"感情"認識する脳部位(脳の「島皮質」という部分)を特定! 心の機能残す手術に応用も

| | コメント(0) | トラックバック(0)
      

 今回注目する下記引用サイト記事感情認識する脳部位を特定 心の機能残す手術に応用も/日本経済新聞/2019.06.12 - 09:34 は、  <他人の表情から怒りの感情を読み取る機能が、こめかみの奥にある脳の「島皮質」という部分にあることを発見したと、名古屋大の本村和也准教授(脳神経外科)、慶応大の梅田聡教授(認知神経科学)らのチームが12日までに、脳構造と機能の専門誌に発表した> と報じている。

 <......脳の中で多様な心の機能を担う部分が解明されていけば、手術の際にできるだけその部分を残し、手術後も感情を認知する力や感情の豊かさ、意欲などを保てるようになると期待される。  脳腫瘍の摘出手術では、途中で患者を一時的に麻酔から覚めさせ、会話をしたり手足を動かしたりしてもらいながら言語や運動にかかわる部分を特定し、機能を残す方法を取ることがある。  チームはこのような手術を受ける18人に協力を得て、手術中に目覚めた状態で、さまざまな表情の写真から感情を推測するテストを受けてもらった。その際、島皮質の前側に弱い電気刺激を与えると、微妙な表情からでも怒りの感情を読み取れることが分かったその部分を摘出した後は、怒りを認識する能力が低下したという。 〔共同〕> とある。

 感情認識する脳部位を特定 心の機能残す手術に応用も/日本経済新聞/2019.06.12 - 09:34

 他人の表情から怒りの感情を読み取る機能が、こめかみの奥にある脳の「島皮質」という部分にあることを発見したと、名古屋大の本村和也准教授(脳神経外科)、慶応大の梅田聡教授(認知神経科学)らのチームが12日までに、脳構造と機能の専門誌に発表した。

 脳の中で多様な心の機能を担う部分が解明されていけば、手術の際にできるだけその部分を残し、手術後も感情を認知する力や感情の豊かさ、意欲などを保てるようになると期待される

 脳腫瘍の摘出手術では、途中で患者を一時的に麻酔から覚めさせ、会話をしたり手足を動かしたりしてもらいながら言語や運動にかかわる部分を特定し、機能を残す方法を取ることがある

 チームはこのような手術を受ける18人に協力を得て、手術中に目覚めた状態で、さまざまな表情の写真から感情を推測するテストを受けてもらった。その際、島皮質の前側に弱い電気刺激を与えると、微妙な表情からでも怒りの感情を読み取れることが分かったその部分を摘出した後は、怒りを認識する能力が低下したという。 〔共同〕


 脳腫瘍の摘出手術> などで、<心の機能残す手術> が求められることは、ややもすれば想像しがたいのだが、<手術後も感情を認知する力や感情の豊かさ、意欲などを保てるようになると期待される> かららだという。 上記記事での <感情認識する脳部位を特定> が持つ意義は、まさにここにあるわけだ...... (2019.06.13)













【 SE Assessment 】 【 プロジェクトα 再挑戦者たち 】








トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: "感情"認識する脳部位(脳の「島皮質」という部分)を特定! 心の機能残す手術に応用も

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://adhocrat.net/mt/mt-tb.cgi/4514

コメントする

2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            














関連サイトへのリンク


  • 電子書籍(eBooks)制作にフォーカスしたサイト
  • 明けない夜はないことを確信するサイト
  • Green(地球環境改善)にフォーカスしたサイト
  • ソフトウェア技術者やSEのための評価と育成、人事考課制度を考えるサイト
  • さまざまな業種・業態でご利用可能なモバイル活用の予約システム!
  • 創作小説『海念と保兵衛』のサイト
  • 創作小説『かもめたちの行方』のサイト
  • 当ブログ推奨の商品を展示したAmazon ストアー!
  • 当AdhocBlogブログの過去のエントリー
  • 株式会社アドホクラット当時のサイト

★売れ筋! No.1!
家庭用"放射線測定器"

日本通信 bモバイルWiFi ルータ+1 ヶ月定額SIM BM-U300W-1M
価格:¥ 20,208
国内配送料無料 Amazon





このブログ記事について

このページは、yasuo hiroseが2019年6月13日 00:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は、
 「メタボ健診の実施率が低いなど、低調なら交付金減!政府、国保で自治体対象に!
です。

次のブログ記事は、
 「"がん細胞の遺伝子変異" 防ぐ仕組み、一端解明!がんの薬剤耐性化抑止(京大グループ)
です。

最近のコンテンツは、
 インデックスページ
で見られます。

過去に書かれたものは、
 アーカイブのページ
で見られます。

年月別アーカイブ

最近のトラックバック