期待できる」と話している> と報じている。

 <......がん細胞は、それぞれ数十~数百ナノメートルの隙間がある。この隙間を狙ってナノ粒子に薬剤を含ませて運ぶ治療はこれまでもあったが、粒子が隙間にとどまることができず正常な細胞にも広がり、副作用を招いていた> とある。

 がん患部標的の粒子開発 副作用少ない治療期待/共同通信/2017.03.08 - 02:03

 九州大と量子科学技術研究開発機構(千葉市)の共同研究チームは7日までに、がん細胞に特有の高温性に反応して膨らむナノ粒子を開発した。米科学誌電子版に発表した。粒子に含ませた薬剤を、がん患部だけにとどまらせることができるといい、九大大学院薬学研究院の唐沢悟准教授(有機化学)は「副作用の少ない治療が期待できる」と話している。

 がん細胞は、それぞれ数十~数百ナノメートルの隙間がある。この隙間を狙ってナノ粒子に薬剤を含ませて運ぶ治療はこれまでもあったが、粒子が隙間にとどまることができず正常な細胞にも広がり、副作用を招いていた。


 抗がん剤などによる副作用は、薬剤によって攻撃する対象が、がん細胞のみに限定できずに正常細胞にまで影響が及んでしまうということからくる。
 上記記事では、この弊害を回避する方法として、<がん細胞に特有の高温性に反応して膨らむナノ粒子を開発 ...... 粒子に含ませた薬剤を、がん患部だけにとどまらせることができる> という仕組みが構築できた、という
...... (2017.03.09)













【 SE Assessment 】 【 プロジェクトα 再挑戦者たち 】








トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: がん細胞に特有の高温性に反応して"膨らむナノ粒子"を開発!副作用の少ない治療期待!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://adhocrat.net/mt/mt-tb.cgi/3708

コメントする

2020年5月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            














関連サイトへのリンク


  • 電子書籍(eBooks)制作にフォーカスしたサイト
  • 明けない夜はないことを確信するサイト
  • Green(地球環境改善)にフォーカスしたサイト
  • ソフトウェア技術者やSEのための評価と育成、人事考課制度を考えるサイト
  • さまざまな業種・業態でご利用可能なモバイル活用の予約システム!
  • 創作小説『海念と保兵衛』のサイト
  • 創作小説『かもめたちの行方』のサイト
  • 当ブログ推奨の商品を展示したAmazon ストアー!
  • 当AdhocBlogブログの過去のエントリー
  • 株式会社アドホクラット当時のサイト

★売れ筋! No.1!
家庭用"放射線測定器"

日本通信 bモバイルWiFi ルータ+1 ヶ月定額SIM BM-U300W-1M
価格:¥ 20,208
国内配送料無料 Amazon





このブログ記事について

このページは、yasuo hiroseが2017年3月 9日 00:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は、
 「AIの悪用や乱用の懸念に向き合い、AI自身に"倫理"求める! 学会が研究開発指針!
です。

次のブログ記事は、
 「軽度の脊髄損傷が回復するのに関わっている神経細胞を特定!新治療法に期待(生理学研)
です。

最近のコンテンツは、
 インデックスページ
で見られます。

過去に書かれたものは、
 アーカイブのページ
で見られます。

年月別アーカイブ

最近のトラックバック