「治る認知症」を見つける事前検査(甲状腺機能低下の検査)、7割行われず!

| | コメント(0) | トラックバック(0)
      

 今回注目する下記引用サイト記事「治る認知症」見つける事前検査、7割行われず/朝日新聞 - apital -/2018.08.24 - 06:00 は、  <認知症と診断されて認知症が処方されたケースのうち、7割は学会が推奨している甲状腺の機能低下の検査を事前にしていなかったことが、医療経済研究機構などの調査でわかった。認知機能の低下が甲状腺機能の問題であれば認知症なしで改善が望める検査しなかったことで、本来は必要ない人に薬が処方された可能性がある> と報じている。

 <......アリセプトなど4種類の認知症アルツハイマー病などに処方される。ただ病気自体は治せず、症状の進行を抑えるだけだ。一方、認知症の中には脳の一部が圧迫を受けているなど、対処すれば大きく改善する例もあり、「治る認知症」と呼ばれている。  甲状腺の機能低下もその一つ血液検査で判別でき、ホルモン薬で治療できる。日本神経学会は指針で、治療可能な認知症を見逃さないよう、診断に際して検査を推奨している。  同機構の佐方信夫主任研究員らは2015年4月から16年3月にかけて認知症と診断され、認知症を新たに処方された65歳以上の約26万2千人を調べた。処方前に甲状腺機能の検査がどの程度されていたかを厚生労働省のデータベースでみたところ、32・6%にとどまっていた。専門施設の認知症疾患医療センターでは57%だったのに対し、診療所では26%だった。また高齢の患者ほど検査を受けていない傾向があった。  認知症とされた人の2・6%が甲状腺の機能が低下していたという海外の報告がある。こうした人は、本来なら不必要な認知症による吐き気などの副作用を受けるおそれがある。佐方さんは「甲状腺の機能が落ちると、疲労感や筋力の低下を招くこともある。検査をしなければ対処する機会も失われてしまう」と話す。  相模原市認知症疾患医療センター長代理の大石智(さとる)・北里大診療講師(精神科)は「本来なら、この検査は可能な限り全例で実施されるべきだ。いわゆる『治る認知症』かどうかの鑑別が不十分なまま、認知症が安易に処方されたと思われる例を多く経験するが、今回のデータはその実態を示しているのではないか」と話している> とある。

 治る認知症見つける事前検査7割行われず/朝日新聞 - apital -/2018.08.24 - 06:00

 認知症と診断されて認知症が処方されたケースのうち、7割は学会が推奨している甲状腺の機能低下の検査を事前にしていなかったことが、医療経済研究機構などの調査でわかった。認知機能の低下が甲状腺機能の問題であれば認知症なしで改善が望める検査しなかったことで、本来は必要ない人に薬が処方された可能性がある

 アリセプトなど4種類の認知症アルツハイマー病などに処方される。ただ病気自体は治せず、症状の進行を抑えるだけだ。一方、認知症の中には脳の一部が圧迫を受けているなど、対処すれば大きく改善する例もあり、「治る認知症」と呼ばれている

 甲状腺の機能低下もその一つ血液検査で判別でき、ホルモン薬で治療できる。日本神経学会は指針で、治療可能な認知症を見逃さないよう、診断に際して検査を推奨している

 同機構の佐方信夫主任研究員らは2015年4月から16年3月にかけて認知症と診断され、認知症を新たに処方された65歳以上の約26万2千人を調べた。処方前に甲状腺機能の検査がどの程度されていたかを厚生労働省のデータベースでみたところ、32・6%にとどまっていた。専門施設の認知症疾患医療センターでは57%だったのに対し、診療所では26%だった。また高齢の患者ほど検査を受けていない傾向があった。

 認知症とされた人の2・6%が甲状腺の機能が低下していたという海外の報告がある。こうした人は、本来なら不必要な認知症による吐き気などの副作用を受けるおそれがある。佐方さんは「甲状腺の機能が落ちると、疲労感や筋力の低下を招くこともある。検査をしなければ対処する機会も失われてしまう」と話す。

 相模原市認知症疾患医療センター長代理の大石智(さとる)・北里大診療講師(精神科)は「本来なら、この検査は可能な限り全例で実施されるべきだ。いわゆる『治る認知症』かどうかの鑑別が不十分なまま、認知症が安易に処方されたと思われる例を多く経験するが、今回のデータはその実態を示しているのではないか」と話している。
http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/ (編集委員・田村建二)


 いわゆる『治る認知症』かどうかの鑑別―― 甲状腺の機能低下の検査 ――が不十分なまま、認知症が安易に処方されたと思われる例> が少なくない、のだと...... (2018.08.26)













【 SE Assessment 】 【 プロジェクトα 再挑戦者たち 】








トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「治る認知症」を見つける事前検査(甲状腺機能低下の検査)、7割行われず!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://adhocrat.net/mt/mt-tb.cgi/4230

コメントする

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  














関連サイトへのリンク


  • 電子書籍(eBooks)制作にフォーカスしたサイト
  • 明けない夜はないことを確信するサイト
  • Green(地球環境改善)にフォーカスしたサイト
  • ソフトウェア技術者やSEのための評価と育成、人事考課制度を考えるサイト
  • さまざまな業種・業態でご利用可能なモバイル活用の予約システム!
  • 創作小説『海念と保兵衛』のサイト
  • 創作小説『かもめたちの行方』のサイト
  • 当ブログ推奨の商品を展示したAmazon ストアー!
  • 当AdhocBlogブログの過去のエントリー
  • 株式会社アドホクラット当時のサイト

★売れ筋! No.1!
家庭用"放射線測定器"

日本通信 bモバイルWiFi ルータ+1 ヶ月定額SIM BM-U300W-1M
価格:¥ 20,208
国内配送料無料 Amazon





このブログ記事について

このページは、yasuo hiroseが2018年8月26日 00:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は、
 「進化する"乳がん"治療!再発転移が早いトリプルネガティブのタイプも薬の治験始まる!
です。

次のブログ記事は、
 「新型がん治療薬「オプジーボ」3度目の値下げ 11月から!
です。

最近のコンテンツは、
 インデックスページ
で見られます。

過去に書かれたものは、
 アーカイブのページ
で見られます。

年月別アーカイブ

最近のトラックバック