医師の地方勤務、"優遇措置"で実効性はあるのか?地方勤務"義務付け"が必要なのでは!

| | コメント(0) | トラックバック(0)
      

 "医師の偏在=都市部集中、地方不在!" という危機は、深刻化する国全体での人口減少傾向突入にあって、ほとんど不可避の見通しなのではなかろうか。 そのような状況にあって、深刻な事態への対応として、"優遇措置案" といった "手緩い対策" で問題先送り!をする政府の場違いな問題解決姿勢は、あまりにも現状にそぐわない。

 今回注目する下記引用サイト記事医師の地方勤務で優遇措置 偏在解消へ厚労省案/新聞社/2017.12.08 - 18:36 は、  <医師が都市部などに集中する偏在の解消に向け、厚生労働省は8日、医師が少ない地域で一定期間勤務した場合の優遇措置案を明らかにした。一部の医療機関で管理者になる際の評価項目に加えるほか、国の「認定医師」として活動できる制度を提案。厚労省はほかに、都道府県による実効性ある医師確保計画策定や、地域ごとの過不足の指標化も盛り込んだ中間まとめ案を示し、有識者会議でおおむね了承された> と報じている。

 <......厚労省は年内にも正式決定し、来年の通常国会に、対策を反映させた医療法と医師法の改正案を提出したい考え> とある。

 医師の地方勤務で優遇措置 偏在解消へ厚労省案/新聞社/2017.12.08 - 18:36

 医師が都市部などに集中する偏在の解消に向け、厚生労働省は8日、医師が少ない地域で一定期間勤務した場合の優遇措置案を明らかにした。一部の医療機関で管理者になる際の評価項目に加えるほか、国の「認定医師」として活動できる制度を提案。厚労省はほかに、都道府県による実効性ある医師確保計画策定や、地域ごとの過不足の指標化も盛り込んだ中間まとめ案を示し、有識者会議でおおむね了承された。

 厚労省は年内にも正式決定し、来年の通常国会に、対策を反映させた医療法と医師法の改正案を提出したい考え。


 近年の "急激な人口減少傾向" に伴う "想像を超えた種々の危機的社会現象" が危惧とれるご時勢にあっては、政府・厚労省による基本指針提示は注目されざるを得ないはずだ。 が、この期に及んで、"優遇措置による誘導(?)" といった "無策ぶりの手緩さ" にはあきれる! もはや、"義務付け" 以外に、実効性は見込めないのではなかろうか...... (2017.12.11)













【 SE Assessment 】 【 プロジェクトα 再挑戦者たち 】








トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 医師の地方勤務、"優遇措置"で実効性はあるのか?地方勤務"義務付け"が必要なのでは!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://adhocrat.net/mt/mt-tb.cgi/3985

コメントする

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  














関連サイトへのリンク


  • 電子書籍(eBooks)制作にフォーカスしたサイト
  • 明けない夜はないことを確信するサイト
  • Green(地球環境改善)にフォーカスしたサイト
  • ソフトウェア技術者やSEのための評価と育成、人事考課制度を考えるサイト
  • さまざまな業種・業態でご利用可能なモバイル活用の予約システム!
  • 創作小説『海念と保兵衛』のサイト
  • 創作小説『かもめたちの行方』のサイト
  • 当ブログ推奨の商品を展示したAmazon ストアー!
  • 当AdhocBlogブログの過去のエントリー
  • 株式会社アドホクラット当時のサイト

★売れ筋! No.1!
家庭用"放射線測定器"

日本通信 bモバイルWiFi ルータ+1 ヶ月定額SIM BM-U300W-1M
価格:¥ 20,208
国内配送料無料 Amazon





このブログ記事について

このページは、yasuo hiroseが2017年12月11日 00:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は、
 「がん細胞のエネルギー代謝:正常細胞よりも"ブドウ糖を大量に消費する性質"を持つ!
です。

次のブログ記事は、
 「患者が、"MRI,CTなどの医療画像"を管理!再検査要らず全体の医療費抑制にもつながる!
です。

最近のコンテンツは、
 インデックスページ
で見られます。

過去に書かれたものは、
 アーカイブのページ
で見られます。

年月別アーカイブ

最近のトラックバック