"人工臓器"、小型で使いやすく! "人工腎臓"(慶大)、"人工膵臓"(東京医科歯科大)!

| | コメント(0) | トラックバック(0)
      

 今回注目する下記引用サイト記事人工臓器、小型で使いやすく 慶大や東京医科歯科大/日本経済新聞/2017.10.29 - 21:36 は、  <糖尿病患者向けに、高機能な素材や微細な加工技術を生かして小型で使いやすい人工臓器を作る研究開発が進んでいる。慶応義塾大学などは 血液をろ過してきれいにする「人工腎臓」 、東京医科歯科大学などは インスリンを出す「人工膵臓(すいぞう)」 の実用化に向け、それぞれ動物実験で効果を確かめた。人工透析など既存の治療の負担を軽くし、患者の生活の質を高めるのが目標だ。  糖尿病血糖値(血液中のブドウ糖の濃度)を下げるインスリンの作用不足する。症状が進むと腎臓の機能が下がる> と報じている。

 <......慶大の三木則尚教授と東京医科大学の菅野義彦主任教授らは、 体内に埋め込んで使う小型の人工腎臓 を試作した。実物とほぼ同じ握りこぶし程度の大きさの装置に動脈、静脈と尿管をつなぐ。  人工透析は高分子膜で血液をろ過し、老廃物や余分な水分を透析液に排出する。チームは高分子膜と微細な流路の加工技術を組み合わせ、透析液やポンプを使わない簡素な仕組みで小型化した。  装置は血液が流れる層と尿が流れる層の間を高分子膜で区切り、それぞれの層を交互に重ねた。高分子膜は血圧の力だけで血液をろ過する。たんぱく質などの成分は血液に残り、尿素などの不要な物は尿管に送られる。  この人工腎臓をラットで実験した。人に比べ小さいため体外の装置とつないだが、十分なろ過能力を持つことを確認した。2018年夏ごろからイヌの体内に埋め込む長期の実験も始める計画だ。20年をめどに効果や安全性を確かめ、臨床試験(治験)開始を目指す。  腎臓の機能をある程度補うことで、通常週3回の人工透析が週1回程度で済み、年1回の日帰り手術で装置を交換するといった利用法を想定する。三木教授は「透析回数が減れば患者の負担が軽くなり、医療費削減にもつながる」と話す。  東京医科歯科大の松元亮准教授らは名古屋大学などと協力し、 皮膚に貼って使う人工膵臓 の開発を進める。ブドウ糖の濃度が高いときだけ反応して分子構造が変化する特殊なゲルを開発。この中にインスリンを入れておき、血糖値が高くなったら放出させる仕組みだ。  正常な血糖値ではゲルは縮んでおり、インスリンも中に包まれている。血糖値が上がるとゲルが膨らみ、インスリンを放出する。血糖値が下がればゲルは再び縮み、インスリンの放出も止まる。  実験では、側面に穴の開いたカテーテルにゲルを詰め、糖尿病のマウスの体内に埋め込んだ。血糖値の上昇に応じて穴からインスリンが出て、高血糖が続くのを抑えた。  実用化では、刺さっても痛くない微細な針が多数並んだシートを皮膚に貼り、皮膚に刺さった針から血糖値を下げるインスリンを体内に送る方式を採用する方針だ。インスリンを内包したゲルを入れておき、針からインスリンを放出する。3日に1回程度の頻度でシートを貼り替える。  チームは試作したシートで強度やインスリンの放出能力を調べた。11月にマウスで実験を始める予定だ。4~5年以内の臨床研究開始を目指す。  糖尿病治療では、血糖値を測りながらインスリンを体内に入れる携帯型装置などが実用化されている。ただ注入用の針を数日おきに交換するなどの手間がかかり、機械の装着を負担に感じる患者も多いという> とある。

 人工臓器、小型で使いやすく 慶大や東京医科歯科大/日本経済新聞/2017.10.29 - 21:36

 糖尿病患者向けに、高機能な素材や微細な加工技術を生かして小型で使いやすい人工臓器を作る研究開発が進んでいる。慶応義塾大学などは 血液をろ過してきれいにする「人工腎臓」 、東京医科歯科大学などは インスリンを出す「人工膵臓(すいぞう)」 の実用化に向け、それぞれ動物実験で効果を確かめた。人工透析など既存の治療の負担を軽くし、患者の生活の質を高めるのが目標だ。

 糖尿病血糖値(血液中のブドウ糖の濃度)を下げるインスリンの作用不足する。症状が進むと腎臓の機能が下がる

 慶大の三木則尚教授と東京医科大学の菅野義彦主任教授らは、 体内に埋め込んで使う小型の人工腎臓 を試作した。実物とほぼ同じ握りこぶし程度の大きさの装置に動脈、静脈と尿管をつなぐ

 人工透析は高分子膜で血液をろ過し、老廃物や余分な水分を透析液に排出する。チームは高分子膜と微細な流路の加工技術を組み合わせ、透析液やポンプを使わない簡素な仕組みで小型化した

 装置は血液が流れる層と尿が流れる層の間を高分子膜で区切り、それぞれの層を交互に重ねた。高分子膜は血圧の力だけで血液をろ過する。たんぱく質などの成分は血液に残り、尿素などの不要な物は尿管に送られる

 この人工腎臓をラットで実験した。人に比べ小さいため体外の装置とつないだが、十分なろ過能力を持つことを確認した。2018年夏ごろからイヌの体内に埋め込む長期の実験も始める計画だ。20年をめどに効果や安全性を確かめ、臨床試験(治験)開始を目指す

 腎臓の機能をある程度補うことで、通常週3回の人工透析が週1回程度で済み、年1回の日帰り手術で装置を交換するといった利用法を想定する。三木教授は「透析回数が減れば患者の負担が軽くなり、医療費削減にもつながる」と話す。

 東京医科歯科大の松元亮准教授らは名古屋大学などと協力し、 皮膚に貼って使う人工膵臓 の開発を進める。ブドウ糖の濃度が高いときだけ反応して分子構造が変化する特殊なゲルを開発。この中にインスリンを入れておき、血糖値が高くなったら放出させる仕組みだ。

 正常な血糖値ではゲルは縮んでおり、インスリンも中に包まれている。血糖値が上がるとゲルが膨らみ、インスリンを放出する。血糖値が下がればゲルは再び縮み、インスリンの放出も止まる

 実験では、側面に穴の開いたカテーテルにゲルを詰め、糖尿病のマウスの体内に埋め込んだ。血糖値の上昇に応じて穴からインスリンが出て、高血糖が続くのを抑えた。

 実用化では、刺さっても痛くない微細な針が多数並んだシートを皮膚に貼り、皮膚に刺さった針から血糖値を下げるインスリンを体内に送る方式を採用する方針だ。インスリンを内包したゲルを入れておき、針からインスリンを放出する。3日に1回程度の頻度でシートを貼り替える

 チームは試作したシートで強度やインスリンの放出能力を調べた。11月にマウスで実験を始める予定だ。4~5年以内の臨床研究開始を目指す

 糖尿病治療では、血糖値を測りながらインスリンを体内に入れる携帯型装置などが実用化されている。ただ注入用の針を数日おきに交換するなどの手間がかかり、機械の装着を負担に感じる患者も多いという。



 血液をろ過してきれいにする「人工腎臓」> にせよ、<インスリンを出す「人工膵臓(すいぞう)」> にせよ、それらの実用化が叶うならば、患者たちの生活の質の向上は言うに及ばず、医療費の圧縮も期待されると予想される。 現代技術駆使ならではの成果かと敬服させられる...... (2017.10.31)













【 SE Assessment 】 【 プロジェクトα 再挑戦者たち 】








トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: "人工臓器"、小型で使いやすく! "人工腎臓"(慶大)、"人工膵臓"(東京医科歯科大)!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://adhocrat.net/mt/mt-tb.cgi/3944

コメントする

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  














関連サイトへのリンク


  • 電子書籍(eBooks)制作にフォーカスしたサイト
  • 明けない夜はないことを確信するサイト
  • Green(地球環境改善)にフォーカスしたサイト
  • ソフトウェア技術者やSEのための評価と育成、人事考課制度を考えるサイト
  • さまざまな業種・業態でご利用可能なモバイル活用の予約システム!
  • 創作小説『海念と保兵衛』のサイト
  • 創作小説『かもめたちの行方』のサイト
  • 当ブログ推奨の商品を展示したAmazon ストアー!
  • 当AdhocBlogブログの過去のエントリー
  • 株式会社アドホクラット当時のサイト

★売れ筋! No.1!
家庭用"放射線測定器"

日本通信 bモバイルWiFi ルータ+1 ヶ月定額SIM BM-U300W-1M
価格:¥ 20,208
国内配送料無料 Amazon





このブログ記事について

このページは、yasuo hiroseが2017年10月31日 00:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は、
 「「静かな時限爆弾」ともいわれる石綿!アスベスト被害!工場周辺住民らも救済対象に!
です。

次のブログ記事は、
 「訪問介護サービス内の生活援助担うヘルパーの基準変更! 研修の短期化=報酬引き下げ?!
です。

最近のコンテンツは、
 インデックスページ
で見られます。

過去に書かれたものは、
 アーカイブのページ
で見られます。

年月別アーカイブ

最近のトラックバック