科学一般 の最近のブログ記事

 解熱鎮痛薬の「アスピリン」が、"大腸がん" を予防するのではないか、との研究については、これまでにも何度も注目されてきた。

 ◆ 参照 当誌過去の "大腸がん,アスピリン" 関連記事

 (1) 既存薬を別の病気の治療に活用する「ドラッグリポジショニング」の"効率化手法"開発!/当誌 2016.02.09

 (2) 解熱鎮痛薬の「アスピリン」の"大腸がん予防効果"を確かめる"7000人規模の臨床試験"!/当誌 2015.12.07

 (3) 既存薬"アスピリン"の低用量常用/長期間服用で"膵臓がん"リスク抑制という研究成果!/当誌 2014.07.03


 今回注目する下記引用サイト記事「アスピリンでがんリスク低下」に新根拠、米研究/時事ドットコム/2016.03.04 - 18:37 は、  <【マイアミAFP=時事】アスピリンを定期的に服用することで、主に大腸や胃などの消化管がん発症リスクが有意に減少するとの研究結果が3日、米国医師会(AMA)発行の医学誌「JAMA腫瘍学」に発表された。 研究は、アスピリンの使用で大腸内視鏡検査などのすでに確立されている予防的スクリーニング検査を代替するのではなく、補うようにすべきだと示唆している> と報じている。

 <......研究論文の主執筆者、米マサチューセッツ総合病院のアンドリュー・チャン氏は「これで多くの人々、特に心疾患予防といった(アスピリンを)定期的に服用する理由がある人々に、大腸がんのリスクを減らすためアスピリンの服用を検討することを推奨できる」と話す。  「アスピリンの使用が、スクリーニング検査で予防されると考えられる数に加えてかなり多数の大腸がん症例の予防につながると考えられること、そして、がんのスクリーニング検査に投じるべきリソースが不足している状況ではその恩恵はさらに大きくなる可能性があることを、今回の結果は示唆している」  定期的なアスピリン服用が大腸がん予防の助けになることは、これまでの研究でも示されていたが、あらゆる種類のがんに対するアスピリンの予防効果はそれほど明らかにされていなかった。  そこで研究チームは、看護師や医療従事者13万6000人近くを対象とする健康調査で収集された32年分相当のデータを分析した。  ■5年間の継続服用で効果  その結果、常用量または低用量のアスピリンを週に2回以上服用している人々は、アスピリンの定期的な服用を報告しなかった人々に比べて、あらゆる種類のがんの発症リスクが3%低いことが分かった。  アスピリンの予防効果は「標準錠剤を週に0.5~1.5錠または低用量錠剤を1日1錠、5年間継続して服用した後に現れた」と論文は指摘している。  アスピリンの使用は、大腸がんのリスクを19%、各種の消化管がんのリスクを15%、それぞれ減少させた。  論文によると、定期的なアスピリンの服用によって「米国で年間3万近くの消化管腫瘍を予防できる可能性がある」という。......  米国予防医学専門委員会は、多くの米国成人の大腸がんと心臓血管疾患を予防するために、アスピリンを推奨している。【翻訳編集AFPBBNews】 〔AFP=時事〕(2016/03/04-18:37)> とある。




















 患者数が多いと想定されるだけに、"変形性関節症" の治療法はさまざまに検討、開発されている。

 ◆ 参照 当誌過去の "変形性関節症" 関連記事

 (1) 根本的な治療法が無い"変形性関節症"!"遺伝子"投与で抑制!マウス実験で東京大チーム/当誌 2016.01.07

 (2) "幹細胞移植"で"変形性膝関節症"を修復させる再生医療の臨床研究開始!(東京医歯大)/当誌 2014.00.00

 (3) "中高年齢"泣かせの"変形性関節症"を早期発見する技術!特殊な顕微鏡で!(愛媛大院)/当誌 2015.03.17

 (4) 関節の欠損軟骨修復治療!鉄粉を取り込ませた"幹細胞"を磁石で患部に集め!(広島大)/当誌 2015.02.08

 (5) 将来的には変形性関節症の治療にも生かせる可能性がある"自家培養軟骨移植手術"成功!/当誌 2015.01.26


 今回注目する下記引用サイト記事抗菌力高めた人工関節を開発 手術後の感染症防ぐ効果期待/共同通信/2016.03.04 - 17:10 は、  <佐賀大と京セラメディカル(大阪市)は4日、酸化銀を表面に塗ることで抗菌力を高めた人工関節を開発し、製造販売する承認を厚生労働省から得たと発表した。 人工関節を埋め込む手術の後で起きる感染症を防ぐ効果が期待される。4月から佐賀大病院で患者に使ってもらい、感染症の防止効果がどの程度あるかを確かめる> と報じている。

 <......佐賀大病院の馬渡正明教授(股関節外科)は「感染症を起こしやすい糖尿病や肝機能異常の患者に使うことでリスクを減らすことができる」と話している。  加齢などで関節の軟骨がすり減り、歩いたり座ったりする際に強い痛みが起きる変形性関節症などが対象> とある。

 解熱鎮痛薬の「アスピリン」が、"大腸がん" を予防するのではないか、と思われるケースのように、"既存薬" が別の病気に対する "薬効" を発揮する例は少なくない。

 ◆ 参照 当誌過去の "大腸がん,アスピリン" 関連記事

 (1) 既存薬を別の病気の治療に活用する「ドラッグリポジショニング」の"効率化手法"開発!/当誌 2016.02.09

 (2) 解熱鎮痛薬の「アスピリン」の"大腸がん予防効果"を確かめる"7000人規模の臨床試験"!/当誌 2015.12.07

 (3) 既存薬"アスピリン"の低用量常用/長期間服用で"膵臓がん"リスク抑制という研究成果!/当誌 2014.07.03


 今回注目する下記引用サイト記事糖尿病治療薬メトホルミンに大腸がん予防効果
/財経新聞/2016.03.04 - 04:57
 は、  <横浜市立大学の研究グループは3日、糖尿病などの治療で用いられる薬剤のメトホルミンが、大腸ポリープ除去後に新規ポリープの発生を抑制することを確認したと発表した。世界初の報告で非常に注目されているという> と報じている。

 <......糖尿病の治療薬の1つメトホルミンの服用者は、非服用者と比べてがんの発生が低く、特に大腸がんに対して予防効果を示唆する報告が多数なされていた。同大の中島淳教授らのグループは、大腸ポリープを内視鏡切除しポリープがない状態になった患者を対象に試験を実施した。メトホルミンを服用すると、1年後の内視鏡検査で大腸前がん病変である腺腫の新規発生や再発率が、服用しない患者に比べ40%低下した。  薬剤を用いて疾病を予防する概念は「化学予防」と呼ばれている。大腸がんについては、アスピリンや非ステロイド性抗炎症薬などに予防効果はあるものの副作用もあることから、予防法として確立していない。化学予防薬に必要な条件として、副作用が少ないこと、服用しやすいこと、安価なことなどがある。メトホルミンはこの条件を全て満たす薬剤で、今後の大腸がん予防法の確立と大腸がんの克服が期待されるという。(阪木朱玲)> とある。

 "がん細胞を攻撃する治療としての放射線" が、それ以外の正常細胞や部位に悪影響を及ぼしてしまう副作用を、何とか抑えたいとする方法は既に開発されている。  "がん細胞だけを狙い撃ちする放射線治療「ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)」" がそれだ。

 ◆ 参照 当誌過去の "ホウ素中性子捕捉療法" 関連記事

 (1) "がん狙い撃ち"放射線治療="ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)"、実用化に向け最終治験!/当誌 2016.01.09

 (2) <がん細胞だけを狙い撃ちする放射線治療「ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)」を、顔や首にできる「頭頸(とうけい)部がん」の末期患者37人に行ったところ、半数以上でがんを消すことに成功したとの臨床研究結果を、大阪大や京都大などのチームがまとめた。29日から京都市で始まる日本癌(がん)治療学会で発表する。  BNCTは、がん細胞に取り込まれやすいホウ素化合物を点滴し、弱い中性子線を1時間ほど照射する。中性子を吸収したホウ素は核分裂して別の放射線を出し、がん細胞を内側から破壊する。ホウ素から出る放射線は細胞1個分ほどの範囲しか届かないため、正常な細胞を傷つけず、副作用は小さいとされる。......> ( "中性子線&ホウ素"でがん狙い撃ち!頭頸部末期患者,半数以上で腫瘍消失!"BNCT"療法!/当誌 2015.10.30


 今回注目する下記引用サイト記事がん細胞だけ狙い撃ち 国立がん研究センター、最新装置公開/日本経済新聞/2016.03.01 - 21:53 は、  <国立がん研究センターは1日、がん細胞だけをピンポイントで狙い撃つ最新の放射線治療装置を公開した。正常な細胞を傷つけず、副作用が少ないという。2017年3月ごろをメドに皮膚がんの一種である悪性黒色腫(メラノーマ)などを対象に臨床試験を始める計画だ。 最新の治療はホウ素中性子捕捉療法と呼ぶ。患者にホウ素を含む薬剤を投与し、がん細胞に取り込ませたうえ、加速器を利用して中性子を当てる> と報じている。

 <......中性子がホウ素にぶつかり、アルファ線とリチウム粒子が発生してがん細胞を内部から破壊する。正常細胞への影響はエックス線や陽子線、重粒子線を使う放射線治療よりも少ないとされる。  国立がん研究センターが導入した装置は、中性子を横からでなく上から当てるので、開腹手術中の患者にも照射できる可能性がある。皮膚がん以外にも応用が期待される。  ホウ素中性子捕捉療法は、日本では原子炉から出る中性子を使って研究されてきた。中性子の発生に使える小型の加速器が登場し、病院でも治療できる体制が整った。各地で臨床応用をめざす計画が進んでいる> とある。

 免疫細胞の一種である「T細胞」を、"活性化" させてがん細胞を攻撃させるアプローチは、これまでにも試みられている。

 ◆ 参照 当誌過去の "がん,免疫" 関連記事

  <ウイルスに感染した細胞やがん細胞などを攻撃する免疫細胞の一種「T細胞」を一度、人工多能性幹細胞(iPS細胞)にした上で、同じ能力を持つ「元気」なT細胞に再生させることに世界で初めて成功したと、東京大の中内啓光(ひろみつ)教授らのグループが発表した。このT細胞を患者の体に戻すことで、がんなどの新たな治療法につながる。......> ( 攻撃能力の落ちた"免疫細胞をiPS細胞に変えて増殖"!免疫細胞が若返り攻撃能力回復!/当誌 2014.00.00


 今回注目する下記引用サイト記事 :  は、  <大阪大学の岩堀幸太特任講師らは、外敵から身を守る免疫細胞がん細胞を見分ける能力を高め、密着させて集中的に攻撃する技術を開発した。がん細胞の表面にあるたんぱく質を目印に使い遺伝子操作する。肺がんのマウスを使った実験では、余命が2倍以上延びた識別に使うたんぱく質を変えれば、様々ながんに使えるという> と報じている。

 <......米ベイラー医科大学との成果。新しいがん治療法として5~10年後の臨床応用を目指す。  研究チームは免疫細胞の一種のT細胞を健康な人の血液から取り出し、がん細胞を識別するための情報が組み込まれた遺伝子を導入した。このT細胞には、がん細胞の表面に現れるたんぱく質とくっつく抗体ができた。  体内に戻すと、遺伝子を改変したT細胞はがん細胞に密着して攻撃するようになる。このT細胞が出す物質によって、他のT細胞が呼び寄せられ、多数ががん細胞を攻撃するようになり、治療効果が高まるという。  5匹のマウスに人間の肺がんを移植し、遺伝子を組み換えたT細胞を注射した。がんを移植したマウスは100日もたたずに死んでしまうが、注射されたマウスは最長で約200日生き続けた。  改変する遺伝子のがん細胞を識別する情報を変えれば、肺以外のがんにも使えるという> とある。

 近年のがん治療は、「個別化医療」へと向かっていると言われる。 患者から採取したがん細胞の遺伝情報を調べ、それぞれの患者に合った効き目の高い抗がん剤を選ぶ新しい治療法のことである。
 ◆ 参照 当誌過去の "遺伝子異常,個別化医療" 関連記事

 (1) "100種類の遺伝子異常"検査、患者に応じた治療へ!来年1月から臨床研究 (国立がん研)/当誌 2015.11.16
 (2) "遺伝子異常"調べ、"抗がん剤"選択!米で臨床試験へ!"別の臓器向けでも効く"可能性!/当誌 2015.08.03
 (3) 患者から採取したがん細胞の"遺伝情報"で各々の患者に合った"個別化医療"!(がん研セ)/当誌 2015.03.12


 今回注目する下記引用サイト記事抗がん剤、遺伝子調べ患者に最適化 北大病院4月に道内初導入/どうしんウェブ/2016.02.28 - 16:46 は、  <北大病院(札幌市北区、宝金清博病院長)が、がん患者が持つがん関連の遺伝子の変化を一度で網羅的に調べる「がん遺伝子検査」を4月から始めることが27日、分かった。個々の患者に最適な薬(抗がん剤)を探すことができる最先端の検査で、自分に効かない薬による治療で苦しむ患者には朗報だ。道内初の導入で、国内でも京都大、岡山大の両病院に次ぎ3施設目。遺伝子情報に基づく、がんの個別化医療が道内でも実現する> と報じている。

 <......27日に札幌で開かれた北海道癌(がん)治療研究会の学術講演会で、北大大学院の西原広史特任教授(探索病理学)が明らかにした。  がん細胞に起きる遺伝子の変化は、同じ部位のがんの患者でも人によって違いがある。一方で近年、どの遺伝子の変化に、どんな薬が効くのかが解明されつつある。遺伝子の変化を網羅的につかめれば、一人一人に最適な薬を見つけられる従来は自分に効かない薬とは分からずに治療を続け、治らないうえに副作用に苦しむケースもあった。  今回始めるがん遺伝子検査は、保険診療が適用されないため、自由診療となる見通しだ。北大病院は検査費をまだ公表していないが、京大病院は約88万円、岡山大病院は約100万円。  検査開始に合わせ、北大病院は専門の「がん遺伝子診断部」と「がん遺伝子診断外来」を新設する。検査対象はがん治療中や、がんと診断された患者ら。患者から取ったがん細胞を含む検体を、院内にある遺伝子解析の最新機器(次世代シークエンサー)で調べる> とある。

 つい先日、<24日、東海地方の病院に入院していた6歳未満の女児が臓器移植法に基づき脳死と判定された> という痛ましい出来事があった。

 ◆ 参照 当誌過去の "インフルエンザ脳症" 関連記事

  6歳未満、5例目の臓器提供=インフルエンザ脳症で脳死に/当誌 2016.02.24


 今回注目する下記引用サイト記事娘の臓器を提供した両親の手紙全文/yomiDr. ヨミドク/2016.02.26 は、上記関連記事"女児" の親御さんがしたためた、亡き娘さん宛ての手紙を紹介している。

 がんの発症に "遺伝子が関与" しているケースは決して少なくない。


 今回注目する下記引用サイト記事食道がん関与の遺伝子特定 大阪大チームが発表/共同通信/2016.02.26 - 21:19 は、  <日本人に多い食道がんの一種「食道扁平上皮がん」の発症には、特定の遺伝子の変化が関わっているとみられることを大阪大の森正樹教授(消化器外科)のチームが突き止め、26日発表した> と報じている。

 <......チームによると、食道扁平上皮がんは、日本人の食道がんの約9割を占める。遺伝子の働きを制御できる薬を開発することで、治療に役立てられる可能性があるという。  研究では、スーパーコンピューターを使い、食道扁平上皮がんを患う日本人約140人のがん細胞の遺伝子などを解析。細胞の増殖や死滅に関わる15種類の遺伝子が、健康な人の細胞とは異なるタイプに変化していた> とある。

 <筋線維の破壊・変性(筋壊死)と再生を繰り返しながら、次第に筋萎縮と筋力低下が進行していく遺伝性筋疾患>( ウィキペディア - 筋ジストロフィー )とされる "筋ジストロフィー" は、未だ根本的な治療法が確立していない難病であるが、新たな研究成果も蓄積されている。

 ◆ 参照 当誌過去の "筋ジストロフィー" 関連記事

 (1) "iPS細胞" 技術で、"初期の筋ジス病態"を体外でつくり出す!新薬開発に期待! (京大)/当誌 2015.08.22
 (2) 全身の筋肉が萎縮する"筋ジストロフィー"に朗報!"GーCSFたんぱく質"で萎縮抑制効果!/当誌 2015.04.19
 (3) 筋ジストロフィー治療に期待される"骨格筋幹細胞"には、二つの"マイクロRNA"が付加!/当誌 2014.08.18


 今回注目する下記引用サイト記事福山型筋ジス、糖に異常 治療薬開発に道、神戸大/共同通信/2016.02.26 - 02:00 は、  <全身の筋肉が徐々に萎縮する難病「筋ジストロフィー」のうち日本人に多い福山型は、細胞表面に特定の糖がないことが一因との研究結果を神戸大などのチームがまとめ、25日付の米科学誌電子版に発表> と報じている。

 <......チームはこうした糖の異常を改善する物質を見つけており、戸田達史教授(神経内科学)は「筋力回復や進行抑制につながる治療薬を開発できる可能性がある」と話す。  これまで福山型とその類似疾患は、糖が鎖状につながって細胞表面にある「糖鎖」の異常が原因だと分かっていたが詳しい仕組みは不明だった。  チームは人の細胞で糖鎖の構造を解析した> とある。

 がんは、患部の苦痛のみならず、様々な不安や心痛を呼び起こす。またそれらは、がん発症・治療の際に限らず、未然の段階から立ち現れており、現在のわれわれは、まさにがんとの総力戦さながらの関係を強いられていそうである。

 今回注目する下記引用サイト記事がん治療で不安に思うこと、「費用」「副作用」を抑えた1位は?/マイナビニュース/2016.02.24 は、  <医療情報調査研究会はこのほど、医療情報サイト「imedi(アイメディ)」上で実施した「がんの治療や予防」に関する調査結果を発表した。調査期間は2015年12月16日~2016年1月31日で、有効回答は1,097票。  「がんの早期発見のためにおこなっていること」を尋ねたところ、「定期的な検診」が598票で「とくになし」(499票)を上回った。  続いて「がん治療に関して不安に思うこと」を複数回答で聞くと、「転移」(475票)が最も多く、以下に「費用」(466票)、「副作用」(362票)が続いている。  がん予防のためにしていることを複数回答で聞いたところ、「食事に気をつけている」が452票で最多。次いで「禁煙」(343票)、「飲酒の制限」(285票)、「運動」(198票)となっている。「とくになし」という回答も125票あった> と報じている。

 <...... がん治療には、標準治療(手術・抗がん剤・放射線)のほかに、自分の免疫細胞を使ってがんを攻撃する免疫細胞治療などがある。そこで、「がんの標準治療以外の治療法」を知っているか尋ねると、「知っている」(545票)が最も票を集めた。「よく知っている」(216票)と合わせると、「知らない」(336票)より、知っている人の方が2倍以上多い結果となっている。  現在、がんを治療中の人が身近にいるか聞いたところ、「いる」の合計は657票(本人230票、友人知人199票、家族・親族228票の合計)だった。「いない」(440票)に比べて多くなっている。  「imedi」では、がんや生活習慣病などについて詳しい情報を発信している> とある。

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  














関連サイトへのリンク


  • 電子書籍(eBooks)制作にフォーカスしたサイト
  • 明けない夜はないことを確信するサイト
  • Green(地球環境改善)にフォーカスしたサイト
  • ソフトウェア技術者やSEのための評価と育成、人事考課制度を考えるサイト
  • さまざまな業種・業態でご利用可能なモバイル活用の予約システム!
  • 創作小説『海念と保兵衛』のサイト
  • 創作小説『かもめたちの行方』のサイト
  • 当ブログ推奨の商品を展示したAmazon ストアー!
  • 当AdhocBlogブログの過去のエントリー
  • 株式会社アドホクラット当時のサイト

★売れ筋! No.1!
家庭用"放射線測定器"

日本通信 bモバイルWiFi ルータ+1 ヶ月定額SIM BM-U300W-1M
価格:¥ 20,208
国内配送料無料 Amazon





このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち科学一般カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは、
 社会一般
です。

次のカテゴリは、
 電子書籍(eBooks)
です。

最近のコンテンツは、
 インデックスページ
で見られます。

過去に書かれたものは、
 アーカイブのページ
で見られます。

年月別アーカイブ

最近のトラックバック