"痛み止め薬"の過剰投与で女性患者死亡!水戸の病院、"医療ミス"を認め謝罪!

| | コメント(0) | トラックバック(0)
      

 どうしても、現状の医療環境では患者側が "弱者の立場" に立たされがちである。 だとすれば、とかく見過ごされがちな "医療ミス" 事件には、その種類を問わず注目しておくことが妥当かと思われる。

 ◆ 参照 当誌過去の "医療ミス" 関連記事

 (1) がんの疑いなどが記された画像診断報告書の放置や確認不足に関する事案、5年で30件!/当誌 2017.02.02
 (2) 転移"肺がん"を3年以上放置する医療ミス、女性死亡!他に類似死亡2人!(名古屋大病院)/当誌 2016.12.28
 (3) "肺がん"見落とし、21歳男性死亡!愛知・一宮市立病院、損害賠償金支払で遺族と和解!/当誌 2016.11.26


 今回注目する下記引用サイト記事薬の過剰投与で女性死亡 水戸、医療ミス認め謝罪/共同通信/2017.09.29 - 01:31 は、  <水戸済生会総合病院(水戸市)は28日、拡張型心筋症で入院していた女性患者(69)の手術の際に、誤って10倍の量の痛み止め薬を投与する医療ミスがあったと明らかにした。女性は26日に死亡し、病院側はミスを認めて遺族に謝罪した> と報じている。

 <......同院によると、女性患者は1日に別の病院から転院。14日の手術開始前に、痛み止めとして塩酸モルヒネ2.5ミリグラムを投与するはずが、看護師が誤って25ミリグラムを投与した。女性は容体が急変して同日、意識不明の重体となっていた。  医師の指示が看護師に適切に伝わっていなかった可能性があるという> とある。

 薬の過剰投与で女性死亡 水戸、医療ミス認め謝罪/共同通信/2017.09.29 - 01:31

 水戸済生会総合病院(水戸市)は28日、拡張型心筋症で入院していた女性患者(69)の手術の際に、誤って10倍の量の痛み止め薬を投与する医療ミスがあったと明らかにした。女性は26日に死亡し、病院側はミスを認めて遺族に謝罪した。

 同院によると、女性患者は1日に別の病院から転院。14日の手術開始前に、痛み止めとして塩酸モルヒネ2.5ミリグラムを投与するはずが、看護師が誤って25ミリグラムを投与した。女性は容体が急変して同日、意識不明の重体となっていた

 医師の指示が看護師に適切に伝わっていなかった可能性があるという。


 手術の際に、誤って10倍の量の痛み止め薬を投与> という処置は、原因はさておき、弁解の余地が無い "医療ミス" かと判断される。 "麻酔" 処置については、慎重かつ的確であって欲しい...... (2017.09.30)













【 SE Assessment 】 【 プロジェクトα 再挑戦者たち 】








トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: "痛み止め薬"の過剰投与で女性患者死亡!水戸の病院、"医療ミス"を認め謝罪!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://adhocrat.net/mt/mt-tb.cgi/3913

コメントする

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  














関連サイトへのリンク


  • 電子書籍(eBooks)制作にフォーカスしたサイト
  • 明けない夜はないことを確信するサイト
  • Green(地球環境改善)にフォーカスしたサイト
  • ソフトウェア技術者やSEのための評価と育成、人事考課制度を考えるサイト
  • さまざまな業種・業態でご利用可能なモバイル活用の予約システム!
  • 創作小説『海念と保兵衛』のサイト
  • 創作小説『かもめたちの行方』のサイト
  • 当ブログ推奨の商品を展示したAmazon ストアー!
  • 当AdhocBlogブログの過去のエントリー
  • 株式会社アドホクラット当時のサイト

★売れ筋! No.1!
家庭用"放射線測定器"

日本通信 bモバイルWiFi ルータ+1 ヶ月定額SIM BM-U300W-1M
価格:¥ 20,208
国内配送料無料 Amazon





このブログ記事について

このページは、yasuo hiroseが2017年10月 1日 00:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は、
 「貧血、iPS細胞で治療!赤血球生成ホルモン"EPO"を生み出す細胞をiPSから作製!(京大)
です。

次のブログ記事は、
 「"うつ病のリスク"、"青魚などの魚介類"(EPA)食べると減少! (国立がんセンター)
です。

最近のコンテンツは、
 インデックスページ
で見られます。

過去に書かれたものは、
 アーカイブのページ
で見られます。

年月別アーカイブ

最近のトラックバック