iPS細胞から"小腸上皮細胞"を作製!小腸は薬剤を吸収/代謝するため"薬剤開発活用"も!

| | コメント(0) | トラックバック(0)
      

 今回注目する下記引用サイト記事阪大、iPSで小腸上皮細胞作製 薬剤開発に活用も/KYODO/2018.11.22 - 01:00 は、  <小腸の働きを持つ腸管上皮細胞を、人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作製することに成功したと、大阪大の水口裕之教授(分子生物学)らのチームが21日付の米科学誌電子版に発表した。小腸では、服用した薬剤が吸収、代謝されるため、薬剤開発へ向けた試験に活用できる可能性があるとしている> と報じている。

 <......チームは、マウスの小腸が形成される過程を参考に、小腸の腸管上皮細胞への分化を促す増殖因子や化合物の組み合わせを考案。人のiPS細胞から、腸管前駆細胞などを作製した後、小腸の働きを持つ腸管上皮細胞を作ることに成功した。作製効率は90%以上という> とある。

 阪大、iPSで小腸上皮細胞作製 薬剤開発に活用/KYODO/2018.11.22 - 01:00

 小腸の働きを持つ腸管上皮細胞を、人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作製することに成功したと、大阪大の水口裕之教授(分子生物学)らのチームが21日付の米科学誌電子版に発表した。小腸では、服用した薬剤が吸収、代謝されるため、薬剤開発へ向けた試験に活用できる可能性があるとしている。

 チームは、マウスの小腸が形成される過程を参考に、小腸の腸管上皮細胞への分化を促す増殖因子や化合物の組み合わせを考案。人のiPS細胞から、腸管前駆細胞などを作製した後、小腸の働きを持つ腸管上皮細胞を作ることに成功した。作製効率は90%以上という。


 人のiPS細胞から、腸管前駆細胞などを作製した後、小腸の働きを持つ腸管上皮細胞を作ることに成功> したことで、<小腸では、服用した薬剤が吸収、代謝されるため、薬剤開発へ向けた試験に活用できる可能性がある> とのことだ...... (2018.11.28)













【 SE Assessment 】 【 プロジェクトα 再挑戦者たち 】








トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: iPS細胞から"小腸上皮細胞"を作製!小腸は薬剤を吸収/代謝するため"薬剤開発活用"も!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://adhocrat.net/mt/mt-tb.cgi/4324

コメントする

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  














関連サイトへのリンク


  • 電子書籍(eBooks)制作にフォーカスしたサイト
  • 明けない夜はないことを確信するサイト
  • Green(地球環境改善)にフォーカスしたサイト
  • ソフトウェア技術者やSEのための評価と育成、人事考課制度を考えるサイト
  • さまざまな業種・業態でご利用可能なモバイル活用の予約システム!
  • 創作小説『海念と保兵衛』のサイト
  • 創作小説『かもめたちの行方』のサイト
  • 当ブログ推奨の商品を展示したAmazon ストアー!
  • 当AdhocBlogブログの過去のエントリー
  • 株式会社アドホクラット当時のサイト

★売れ筋! No.1!
家庭用"放射線測定器"

日本通信 bモバイルWiFi ルータ+1 ヶ月定額SIM BM-U300W-1M
価格:¥ 20,208
国内配送料無料 Amazon





このブログ記事について

このページは、yasuo hiroseが2018年11月28日 00:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は、
 「"パーキンソン病"治験1例目!iPS由来の神経細胞移植移植で、"がん化"防ぐ入念な工夫!
です。

次のブログ記事は、
 「心臓手術(肺動脈カテーテル手術)の患者死亡!京大病院で医療事故、60代女性!
です。

最近のコンテンツは、
 インデックスページ
で見られます。

過去に書かれたものは、
 アーカイブのページ
で見られます。

年月別アーカイブ

最近のトラックバック