京都大の医療用iPS細胞、提供先の研究機関で培養中に "遺伝子変異" が見つかる!

| | コメント(0) | トラックバック(0)
      

 今回注目する下記引用サイト記事京都大の医療用iPS細胞、提供先で培養中に遺伝子変異/yomiDr.ヨミドクター/2020.01.09 は、  <医療用のiPS細胞(人工多能性幹細胞)を研究機関に提供している京都大iPS細胞研究所は8日、提供先でiPS細胞を基に作られた細胞の一部から、がんにつながる可能性がある遺伝子の異常が見つかったことを明らかにした> と報じている。

 <......医療用iPS細胞は同研究所が2015年8月以降、計18の研究機関に提供している。うち少なくとも2機関が作った細胞の一部で、がんを抑制する遺伝子などに変異があった。もともとのiPS細胞には問題がなかったことを確認しており、提供先で培養中に変異が生じたとみられる。 iPS細胞に限らず、培養中の細胞に変異が起きるケースがあることは以前から知られていた移植前に細胞の遺伝子を検査し、問題がある場合は取り除いているため、移植を受けた患者や今後の医療応用に影響はないという。 同研究所の担当者は「安全に移植できる体制は整っている。懸念を 払拭 するためにも変異の情報を共有し、情報公開も検討したい」としている> とある。

 京都大の医療用iPS細胞、提供先で培養中に遺伝子変異/yomiDr.ヨミドクター/2020.01.09

 医療用のiPS細胞(人工多能性幹細胞)を研究機関に提供している京都大iPS細胞研究所は8日、提供先でiPS細胞を基に作られた細胞の一部から、がんにつながる可能性がある遺伝子の異常が見つかったことを明らかにした。

 医療用iPS細胞は同研究所が2015年8月以降、計18の研究機関に提供している。うち少なくとも2機関が作った細胞の一部で、がんを抑制する遺伝子などに変異があった。もともとのiPS細胞には問題がなかったことを確認しており、提供先で培養中に変異が生じたとみられる

 iPS細胞に限らず、培養中の細胞に変異が起きるケースがあることは以前から知られていた移植前に細胞の遺伝子を検査し、問題がある場合は取り除いているため、移植を受けた患者や今後の医療応用に影響はないという。

 同研究所の担当者は「安全に移植できる体制は整っている。懸念を 払拭 するためにも変異の情報を共有し、情報公開も検討したい」としている。


 iPS細胞に限らず、培養中の細胞に変異が起きるケースがあることは以前から知られていた> とある。 とするならば、<移植前に細胞の遺伝子を検査し、問題がある場合は取り除いている> という検査過程がより重要となってくる...... (2020.01.11)













【 SE Assessment 】 【 プロジェクトα 再挑戦者たち 】








トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 京都大の医療用iPS細胞、提供先の研究機関で培養中に "遺伝子変異" が見つかる!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://adhocrat.net/mt/mt-tb.cgi/4720

コメントする

2020年5月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            














関連サイトへのリンク


  • 電子書籍(eBooks)制作にフォーカスしたサイト
  • 明けない夜はないことを確信するサイト
  • Green(地球環境改善)にフォーカスしたサイト
  • ソフトウェア技術者やSEのための評価と育成、人事考課制度を考えるサイト
  • さまざまな業種・業態でご利用可能なモバイル活用の予約システム!
  • 創作小説『海念と保兵衛』のサイト
  • 創作小説『かもめたちの行方』のサイト
  • 当ブログ推奨の商品を展示したAmazon ストアー!
  • 当AdhocBlogブログの過去のエントリー
  • 株式会社アドホクラット当時のサイト

★売れ筋! No.1!
家庭用"放射線測定器"

日本通信 bモバイルWiFi ルータ+1 ヶ月定額SIM BM-U300W-1M
価格:¥ 20,208
国内配送料無料 Amazon





このブログ記事について

このページは、yasuo hiroseが2020年1月11日 00:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は、
 「「あおもり藍」に A型インフルエンザウイルス増殖防止効果!弘前大らが特許出願
です。

次のブログ記事は、
 「"傷少ないiPS細胞" 作製!赤血球のもと「赤芽球」を使い安全に (放医研)
です。

最近のコンテンツは、
 インデックスページ
で見られます。

過去に書かれたものは、
 アーカイブのページ
で見られます。

年月別アーカイブ

最近のトラックバック