ハードウェア の最近のブログ記事

 "グーグル メガネ型端末" の開発については、すでに昨年より報じられてきた。だが、"どんな使い勝手なのか" が今ひとつ不明であった。
 その全貌が、下記のとおり、グーグルによるビデオ映像で紹介された。


【 グーグル眼鏡Project Glassの使い方を紹介する映像 】( Google Glass


 この映像と、下記引用サイト記事:グーグル メガネ型端末の操作を公開/NHK NEWS WEB/2013.02.21 での紹介解説を併せると、ふーむ、ナルホド......と実感的に了解できそうな気がする。

 <右目の部分に取り付けられた小型のディスプレーで、インターネット上の情報を同時に見る仕組み/ カメラやマイクも搭載/ 利用者が、「オーケー、グラス」と声をかけると、メガネ型端末のディスプレーの右上に「写真を撮る」、「ビデオを録画する」といったメニューが表示され、これを声に出して命じることで、さまざまな操作ができる仕組み> なのだそうだ。

 "スマホ" のほかに、"こういうモノ( ウェアラブルコンピュータ! )が出回りはじめる" ことを知らないでいると、何かと社会現象にちぐはぐが生じる場面もありそうだ......。




















 米アップル株低迷で揶揄されている "アップル神話の揺らぎ(?)" の中、"Next iPhone" のターゲットが何になるのか? 株式市場関係者ならずとも興味がそそられる話題だ。
 どうも、"iPhone/iPad" のマイナーチェンジの路線以外に何に挑戦してくれるのか、が関心の焦点のようだが、そんな "好奇な" 視点で物されたのが、下記引用サイト記事:アップル、腕時計のような機器を試験的に開発中=関係筋/THE WALL STREET JOURNAL/2013.02.11 だと言うべきか......。

 <米アップルが、スマートフォン(高機能携帯電話、スマホ)の一部機能を備えた腕時計のような機器の設計に試験的に取り組んでいる/ 複数のさまざまな機能を備えた、アップルのスマホ「アイフォーン」と連動する機器を発売するのではないかと予想/ アップルはかねてより装着可能な機器の開発に取り組んでおり、センサーや関連技術の開発経験を有する人材を近年新たに雇い入れている> というのである。

 まだまだ "茫漠とした" 初期情報のようではあるが、記事を読むかぎり、<主に肉体的な活動の測定を目的とした......機器/ センサー......> というあたりに記者の目が向けられていそうだ。それで、<腕時計のような機器> と表現されているのであろうか......。

 ただ、これまでの "iPhone/iPad" の、そのフェイズが、もっぱら "他者とのコミュニケーション、情報交換" にあったことを思い起こせば、"Next" が、"我が身の身体的状態" からの "情報収集" だとしても一定程度頷けるものがありそうか。この時代、健康問題への不安と関心は否応なく高まってもいることだし......。
 いや、まだまだ何とも言えない段階だ......。

 
 意表を衝く変わった写真の撮影が行き着く先は、"空撮"(航空機[飛行機・ヘリコプター]等から撮影する写真・ムービー)ということになろうか。

 そこで "ラジコンヘリ" などの機材に期待が寄せられることになるわけだが、今、注目されているのは "クアッドコプター" という機体だそうだ。

 <クアッドコプターとは?
 4個のモーターでプロペラを回転させる、もっとも基本的なマルチコプターです。部品点数が少なく、構造が単純であることから、ホビー機体の多くはクアッドコプター形態です
 もっとも有名なのは、AR.ドローン(トイザらスなどでも販売)です。オモチャとして販売しているのですから、「安全か?」と問われれば...... 「オモチャは安全です」と答えます。
 AR.ドローン(初代)は、実測427g(手持ちの機体)です。バッテリー容量の関係からフライト範囲もある程度限定出来ます。発泡スチロールの機体ですから、衝突時の衝撃も十分軽減されます。重量は、安全と直結しているという良い例です。......
>( ZERO

 こうした "ホビー" が高じると、自分の思いのままに操れる "自作機" 作りへと行き着くものらしい。そして、そうしたニーズに応えての "キット" ベンダーも登場する。

 下記引用サイト記事:オープンソースの手のひらヘリ、予約受付中/WIRED/2013.02.08 は、きっとそうした "ホビースト/マニア" にとってはワクワクするメッセージであるに違いなかろう......。

 さまざまな分野で、"より効率的・効果的な指導" が求められている時代であろう。
 言うまでもなく、ベストな指導は良きトレーナーによる"マンツーマン"(一対一)指導であることは周知の事実だ。
 そんなことは分かっているが、問題はその "高コスト" であるに違いない。そこから、自助努力をアシストするような "トレーニングマシン" が手助け役を買って出ることになる。

 利用のあり方によっては、"トレーニングマシン" でも思わぬ効果が発揮されることもあろう。
 ただ、"マンツーマン"(一対一)指導と、"トレーニングマシン" による訓練との大きな違いは、後者が概して "リアルタイム""指導(フィードバック)" を苦手としている点なのかもしれない。

 人間の指導者であれば、注意深い観察に基づいて "その場でリアルタイム" の指摘がなされる。( "鉄拳" が浴びせられる "体罰" ばかりはノー・サンキューであるが......)
 "トレーニングマシン" でも、経過時間などの数値で警告してくれるわけだが、たとえば "間違ったフォーム" を、その場で指摘してくれるといった高度な指導はほとんど不可能だと考えなければならない。

 しかし、科学と技術の進化は、"トレーニングマシン" にも "知恵を授ける" 動きを示している。
 下記引用サイト記事:綴りや文法を間違うと振動で教えてくれるペン/WIRED/3013.02.07 は、そんな "好例" を示しているように思われる。

 <スペルミスや文字の形の間違いを、その場で書き手に振動で教えるペンが登場/ スペルミスや文字の形の間違いをリアルタイムで見つけて、その間違いを書き手に振動で教えることができるというペン/ 「カリグラフィー(書字)モード」では、書いている文字の形がおかしいとき、「綴りモード」ではスペルや文法の間違いを見つけて、スペルミスは1回、文法の間違いでは2回振動する

 着目したいのは、<このペンを使用すると、間違いがすぐその場でわかり、しかも指導者がいつもそばにいる必要がないので、短時間で書くことを学べるようになる> という点ではないかと思われる。
 <間違いがすぐその場でわかり>、その間違いを(振動で)即座に知らせるという仕組みこそは、今後のさまざまな "トレーニングマシン" のあり方を指し示しているはずである......。

 "トレンド予測" というものは、往々にして "技術的シーズ" から我田引水的に推測されるものが多い。そこでは、ユーザー側の "ニーズ" や "コスト負担" というリアルな事情が疎かにされがちだ。

 その点、下記引用サイト記事:コラム:2013年のIT業界、予想される3つのトレンド/WIRED/2012.12.30 は、推測する視点を "ユーザーニーズ/ユーザーコスト感覚" にでも据えているかのようで、思わず "そうかもしれない......" という頷きを誘う。

 予測されたIT業界2013年の3つのトレンドは以下の3つだとされている。

 1.<キンドルを50ドルに>

 2.<ネットブックの逆襲>

 3.<Siriなど音声操作機能に注目>

 1./2. は、ユーザーの "日常生活" 感覚、価格感覚に視座を据えたものである。

ずばりその価格は50ドル。この値段なら、たまにしか使わないかもしれないニッチな商品でも買ってもいいと思うだろう。学生も迷わず手を出せるはずだ

多くの機能にお金を払う必要はあるのだろうか/200ドル程度で実用的なノートPCが手に入るなら、1000ドル以上するPCの必要性についてもう一度考え直すことはあるかもしれない

 もちろん、価格設定だけがすべての問題ではないが、筆者は、"その点の解消" によって<日の目を見る>ばかりか、相応のトレンドが作り出されるのではないかと見ている。

 3. についても、ユーザーの "日常生活" に視点を据えて推察されている。
 "日常生活" での "役立ち方" への生活感覚からの関心である。

音声操作機能/音声技術が持つほぼ完璧な「口述筆記」能力に注目が高まるだろう。最も目立たない機能かもしれないが、日常生活では一番役に立つ

 往く年、2012年の "IT業界" は、アンドロイドも含めて "モバイル端末" が旋風を巻き起こしつつ、"製品価格" の "ダウンサイジング" を各社が競い合って追及したかのような印象を残した。
 こうなると、ますますユーザーの "日常生活" 感覚、価格感覚 は研ぎ澄まされざるを得なかったはずだ。
 だからこそ、この延長線上で "2013年のトレンド" を推測してみる視点には説得力があると思われるのだ。
 どうだろうか? もはや、良いモノでも "高額" であったなら目が背けられる、そんな "シビァ・トレンド" に突入してしまったのではなかろうか......。

 昨日の スマホ/PC/TVなどの"イヤホンジャック"から飛ばせる"ワイヤレス再生スピーカセット"!( 当誌 2011.12.22 ) に引き続き、スマホやタブレットをより楽しく活用できる "ワイヤレス・デバイス" の話題。( c.f. 過去にも注目したことがある。今回は、クリスマス商戦向けであろうか...... WiFi搭載周辺機器が熱い!? iOS/Android端末で直接DVDが見られるWiFi搭載DVDドライブ!( 当誌 2012.10.21 )

 手軽に携帯して活用できるのがメリットのスマホやタブレットであるが、"DVDビデオ/音楽CD" などのメディアについては、"リッピング" をしてメディア変換をしなければならなかったのがこれまでであった。
 しかも、<10月から施行された違法ダウンロードの法律により、たとえ自分で買ったDVDであっても違法扱いされてしまう>( 下記引用サイト記事 )という事情から、それも難しくなってしまった。

 そこで、注目に値するのが、下記引用サイト記事:日本初の無線LAN対応DVDドライブ、ロジテック「LDR-PS8WU2BKW」が面白い!/GQJAPAN/2012.12.20 が紹介するところの "無線LAN対応DVDドライブ、ロジテック「LDR-PS8WU2BKW」" だ。
 <入浴中や寝る前、自動車のなか>といった場面で、スマホやタブレットによって "DVDビデオ/音楽CD" を楽しみたいユーザには打ってつけの製品かもしれない......。

 ニューアィディアという製品でもなさそうだが、"ニーズの盲点" を衝いた興味をそそる製品だと思えた。
 下記引用サイト記事:エバーグリーン、スマホやPCからワイヤレスで再生できるスピーカ--2.4GHz帯を使用/CNET Japan/2012.12.21 の "ワイヤレス マルチメディア スピーカー(キット)「DN-82780」" である。

 IT 機器で "ワイヤレス" といえば "Bluetooth" 方式が一般的だが、如何せん "送信距離" の制約があり、キーボード/マウスなどでは使えても、距離を置いてコントロールしたいスピーカなどはムリのようだ。

 そこで、スマホ/PC/TVなどの "イヤホンジャック" に "小型発信器" を挿し込み、受信機付の離れた場所のスピーカで聴く "ワイヤレス再生スピーカセット" の登場ということになったわけだ。

 この製品のねらいは、やはり "iPhone・iPadやスマホ" をスピーカ・リモコンのようにして使うことだと思われるが、MP3プレーヤー/ゲーム機/ノートPC/TVなどさまざまな機器で使用可能となっている。

 スピーカと音源側機器の "イヤホンジャック" とをケーブルで直結させることもできたり、スピーカがバッテリーを内蔵しているため、電源の心配も不要。
 こう考えると、活用場面は結構いろいろとありそうだ......。



 とにかく、"秀逸なアイディア" だと感心させられる。
 詳細なスペックは定かではないが、プロモーション・ビデオを観るだけでも、"そうそう、こういうモノが欲しかった!"  と得心させられてしまう。
 技術を振り回すのではなく、"あったらイイのに! と思うニーズ/デザイア" をしっかりと消化(昇華)した製品コンセプトだと思えた。
 しかも、巷に溢れた "タブレット" を活用し、そのために "大量生産" をねらって "低価格化" を図ろうという算段だから、きわめて実直な "生産企画"< でもある。

 だが、この "製品" はまだリリースされているわけではない。いわゆる "支援資金募集中" の "製品企画/開発中" なのである。
 下記引用サイト記事:「格安な代理ロボ」になるタブレットスタンド/WIRED/2012.12.10 にあるとおり、
Revolve Robotics社は、支援サイト「Indiegogo」でKubi大量生産のための資金を募っている。1台を入手できる支援額は200ドルから250ドル
という開発中の段階なのだそうだ。
 タブレット価格を下回る価格でこの "製品" が入手できるとなれば、触手が動くこと必至! ではなかろうか......。

 これは "ものづくり(製造)" に限らないことだと思われるが、飛躍的なイノベーションの進展とインターネットの普及とにより、"誰もが" これまで専門的分野と見なされてきたさまざまなことが "できる" 、そんな環境となった。
 すでに、"ソフトウェア" のジャンルでは、高性能の "ITデバイス" と高性能かつ安価な "アプリ・ソフト" の登場、"オープンソース" の潮流、"プログラム" の "シェア" など、至れり尽くせりな環境となり、簡単なシステムであれば "誰もが" ソフト・システムを操れる時代となった。もはや、"プログラマ" や "ソフト業者" などは不要(?)とさえ感じられるほどの環境変化だ。

 そんな変化が、"ものづくり(製造)" のジャンルにも出現しつつあるとするのが、この間注目してきた "3D(三次元)プリンター" に象徴される "21世紀型のものづくり" とでも言うべきテーマである。

 そして、このテーマに脚光を浴びせたのがクリス・アンダーソン氏(『MAKERS―21世紀の産業革命が始まる』)であることは、昨日のエントリー( "MAKERS"/クリス・アンダーソン氏来日講演/session! "共創"が日本の製造業の課題か?!( 当誌 2012.11.20 ) )でも取り上げた。

 今日は、そのクリス・アンダーソン氏インタビューの模様を伝える記事誰もが「作り手」になれる時代、エンジニアの存在価値とは?~『MAKERS』著者クリス・アンダーソンに聞く【キーパーソンインタビュー】/ET エンジニア type/2012.11.12 )を取り上げることにした。
 内容のその骨子は、以下の5つ節の表題に集約されている。

■プロのエンジニアは「コミュニティの指南役」としての価値を持つように

■Square創業秘話に見る、オープンイノベーションで問われる資質

■「シェア」は新しい創作を生み出す原動力

■「意識的な実験」が、メイカーズの働き方を変える

■すべてのビジネス&クリエイティブのソースは好奇心である

 "ものづくり(製造)" に関し "誰もができる" 時代が到来しつつあるというわけだから、当然関心が持たれて良いのは、では、"ものづくり" のプロであるエンジニア(製造業者)たちはどうなるのか? であるに違いない。
 したがって、より注目すべき部分は、表題にある<誰もが「作り手」になれる時代、エンジニアの存在価値とは?>に見合った第一節、第二節となる。

 第一節では、先ず、<プロフェッショナルなエンジニアは何をやっているか。一言で言えば、コミュニティに参加するアマチュアの指南役です。/ プロとして学んできた開発のベストプラクティスをアマチュアエンジニアに教えたり、自分たちが研究した改善方法をコミュニティ内に発信したりするのです。>と語っている。

 ただし、本命は次の点にあるとされる点に注意したい。

プロフェッショナルなエンジニアが考えるべき問題は、イノベーションを「生む」フェーズにはない。むしろ求められているのは、さまざまなところで語られているイノベーションのアイデアを、「商品」に変えていくためのプロセスづくりだ

 ここから、全体の "山場" とも言える第二節の<■Square創業秘話に見る、オープンイノベーションで問われる資質>という課題が活きてくるわけだ。

 <これからのモノづくり=オープンイノベーション=コミュニティ内で共創(コ・クリエイト)>において、"プロフェッショナルなエンジニア" は "指南役" を果たして行くことになるのだが、<求められるのは、やはりマネジメントスキルだ/ プロとしてやっていくには先ほども話したようにコミュニティ内のオーガナイザーとしてメイカーズを導くことが問われる>と強調される。

 そして、<コミュニケーションスキルやリーダーシップ、コミュニティを活性化させる材料をきちんと準備する、といったようなソーシャルスキル>が、より強く求められるようになる、と。
 さらに続けて、以下のように鋭く、言明される。

21世紀型のイノベーションモデル~つまりオープンイノベーション~では、チームワーク、コミュニケーション、ソーシャル(=人とのつながり、かかわり)から新しいモノが生み出されていくので、自分の殻に閉じこもったままのギークは、今後チャンスが限定されていくと思います

 これらの洞察は非常に適切だと思える。というのは、"ものづくり" 以前に、すでに "ソフトウェア開発" のジャンルでは、ベテランのソフトウェア・エンジニアたちに、こうした資質( "ソーシャルスキル" )が求められてやまない現実に直面し続けているからなのである......。

 "インターネット" にせよ、"GPS" システムにせよ、その出自が "軍事" 領域にあったことはよく知られている。

 そして今、< 設計図となる3Dデータがあれば、立体物を簡単に製造できる「3Dプリンタ(三次元プリンタ)」>(下記引用サイト記事:「軍事用3Dプリンタ」が秒読み?ものづくり革命の波が米軍にも/YAHOO! JAPAN ニュース/2012.11.14 )が、その"軍事" 領域で注目を浴びている、という。

 <3Dプリンタなどが持つ「時間と場所に依存せず製造ができる」という特性>が、<銃器の部品を始めとした、戦場で必要となる様々な備品類を供給すること>に "打って付け" だというわけなのだ。

 しかも、昨日も強調したとおり、"3Dプリンター" の<"本領"(存在意義!)は、"パーソナル・ユース"( vs 大量生産)>=<パーソナル工作機械>という点なのであり、その "パーソナル・ユース" が "兵士" 個々人の臨機応変な行動と重ねられようとしている、という。
 <兵士が最前線で必要最低限の部品類の製造を行えることを目的>とした"3Dプリンター" が、今、フォーカスされ始めている、というのである。

 昨日の紹介記事( 携帯可能な"3Dプリンター"の動画!3Dプリンティングの実動作と、パーソナル化が納得!( 当誌 2012.11.15 ) )の<携帯可能な "3Dプリンター" >が、こうした "軍事的要請" と関係するのかどうかは別として、極めて "リアルな需要" と符合している点に関心がそそられるわけだ。

 下記記事によれば、

695ドル(約5万5千円)という安い価格で製造することができ、バックパックに入れて持ち運べるほどの大きさの3Dプリンタの開発>されているのだそうだ。

 もちろん、"IT 機器" 自体に善悪が塗り込められるはずはなく、進化を遂げる "3Dプリンター" を、<被災地支援などの分野で、「現場で最も必要なものを、最も適切なタイミングで供給する」>というユースウェアで活用すればよいだけだ。
 むしろ、"軍事" 領域で着目されるほどに、"3Dプリンター" という存在は、スピードを求める現代という時代環境にとって "存在価値" のある道具として位置づけられようとしている点に着目しておきたい......。

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  














関連サイトへのリンク


  • 電子書籍(eBooks)制作にフォーカスしたサイト
  • 明けない夜はないことを確信するサイト
  • Green(地球環境改善)にフォーカスしたサイト
  • ソフトウェア技術者やSEのための評価と育成、人事考課制度を考えるサイト
  • さまざまな業種・業態でご利用可能なモバイル活用の予約システム!
  • 創作小説『海念と保兵衛』のサイト
  • 創作小説『かもめたちの行方』のサイト
  • 当ブログ推奨の商品を展示したAmazon ストアー!
  • 当AdhocBlogブログの過去のエントリー
  • 株式会社アドホクラット当時のサイト

★売れ筋! No.1!
家庭用"放射線測定器"

日本通信 bモバイルWiFi ルータ+1 ヶ月定額SIM BM-U300W-1M
価格:¥ 20,208
国内配送料無料 Amazon





このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちハードウェアカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは、
 ソフトウェア
です。

次のカテゴリは、
 ユースウェア
です。

最近のコンテンツは、
 インデックスページ
で見られます。

過去に書かれたものは、
 アーカイブのページ
で見られます。

年月別アーカイブ

最近のトラックバック