"ゲル充填人工乳房"で"リンパ腫"見つかる、国内初!厚労省が注意!

| | コメント(0) | トラックバック(0)
      

 今回注目する下記引用サイト記事ゲル充填人工乳房でリンパ腫 国内初、厚労省が注意/KYODO/2019.06.07 - 22:29 は、  <がんで切除した乳房の再建や豊胸手術などで使う「ゲル充填人工乳房」が原因とみられるリンパ腫が国内で初めて見つかったと、日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会など関連4学会が7日、発表した。  国内ではアラガン・ジャパン(東京)の人工乳房が承認されており、厚生労働省は同日、使用前にリンパ腫のリスクについて患者に十分説明することなどを添付文書に記載するよう指示した> と報じている。

 <......学会などによると、患者は17年前に当時未承認だった人工乳房を入れる手術を受けた。現在もリンパ腫の治療中という。海外では今年4月以降、フランスやカナダなどで一部の人工乳房の販売が停止された> とある。

 ゲル充填人工乳房リンパ腫 国内初、厚労省が注意/KYODO/2019.06.07 - 22:29

 がんで切除した乳房の再建や豊胸手術などで使う「ゲル充填人工乳房」が原因とみられるリンパ腫が国内で初めて見つかったと、日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会など関連4学会が7日、発表した。

 国内ではアラガン・ジャパン(東京)の人工乳房が承認されており、厚生労働省は同日、使用前にリンパ腫のリスクについて患者に十分説明することなどを添付文書に記載するよう指示した。

 学会などによると、患者は17年前に当時未承認だった人工乳房を入れる手術を受けた。現在もリンパ腫の治療中という。海外では今年4月以降、フランスやカナダなどで一部の人工乳房の販売が停止された


 がんで切除した乳房の再建や豊胸手術などで使う「ゲル充填人工乳房」が原因とみられるリンパ腫が国内で初めて見つかった> とある。 <リンパ腫とは血液がんの1つで、白血球の中のリンパ球ががん化したもの>( リンパ腫(りんぱしゅ) )で、この <リンパ腫のリスク> のあり得ることが、いまさらのように警戒される...... (2019.06.09)













【 SE Assessment 】 【 プロジェクトα 再挑戦者たち 】








トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: "ゲル充填人工乳房"で"リンパ腫"見つかる、国内初!厚労省が注意!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://adhocrat.net/mt/mt-tb.cgi/4510

コメントする

2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            














関連サイトへのリンク


  • 電子書籍(eBooks)制作にフォーカスしたサイト
  • 明けない夜はないことを確信するサイト
  • Green(地球環境改善)にフォーカスしたサイト
  • ソフトウェア技術者やSEのための評価と育成、人事考課制度を考えるサイト
  • さまざまな業種・業態でご利用可能なモバイル活用の予約システム!
  • 創作小説『海念と保兵衛』のサイト
  • 創作小説『かもめたちの行方』のサイト
  • 当ブログ推奨の商品を展示したAmazon ストアー!
  • 当AdhocBlogブログの過去のエントリー
  • 株式会社アドホクラット当時のサイト

★売れ筋! No.1!
家庭用"放射線測定器"

日本通信 bモバイルWiFi ルータ+1 ヶ月定額SIM BM-U300W-1M
価格:¥ 20,208
国内配送料無料 Amazon





このブログ記事について

このページは、yasuo hiroseが2019年6月 9日 00:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は、
 「初期"大腸がんの目印"発見!便に含まれる細菌、検査法開発へ!(大阪大らチーム)
です。

次のブログ記事は、
 「高齢者ドライバー、ペダル踏み間違え事故! "股関節・筋力の衰え"なども一因!?
です。

最近のコンテンツは、
 インデックスページ
で見られます。

過去に書かれたものは、
 アーカイブのページ
で見られます。

年月別アーカイブ

最近のトラックバック