"がん遺伝子の変化"と"薬効"の関係を把握!解析手法を開発、肺腺がんに利用!(東大)

| | コメント(0) | トラックバック(0)
      

 がんは遺伝子の異常でできるが、その異常が原因遺伝子の中のどこに起こるかによって効く薬が変わる> のだという。 そこから、<がん細胞に起こる遺伝子のわずかな変化> が焦点となるようだ。

 今回注目する下記引用サイト記事東大、がん遺伝子の変化と薬効の関係を把握 解析手法を開発、肺腺がんに利用/日本経済新聞/2017.11.19 - 21:03 は、  <東京大学 間野博行教授と高阪真路特任助教らは、がん細胞に起こる遺伝子のわずかな変化から患者に適した薬を確かめる手法を開発した。100種類以上の遺伝子の変化を同時に調べる。患者に合わせた個別医療や新たな抗がん剤の探索に応用できる可能性がある> と報じている。

 <......がんは遺伝子の異常でできるが、その異常が原因遺伝子の中のどこに起こるかによって効く薬が変わる。  新技術はがんの原因遺伝子の様々な場所に印を付けた細胞を作り、薬を入れた容器で育てる。薬が効く場合は細胞の生育が悪くなる。その細胞の遺伝子を解析すれば、その薬の効く遺伝子の変化を特定できる。  肺腺がんの原因遺伝子「EGFR」で試した。101種類の変化を調べると64種類はがんの原因になり、それぞれと6種類の既存薬の効きやすさの関係を把握できた。薬の効果が80分の1になる変化などが見つかった> とある。

 東大、がん遺伝子の変化薬効の関係を把握 解析手法を開発、肺腺がんに利用/日本経済新聞/2017.11.19 - 21:03

 東京大学 間野博行教授と高阪真路特任助教らは、がん細胞に起こる遺伝子のわずかな変化から患者に適した薬を確かめる手法を開発した。100種類以上の遺伝子の変化を同時に調べる。患者に合わせた個別医療や新たな抗がん剤の探索に応用できる可能性がある

 がんは遺伝子の異常でできるが、その異常が原因遺伝子の中のどこに起こるかによって効く薬が変わる

 新技術はがんの原因遺伝子の様々な場所に印を付けた細胞を作り、薬を入れた容器で育てる。薬が効く場合は細胞の生育が悪くなる。その細胞の遺伝子を解析すれば、その薬の効く遺伝子の変化を特定できる

 肺腺がんの原因遺伝子「EGFR」で試した。101種類の変化を調べると64種類はがんの原因になり、それぞれと6種類の既存薬の効きやすさの関係を把握できた。薬の効果が80分の1になる変化などが見つかった。


 上記記事での <がん細胞に起こる遺伝子のわずかな変化から患者に適した薬を確かめる手法> によって、<患者に合わせた個別医療や新たな抗がん剤の探索に応用できる可能性がある> とのことである。 これこそは、"がん患者に合わせた個別医療" ということになり、"薬の効きやすさ" が大いに期待できそうである...... (2017.11.21)













【 SE Assessment 】 【 プロジェクトα 再挑戦者たち 】








トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: "がん遺伝子の変化"と"薬効"の関係を把握!解析手法を開発、肺腺がんに利用!(東大)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://adhocrat.net/mt/mt-tb.cgi/3965

コメントする

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  














関連サイトへのリンク


  • 電子書籍(eBooks)制作にフォーカスしたサイト
  • 明けない夜はないことを確信するサイト
  • Green(地球環境改善)にフォーカスしたサイト
  • ソフトウェア技術者やSEのための評価と育成、人事考課制度を考えるサイト
  • さまざまな業種・業態でご利用可能なモバイル活用の予約システム!
  • 創作小説『海念と保兵衛』のサイト
  • 創作小説『かもめたちの行方』のサイト
  • 当ブログ推奨の商品を展示したAmazon ストアー!
  • 当AdhocBlogブログの過去のエントリー
  • 株式会社アドホクラット当時のサイト

★売れ筋! No.1!
家庭用"放射線測定器"

日本通信 bモバイルWiFi ルータ+1 ヶ月定額SIM BM-U300W-1M
価格:¥ 20,208
国内配送料無料 Amazon





このブログ記事について

このページは、yasuo hiroseが2017年11月21日 00:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は、
 「"廃棄される抗がん剤"、年間720億円分(総額の約7%) 医療費削減に向け慶大教授が試算
です。

次のブログ記事は、
 「抗がん剤の承認基準に疑問!明らかに有用と確認できたのは"51%にとどまった"!(欧州)
です。

最近のコンテンツは、
 インデックスページ
で見られます。

過去に書かれたものは、
 アーカイブのページ
で見られます。

年月別アーカイブ

最近のトラックバック