NY、"抗体検査"で、低所得者が多く住む地域地域の陽性率、平均の2倍、43%に達した!

| | コメント(0) | トラックバック(0)
      

 今回注目する下記引用サイト記事NY、低所得地域で陽性43%も 抗体検査で平均の2倍/KYODO/2020.05.21 - 09:28 は、  <【ニューヨーク共同】 米東部ニューヨーク州のクオモ知事は20日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染歴を調べる抗体検査の結果、ニューヨーク市内の低所得者が多く住む地域で陽性率が最高43%に達したと明らかにした市内の平均約20%の2倍超市民の経済・社会格差が改めて浮き彫りになった> と報じている。

 <......低所得者地域で約8千人に実施した抗体検査の結果平均陽性率は27%。市北部ブロンクスは34%に達し、その中でも43%だった地域では、ヒスパニック(中南米系)の陽性率が56%を記録した。市南部ブルックリンでは、黒人住民の80%が陽性という地域もあった> とある。

 NY、低所得地域で陽性43%も 抗体検査で平均の2倍/KYODO/2020.05.21 - 09:28

 【ニューヨーク共同】 米東部ニューヨーク州のクオモ知事は20日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染歴を調べる抗体検査の結果、ニューヨーク市内の低所得者が多く住む地域で陽性率が最高43%に達したと明らかにした市内の平均約20%の2倍超市民の経済・社会格差が改めて浮き彫りになった。

 低所得者地域で約8千人に実施した抗体検査の結果平均陽性率は27%。市北部ブロンクスは34%に達し、その中でも43%だった地域では、ヒスパニック(中南米系)の陽性率が56%を記録した。市南部ブルックリンでは、黒人住民の80%が陽性という地域もあった


 その中でも43%だった地域では、ヒスパニック(中南米系)の陽性率が56%を記録した。市南部ブルックリンでは、黒人住民の80%が陽性という地域もあった> とあり、新型コロナウイルスの感染は地域一様に広がったのではなく、劣悪な環境と言うほかない "低所得者地域/黒人住民地域" などが色濃く染まっていたのだと...... (2020.06.09)













【 SE Assessment 】 【 プロジェクトα 再挑戦者たち 】








トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: NY、"抗体検査"で、低所得者が多く住む地域地域の陽性率、平均の2倍、43%に達した!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://adhocrat.net/mt/mt-tb.cgi/4877

コメントする

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        














関連サイトへのリンク


  • 電子書籍(eBooks)制作にフォーカスしたサイト
  • 明けない夜はないことを確信するサイト
  • Green(地球環境改善)にフォーカスしたサイト
  • ソフトウェア技術者やSEのための評価と育成、人事考課制度を考えるサイト
  • さまざまな業種・業態でご利用可能なモバイル活用の予約システム!
  • 創作小説『海念と保兵衛』のサイト
  • 創作小説『かもめたちの行方』のサイト
  • 当ブログ推奨の商品を展示したAmazon ストアー!
  • 当AdhocBlogブログの過去のエントリー
  • 株式会社アドホクラット当時のサイト

★売れ筋! No.1!
家庭用"放射線測定器"

日本通信 bモバイルWiFi ルータ+1 ヶ月定額SIM BM-U300W-1M
価格:¥ 20,208
国内配送料無料 Amazon





このブログ記事について

このページは、yasuo hiroseが2020年6月 9日 00:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は、
 「抗マラリア薬ヒドロキシクロロキン、新型コロナには効果なし! オックスフォード大
です。

次のブログ記事は、
 「世界成長率、コロナ収束期が左右!長期化ならマイナス8% 早期収束でもリーマン超え!
です。

最近のコンテンツは、
 インデックスページ
で見られます。

過去に書かれたものは、
 アーカイブのページ
で見られます。

年月別アーカイブ

最近のトラックバック