翁長沖縄県知事が切除手術を受けた「すい臓がん」!早期発見が難しい「沈黙の臓器」!

| | コメント(0) | トラックバック(0)
      

 "すい臓がん" が、"治療が困難ながん!" とされており、その結果、"予防と早期発見!" とがことさらに強調され続けてきたことはよく知られている。

 ◆ 参照 当誌過去の "すい臓がん" 関連記事
 (1) <東大病院の岸川孝弘医師(消化器内科)らは、膵臓がん患者の血液に特定のRNA(リボ核酸)が健康な人より多く含まれていることに着目。このRNAだけにくっつく特殊な物質を開発し、わずかな血液でも量を測定できるようにした> ( 早期発見が難しい"膵臓がんの血液検査法"(特定RNAの含有量測定)を開発!(東大病院)/当誌 2014.00.00
 (2) 手術が可能な比較的早期の"膵臓がん"、その"目印"特定! 検診実用化へ、神戸大検証!/当誌 2015.11.11
 (3) <"膵臓がん" は、悪性腫瘍の中で最も死亡率が高いものの一つ(5年生存率は5%にも満たない)とされている。 と言うのも、"膵臓がん" は早期では自覚症状が少なく、約6割が手術不可能な進行がんの状態で発見される、"治療が困難ながん!" だからだそうである。 そのため、"予防と早期発見!" とが、他のいかなる悪性腫瘍に増して重要となってくるようだ。> ( 味の素 "血液検査"で膵臓がんリスク判定 早期発見!人間ドックのオプション検査開始!/当誌 2015.06.15


 今回注目する下記引用サイト記事翁長・沖縄県知事が手術...「すい臓がん」どんな病気?/yomiDr.ヨミドクター/2018.05.16 は、  <沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事が15日の記者会見で、すい臓がんが見つかり、切除する手術を受けたことを明らかにした。すい臓がんはどのような病気だろうか。  早期発見が難しい「沈黙の臓器」  すい臓は長さ20センチほどの左右に長い臓器で、胃の後ろにある。食べ物の消化を助けるすい液を作ったり、血糖値を調整するホルモンを作ったりするがんの9割以上は、すい液をすい臓から十二指腸に送るすい管にできる。  国立がん研究センターによると、すい臓がんによる年間の死亡者は肺、大腸、胃がんに次いで4番目に多い。体の深い所にあるすい臓は「沈黙の臓器」とも言われ、がんが発生しても症状が出にくく画像検査での早期発見も難しい。背中の痛みなどが表れた時には、周りの組織にがんが広がっているケースが少なくない。  がんの進行度を示すステージで、最も進行した4で見つかるケースが全体の4割を超える。全ての部位のがんを合わせた5年生存率が約6割なのに対し、すい臓がんは1割を下回る> と報じている。

 <......喫煙、糖尿病、肥満、慢性すい炎が発症に関係  翁長知事に発見されたのは、4段階で軽い方から2番目のステージ2だった。主な治療法は手術でがんを切除し、その後、転移や再発を抑えるために抗がん剤を使う。抗がん剤治療は数週間に1度の通院で行うことが多い。  周辺の血管に広がりがあるステージ3や、他の臓器への転移があるステージ4の場合は、手術でがんを切除しきれないので抗がん剤による治療が中心となる。  すい臓がんが起きる原因ははっきり分かっていないが、喫煙、糖尿病、肥満、慢性すい炎が関係しているすい臓に袋状の嚢胞(のうほう)がある人や、血縁のある家族にすい臓がん患者がいる人もリスクが高い。  国立がん研究センター中央病院肝胆膵(すい)内科の奥坂拓志科長は、「リスクが高い人は特に、超音波などの検査を定期的に受けてほしい」と話している> とある。

 翁長・沖縄県知事が手術...「すい臓がん」どんな病気?/yomiDr.ヨミドクター/2018.05.16

 沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事が15日の記者会見で、すい臓がんが見つかり、切除する手術を受けたことを明らかにした。すい臓がんはどのような病気だろうか。

早期発見が難しい「沈黙の臓器」

 すい臓は長さ20センチほどの左右に長い臓器で、胃の後ろにある。食べ物の消化を助けるすい液を作ったり、血糖値を調整するホルモンを作ったりするがんの9割以上は、すい液をすい臓から十二指腸に送るすい管にできる

 国立がん研究センターによると、すい臓がんによる年間の死亡者は肺、大腸、胃がんに次いで4番目に多い。体の深い所にあるすい臓は「沈黙の臓器」とも言われ、がんが発生しても症状が出にくく画像検査での早期発見も難しい。背中の痛みなどが表れた時には、周りの組織にがんが広がっているケースが少なくない

 がんの進行度を示すステージで、最も進行した4で見つかるケースが全体の4割を超える。全ての部位のがんを合わせた5年生存率が約6割なのに対し、すい臓がんは1割を下回る

喫煙、糖尿病、肥満、慢性すい炎が発症に関係

 翁長知事に発見されたのは、4段階で軽い方から2番目のステージ2だった。主な治療法は手術でがんを切除し、その後、転移や再発を抑えるために抗がん剤を使う。抗がん剤治療は数週間に1度の通院で行うことが多い。

 周辺の血管に広がりがあるステージ3や、他の臓器への転移があるステージ4の場合は、手術でがんを切除しきれないので抗がん剤による治療が中心となる。

 すい臓がんが起きる原因ははっきり分かっていないが、喫煙、糖尿病、肥満、慢性すい炎が関係しているすい臓に袋状の嚢胞(のうほう)がある人や、血縁のある家族にすい臓がん患者がいる人もリスクが高い。

 国立がん研究センター中央病院肝胆膵(すい)内科の奥坂拓志科長は、「リスクが高い人は特に、超音波などの検査を定期的に受けてほしい」と話している。


 <周辺の血管に広がりがあるステージ3や、他の臓器への転移があるステージ4の場合は、手術でがんを切除しきれない> のに対して、<翁長知事に発見されたのは、4段階で軽い方から2番目のステージ2だった> とある。 "切除手術" が可能であっただけに、今後の治療奏功が期待される...... (2018.05.17)













【 SE Assessment 】 【 プロジェクトα 再挑戦者たち 】








トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 翁長沖縄県知事が切除手術を受けた「すい臓がん」!早期発見が難しい「沈黙の臓器」!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://adhocrat.net/mt/mt-tb.cgi/4132

コメントする

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  














関連サイトへのリンク


  • 電子書籍(eBooks)制作にフォーカスしたサイト
  • 明けない夜はないことを確信するサイト
  • Green(地球環境改善)にフォーカスしたサイト
  • ソフトウェア技術者やSEのための評価と育成、人事考課制度を考えるサイト
  • さまざまな業種・業態でご利用可能なモバイル活用の予約システム!
  • 創作小説『海念と保兵衛』のサイト
  • 創作小説『かもめたちの行方』のサイト
  • 当ブログ推奨の商品を展示したAmazon ストアー!
  • 当AdhocBlogブログの過去のエントリー
  • 株式会社アドホクラット当時のサイト

★売れ筋! No.1!
家庭用"放射線測定器"

日本通信 bモバイルWiFi ルータ+1 ヶ月定額SIM BM-U300W-1M
価格:¥ 20,208
国内配送料無料 Amazon





このブログ記事について

このページは、yasuo hiroseが2018年5月18日 00:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は、
 「再発や転移の不安は抱えつつも、膵臓(すいぞう)がん手術を終えた"翁長知事" 退院!
です。

次のブログ記事は、
 「"口腔がん"の早期発見、予防策!高齢化に伴い徐々に増加!喫煙や飲酒控え口内確認を!
です。

最近のコンテンツは、
 インデックスページ
で見られます。

過去に書かれたものは、
 アーカイブのページ
で見られます。

年月別アーカイブ

最近のトラックバック