心身の力が弱る「フレイル」!要介護の予備軍、早期発見を!「健康寿命」の延伸を!

| | コメント(0) | トラックバック(0)
      

 今回注目する下記引用サイト記事心身の力が弱る「フレイル」要介護の予備軍、早期発見を新潟大学大学院医歯学総合研究科 遠藤直人教授(整形外科学)/朝日新聞/2018.09.10 - 06:00 は、  <医の手帳・フレイル(1)  高齢者社会のいま、要介護や寝たきりでなく、他からの手助けを受けない自立した生活を送る「健康寿命」の延伸が望まれています。最近、「フレイル」が要介護や寝たきりの予備軍として注目されています> と報じている。

 <......フレイルとは「加齢によって予備能力が低下し、ストレスに対する回復力が低下した状態」です。つまり、身の回りのことを行う上で自立はしているものの、感染や骨折、手術などをきっかけに生活上の機能回復が十分にできない状態のことです。フレイルの方は場合によって、要介護や寝たきりになってしまいます。また、認知症や手術後の合併症をおこすリスクが高いことが知られています。  フレイルは健康な状態と要介護状態との間の中間的な段階で、いくつかの虚弱からなりたっています。主なものとして、身体的な虚弱(身体的フレイル)があり、加えて不眠やうつなどの精神・心理的な虚弱(精神・心理的フレイル)、社会福祉や支援不足などの社会的な虚弱(社会的フレイル)があります。また精神・心理的フレイルの中で認知機能の低下がある状態を認知的フレイル身体的フレイルの中で摂食嚥下(えんげ)機能低下をオーラルフレイルと言います。  身体的フレイルの診断としては ①体重減少(6カ月で2~3キロ以上の減少) ②疲労感(訳もなく疲れた感じ) ③生活活動量の低下(軽い運動や体操をしていない、週1回以上の定期的な運動はしていない) ④歩行速度の低下(1・0メートル/秒未満) ⑤筋力低下(握力、男性では26キロ、女性では18キロ未満)のうち、3項目以上当てはまる場合は「フレイル」1~2項目該当は「プレフレイル」と診断します。  フレイル高齢者は、地域在住高齢者の10%以上とも推測されています。フレイルは適切な介入により、健康な生活に回復することが見込まれるので、早く見つけることが大切です。  http://www.asahi.com/apital/healthguide/techou/ (新潟大学大学院医歯学総合研究科 遠藤直人教授(整形外科学))> とある。

 心身の力が弱る「フレイル」要介護の予備軍、早期発見を 新潟大学大学院医歯学総合研究科 遠藤直人教授(整形外科学)/朝日新聞/2018.09.10 - 06:00

 医の手帳・フレイル(1)

 高齢者社会のいま、要介護や寝たきりでなく、他からの手助けを受けない自立した生活を送る「健康寿命」の延伸が望まれています。最近、「フレイル」が要介護や寝たきりの予備軍として注目されています。

 フレイルとは「加齢によって予備能力が低下し、ストレスに対する回復力が低下した状態」です。つまり、身の回りのことを行う上で自立はしているものの、感染や骨折、手術などをきっかけに生活上の機能回復が十分にできない状態のことです。フレイルの方は場合によって、要介護や寝たきりになってしまいます。また、認知症や手術後の合併症をおこすリスクが高いことが知られています。

 フレイルは健康な状態と要介護状態との間の中間的な段階で、いくつかの虚弱からなりたっています。主なものとして、身体的な虚弱(身体的フレイル)があり、加えて不眠やうつなどの精神・心理的な虚弱(精神・心理的フレイル)、社会福祉や支援不足などの社会的な虚弱(社会的フレイル)があります。また精神・心理的フレイルの中で認知機能の低下がある状態を認知的フレイル身体的フレイルの中で摂食嚥下(えんげ)機能低下をオーラルフレイルと言います。

 身体的フレイルの診断としては ①体重減少(6カ月で2~3キロ以上の減少) ②疲労感(訳もなく疲れた感じ) ③生活活動量の低下(軽い運動や体操をしていない、週1回以上の定期的な運動はしていない) ④歩行速度の低下(1・0メートル/秒未満) ⑤筋力低下(握力、男性では26キロ、女性では18キロ未満)のうち、3項目以上当てはまる場合は「フレイル」1~2項目該当は「プレフレイル」と診断します。

 フレイル高齢者は、地域在住高齢者の10%以上とも推測されています。フレイルは適切な介入により、健康な生活に回復することが見込まれるので、早く見つけることが大切です。

http://www.asahi.com/apital/healthguide/techou/ (新潟大学大学院医歯学総合研究科 遠藤直人教授(整形外科学))

( ※引用者注 ―― 文意を損なわないよう留意して割愛しています。)

 フレイルとは「加齢によって予備能力が低下し、ストレスに対する回復力が低下した状態」です。つまり、身の回りのことを行う上で自立はしているものの、感染や骨折、手術などをきっかけに生活上の機能回復が十分にできない状態のことです。フレイルの方は場合によって、要介護や寝たきりになってしまいます。また、認知症や手術後の合併症をおこすリスクが高いことが知られています> とあり、いわば、要介護直前!の状態。 "予防医学" を標榜するのであれば、この時期への対応こそが望まれる...... (2018.09.12)













【 SE Assessment 】 【 プロジェクトα 再挑戦者たち 】








トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 心身の力が弱る「フレイル」!要介護の予備軍、早期発見を!「健康寿命」の延伸を!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://adhocrat.net/mt/mt-tb.cgi/4247

コメントする

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  














関連サイトへのリンク


  • 電子書籍(eBooks)制作にフォーカスしたサイト
  • 明けない夜はないことを確信するサイト
  • Green(地球環境改善)にフォーカスしたサイト
  • ソフトウェア技術者やSEのための評価と育成、人事考課制度を考えるサイト
  • さまざまな業種・業態でご利用可能なモバイル活用の予約システム!
  • 創作小説『海念と保兵衛』のサイト
  • 創作小説『かもめたちの行方』のサイト
  • 当ブログ推奨の商品を展示したAmazon ストアー!
  • 当AdhocBlogブログの過去のエントリー
  • 株式会社アドホクラット当時のサイト

★売れ筋! No.1!
家庭用"放射線測定器"

日本通信 bモバイルWiFi ルータ+1 ヶ月定額SIM BM-U300W-1M
価格:¥ 20,208
国内配送料無料 Amazon





このブログ記事について

このページは、yasuo hiroseが2018年9月12日 00:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は、
 「すぐに息切れ 何かの病気? 喫煙原因の「COPD」(慢性閉塞性肺疾患)の可能性 !?
です。

次のブログ記事は、
 「"膵(すい)がん"は健康長寿にとって脅威!がんの部位別で見ても、死亡数は増加傾向に!
です。

最近のコンテンツは、
 インデックスページ
で見られます。

過去に書かれたものは、
 アーカイブのページ
で見られます。

年月別アーカイブ

最近のトラックバック