Web の最近のブログ記事

 "3.11 東日本大震災" では、電話などの通常の通信手段が機能しなかった分、さまざまな "ウェブサービス" が緊急時向け通信手段として活用された。

 今回の "フィリピンを襲った台風30号"(「ハイエン」)による被害状況でも、そうしたことを思い出させるように、"緊急時向けウェブサーヴィス" が活用されようとしている
 下記引用サイト記事フィリピンを襲った超巨大台風「ハイエン」と、緊急時向けウェブサーヴィス/WIRED/2013.11.11 MON では、"Google Map" をベースとした "緊急時向けウェブサーヴィス" としての "Google Crisis Response" がフォーカスされている。

 <「 Google Crisis Response 」には、避難場所、病院、司令所などの場所を表示するクラウドソースのマップがあり、気象条件のオーヴァーレイもある。安否情報ページ等も紹介> とある。

 <※ 日本のGoogle クライシスレスポンスは、地震や津波、台風などの情報を一覧できるマップや、避難所、医療機関、給水拠点等をまとめた災害時ライフラインマップを掲載している> とあり、地域に対応した "気象情報" がタイムリー(リアルタイム?)に "オーヴァーレイ" されていて参照できるのは重宝するに違いない。

 もっとも昨今では、ソーシャル・ネットなどによるきめの細かいウェブ情報が普及したりしているので、ケースバイケースで活用することになりそうだ。

 いずれにしても、"緊急時" にこそ "ウェブサーヴィス" はその威力が発揮されて然るべきだと痛感する......。




















 家庭で、インターネットに接続する際、一般的には、複数ユーザーの利用を可能にするため "ルーター" という接続機器を介在させることになる。しかも、昨今では "タブレット" など "Wi-Fi" 機器も利用したいということで、"無線LANルーター" を利用するスタイルが多いかと思われる。

 確かに、"無線LANルーター" を介在させてのインターネット接続はいろいろな点で利便性が高い。こうした機器も、比較的安価で高性能であるため広く普及している。
 また、セキュリティに関しても、こうした "無線LANルーター" とその操作へのアクセスが、通常は家庭内に限られることもあり、まずまずの評価がなされてきた。

 ところが、思わぬ "落とし穴" が発覚した。こうした利用スタイルにおいて、"インターネット・プロバイダーに接続するID/パスワード" が盗まれ、悪用される、というケースが続発したというのである。

 問題は、ある種の "無線LANルーター" が "セキュリティ・ホール(ソフトウェアの欠陥)" を持っていたからだと判明した

 下記引用サイト記事家庭のネットIDなど悪用被害150件超/NHK NEWS WEB/2013.10.25 - 05:03 は、その "実情と対処法" について報じている。

 <一般家庭からインターネットに接続する際のIDやパスワードが盗まれ、銀行やゲーム会社などへのサイバー攻撃に悪用される被害が、ことしに入って150件以上に上っている/ 無線LANなどを利用するための機器の欠陥が悪用された/ 攻撃の対象となったのは、オンラインバンキングやゲーム会社など20社以上のサイトで、何者かが発信元を分からなくするため、盗んだ他人のIDを利用/ このIDが盗まれた原因のほとんどは、無線LANなどを使用するためのルーターという接続機器に搭載されたソフトウエアの欠陥/ 一部の機器に、外部からアクセスできる欠陥があり、ネット接続のIDなどが盗まれているという/ IDなどが盗まれた接続機器の大半は、東京のロジテック社が平成21年8月から去年11月まで販売した無線LANブロードバンドルーターと呼ばれる製品/ ロジテック社は、自社のホームページに該当する製品の型番などを掲載......

 なお、"ロジテック社のホームページ" には、"お詫びとお願い" というコンテンツが公開されている。

 心当たりがある場合には、早速の対応が欠かせない......。

 【 ※注. サイトが復旧できたため、昨日記載の分を掲載しておきます。

 "サイバー攻撃" は、今や "日常茶飯" となりかけている。ウェブ・コンテンツの改竄(かいざん)をはじめとして、"ID 情報" の漏洩(ろうえい) に至るまで、ニュースとならない日がないほどだ。

 そして、決して "他人事" ではない事象だというのが現実のようである。
 あまりこうした事は公表すべきではないのかもしれないが、実は、自分の別のサイトも、下記引用サイト記事:「ロリポップ!レンタルサーバー」に大規模攻撃--WordPressサイト4802件が改ざん/CNET Japan/2013.08.29 - 15:05 が伝えている "事件" の煽りを受けて、"一部の機能" が "打撃" を被ってしまった。自分の場合、今回の被害対象のメインである "WordPress" は使用していないにもかかわらず、"機能障害" を被ってしまった。

 それに気がついてからというもの、PCにかじりついて修復作業に当っているが、概ね、原因には見当がつき始めたが、まだ "修復" には至っていない。
 何分にも、"サーバ" の当事者である "ロリポップ" 側が、てんやわんやの状況であるため、思うように修復作業が進められないでいる。

 したがって、その当該サイト側の "ブログ更新" は "中止" に追い込まれた格好であるが、幸い、当サイトは無事であるため、これを記している状態だ......。

 <P.S.> 現状はご覧のとおり、このサイトは無事に復旧しました!

 現場に訪れたいとの衝動に駆られるのも現代人であれば、自らは動かずして臨場感のみは味わいたいとする "ものぐさ" なのも現代人
 自分のような "ものぐさ" 現代人にとっては、Googleの "ストリートビュー" ほど有難いものはない
 つい先日も、夜な夜な、かつて居住したことがある土地の付近を "ストリートビュー" で散策したりする。それはないのだが、かつての知り合いがその姿や顔を披露してくれたなら、さらに味わいがあるのに......、と手前勝手なことを思いながら......。

 「駕籠(かご)に乗る人担ぐ人そのまた草鞋(わらじ)を作る人」ということわざがあるが、"ストリートビュー" を呑気に楽しむ自分のような者がいるかと思えば、<全長1・2メートル、重さ18キロで、背負うと、15個のレンズが内蔵された撮影機>、<トレッカーと呼ばれる機材> を背負って黙々と歩く方もいらっしゃるわけですね。

 下記引用サイト記事:都心も軍艦島も撮影・無料公開 ストリートビュー奮戦中/朝日新聞/2013.07.26 - 16:45は、Googleの "ストリートビュー" の "裏方さん" を紹介していて、なるほどと感じ入った。
 これまでは、クルマ搭載の "撮影機材" のことしか頭になかったので、この<トレッカーと呼ばれる機材> を背負い込んだスタッフの涙ぐましい姿を見て、思わず "手を合わせて拝んでしまった" ものだ......。

 まだ判明していないが、今回の参院選ではその "投票率" の低さが懸念されている。
 いろいろと原因はあろうけれど、"税金の使い道" が今ひとつ国民一人一人の実感に結びつかない実情が災いしていると考えることも可能であろう。

 何せ、政治の実際は "予算" のあり方であり、つまるところ "税金の使い道" 如何だと表現することもできる。
 ところが、有権者各位にとって、自身の "税負担" が現状の政治においてどう使われているのか、それがなかなか実感できないという現状があるのは、言ってみれば理不尽! ではなかろうか?

 政権公約の履行云々という側面の判断基準もあるにはあるが、この側面の実態は今ひとつ分かり辛い。何しろ、あー言えば、こー言うといった、"口から先に生まれた政治屋たち" が相手では、まともな議論もあったものではないからだ。

 そこへ行くと、現状の "税金の使い道" がどうなっているのか、それが分かれば、現状の政治、現政権担当勢力の "素性" が良く分かると思われる。小学生たちの "通知表" に匹敵するのかもしれない......。

 こうした "一目了然" である "判断基準" の整備こそが、何をおいても注目されて良いと思われる。とかく、肝心なデータは隠したままで、"美辞麗句" を並べ立てれば通用すると信じている政治屋たちが横行する実情にあっては、"真実のデータ" が広く共有され、しかもそれが実感的に了解できる環境に向かって一つ一つ改善されなければならない。

 さて、今回取り上げる記事は、"国政レベル" の話ではなく、"地方自治体レベル" での "グッド・アィディア" という話題であるが、こうした環境が納得されて広がるならば、"口から先に生まれた政治屋たち" に、もうこれ以上勝手なことをさせないで済む! のかもしれない、と関心を寄せてみた。

 下記引用サイト記事:"税金はどこへ行った?"を広げよう/NHK NEWS WEB/2013.07.20 - 18:42 は、以下のように伝えている。

 <自治体に払った税金が具体的にどのように使われているのか、一人ひとりの年収に応じて調べることができるWEBアプリ"税金はどこに行った?"(Where Does My Money Go?)> が、注目を集めている。

 <"税金はどこへ行った?"とは、自分の年収を入力するだけで、自治体に納めた税金がどのような事業にいくら使われているのか具体的に分かるWEBアプリです。
 例えば、横浜市の場合、扶養家族がいる年収約600万円の人は、それぞれ1日当たり、▽健康や福祉に関する事業には約572円、▽子育てや教育に関する事業には約127円、▽経済や観光に関する事業には約107円が使われていることなどが分かります。
 このアプリは、自治体の予算の透明性を高めることで、税金の使われ方について市民が責任ある意見を持つための手助けにしてもらおうと、イギリスの団体「オープン・ナレッジ・ファウンデーション」が開発
しました。アプリの作成方法はインターネット上に公開され、ITの知識があれば誰もが自由にアプリを作ることができます。日本では、去年6月から導入され、横浜市や千葉市など22の自治体でアプリが作られています
> というわけだ。

 庶民が、文字通り "政治の主役" へとジワジワと成長していくことを外しては、政治の健全化が考えられない以上、こうした "基本的な政治データ" の "実感的共有化" への環境整備が地道に推し進められるべきであろう。

 "Nextスマホ" のデバイスとして、"ウェアラブル・デヴァイス(コンピュータ)" に注目が集まりつつある。

 グーグルが "メガネ型端末" に踏み込んでいるのはご案内のとおりだ。

 ◆参照 グーグルの"メガネ型端末"全貌が、動画ビデオ "How it Feels[through Glass]"で明瞭!( 当誌 2013.02.23 )

 これに対して、アップルが "腕時計のような機器" に入れ込む動きがあることもすでに知れ渡っている。

 ◆参照 "アップル、腕時計のような機器を試験的に開発中"?! Next iPhoneは"身体活動の測定"?( 当誌 2013.02.12 )

 アップル の "ウェアラブル・デヴァイス" 通称「iWatch」に関する情報は、まだ流動的な段階だと見受けられるが、それでも少しづつ相貌が明かされつつある。

 下記引用サイト記事:フル機能のiOS搭載「iWatch」、年内発売か/WIRED/2013.03.07 によれば、今回、そのデバイスに搭載される "OS" に関する新たな情報が浮上しているらしい。

 <興味深いことに、アップルはiWatchを稼働させるのにiPod nano用のOSを利用するのではなく、フル機能のiOSに手を加えることを選択したと聞いている。nanoはすでに腕時計サイズで、この大きさのデヴァイスを開発するには最高のスタート地点に思えたが、アップルは製品シリーズ全体に渡るiOSに賭けているのだ>と。
 ただ、その結果として、<バッテリー駆動時間の問題が設計チームの悩みの種>にもなっているらしい......。

 この最近、名立たる米企業が "組織的" と見受けられる "サイバー攻撃/ハッキング" を受けてきたことは周知の事実となっている。
 それらの企業とは、"Microsoft、Apple、Facebook、Twitter、The New York Times、The Washington Post、The Wall Street Journal" などのことだ。

 そして、今回、最新の事例として "Evernote" が標的となった。
 "Evernote" は、ウェブ上のコンテンツを手軽に記録できる点や、その記録データを種々のデバイスを跨って活用できる点などが魅力で、多くのユーザーに活用されている。

 自分も、そんな便利さに惹かれて愛用してきた。そして、今回、その "Evernote""サイバー攻撃/ハッキング" を受けたことから、同社が "全ユーザーのパスワードリセット" という一律対応策を採るに至り、その余波を被ることになった。
 この "一律対応策" をユーザーへの個別通知で一斉に実施したせいなのか、どうも、"パスワード変更" 作業がギクシャクして、自分の場合、ペンディング状態となってしまったのだ......。

 大したことではないが、こういう "実害(?)" に遭遇して、はじめて "サイバー攻撃/ハッキング" への腹立たしさが込み上げてきた、というのが実情なのかもしれない。
 他の名立たる米企業が受けて来た "サイバー攻撃/ハッキング" を他人事のように受けとめてきた自分ではあったが、小さいことではありながら "パスワード変更" 作業の手間とモタツキといった不快感が自身に降りかかってみると、突如として腹立たしくなってきたのだった......。

 しかし、"サイバー攻撃/ハッキング" に対する "腹立たしさ" は当然過ぎるほどに当然のことであるに違いない。単なる事故とはわけが違うからだ。むしろ、"悪意に満ちた不正な攻撃" に対して、涼しい顔をしている方が "おかしい!"......。
 とは言うものの、このネット世界を公然と覆い尽くすかのような相次ぐ "サイバー攻撃/ハッキング" という事態は、"異常さ" への憤りをも萎えさせる機能を果たしているかのようだ。ひょっとしたら、これもまたこの "組織的" 犯罪のひとつの狙いなのかもしれない......。

 Google は、その最新のブラウザ「Google Chrome 25」で "音声認識機能" のサポートを開始した。

 下記引用サイト記事:「Google Chrome 25」安定版がリリース--音声認識をサポート/CNET Japan/2012.23 によれば、次のとおりだ。

 <ユーザーは Chrome 25 内で自身の声を使って直接、電子メールを作成できる。マイクのアイコンをクリックして話し始めるだけでいい。話した言葉がテキストボックスに表示されるのを確認できるはずだ。話し終えたら、マイクのアイコンを再度クリックする> といった手順で、"音声入力" によるブラウザ操作への、その第一歩を踏み出したことになる。
 この手順での "デモンストレーション" が公開されているので、実際試してみた。ちなみに、以下のようなかたちで図説しておいた。
 Windows での "マイク設定" さえ整えておけば、下記のように、ブラウザ「Google Chrome 25」の上で、かなりスムーズに "音声認識機能" を活用すことができそうだ。

【 「Google Chrome 25」での音声認識のデモ手順 】




 Google は今、"音声認識機能" にどうも関心を向けているようである。( ニューラルネットワーク・アルゴリズム!
  ◆ 参照 グーグルが脳をヒントに音声認識を向上させた方法とは/WIRED/2013.02.20

 米アップルが、"腕時計のような機器" の開発に意を注いでいそうだ......、という記事に先日関心を向けてみた。

 ◆ 参照 "アップル、腕時計のような機器を試験的に開発中"?! Next iPhoneは"身体活動の測定"?( 当誌 2013.02.12 )

 ただし、そう書きながらも、何となく釈然としない気分に染まっていたことが否めないでいた。
 こうした記事に接した多くの "アップル・ファン" が、たぶん、同様の気分に浸されていたのではないかとも思う。
 アップルが、次に仕掛ける対象はそんな平凡なものではないはずだ! とばかりに。

 しかし、アップルが今迎えている状況は、そうした "われわれの素朴な期待" が託せるような "見通し" の良いものでもなさそうである。
 下記引用サイト記事:アップルも探る 「スマホの次」は何か? 産業部次長 中山淳史/日本経済新聞/2013.02.13 では、そうした "不透明さ" に焦点を合わせている。

 <スマホの次は何か。アップルでさえ、大問題である。
 先が見通しにくいのは、再定義の対象が枯渇しつつあるためでもある。iPodやiPhoneはラジカセや携帯電話をアップル流に作り直して成功した事例だ。すでにあるものの再創造はテレビ(が出たとして)でほぼ一巡し、アップルにとっても、他のメーカーにとっても未踏の領域を、これからは歩かなくてはいけなくなる
> と。

 こうした<未踏の領域>への挑戦はいつの時代も同じである! と開き直ることも可能ではあろうが、"未曾有" の "ピーク超え" をしたばかりのアップルにとっては、想像を絶する "キツさ" があるに違いなかろう......。
 で、少なくない者が思いを巡らせるように、<「スマホの次」は人と人のコミュニケーションを取り持つだけではないかもしれない>と、記事の筆者も、"インターネットがつなげる対象""人と人のコミュニケーション" 分野から目を転じて、"モノとモノ" の分野に着目しようとしている。

 <「インターネット・オブ・シングズ」と呼ぶ、人以外のあらゆるものとインターネットをつなげる構想/ つなげるのは、車や家、インフラなど何でもあり/ モノとモノが加わると、「次」の市場は5~10年で400億~500億台規模に膨張する可能性がある> とばかりに。

 しかも、 "ネットワーク" 自体 には、"利益が出せる可能性(?)" が見込める点から、<ネットワークを活用したビジネスモデルがますます求められていく> はずだと......。

 と言われたところで、今のところナルホドという実感が湧くには至らないのであるが、果たしてどんな展開が繰り広げられて行くのであろうか......。

 先日来、"Java" のゼロデイ脆弱性(CVE-2013-0422) と、これを狙った攻撃とが憂慮されている。
 それに対して、米Oracle Corporation は13日(現地時間)、"Java"のゼロデイ脆弱性(CVE-2013-0422)を修正する定例外のアップデート版の「Java SE 7 Update 11」を公開した。

 ところが、下記引用サイト記事:Java ゼロデイ脆弱性の最新修正プログラムに問題発覚/japan.internet.com/2013.01.19 によれば、

 <Java には依然として大きなリスクがある> という。

 <1月13日には、Oracle がパッチを公開したが、トレンドマイクロは、この緊急修正プログラムが不完全であること/ トレンドマイクロによると、この脆弱性には 2つの問題点が存在/ Oracle が13日に公開した緊急修正プログラムは、後者を修正するもので、[ もうひとつの ]findClass メソッドの脆弱性は、制限付きクラスの参照を取得するために依然として利用される可能性がある> とのことなのである。

 ちなみに、"Firefox" のブラウザを使っている自分の場合は、念のため、Java アプレットを無効にするには にしたがって、"Java プラグイン" を無効とする対処をすることにした......。

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  














関連サイトへのリンク


  • 電子書籍(eBooks)制作にフォーカスしたサイト
  • 明けない夜はないことを確信するサイト
  • Green(地球環境改善)にフォーカスしたサイト
  • ソフトウェア技術者やSEのための評価と育成、人事考課制度を考えるサイト
  • さまざまな業種・業態でご利用可能なモバイル活用の予約システム!
  • 創作小説『海念と保兵衛』のサイト
  • 創作小説『かもめたちの行方』のサイト
  • 当ブログ推奨の商品を展示したAmazon ストアー!
  • 当AdhocBlogブログの過去のエントリー
  • 株式会社アドホクラット当時のサイト

★売れ筋! No.1!
家庭用"放射線測定器"

日本通信 bモバイルWiFi ルータ+1 ヶ月定額SIM BM-U300W-1M
価格:¥ 20,208
国内配送料無料 Amazon





このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちWebカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは、
 Linux
です。

次のカテゴリは、
 ソフトウェア
です。

最近のコンテンツは、
 インデックスページ
で見られます。

過去に書かれたものは、
 アーカイブのページ
で見られます。

年月別アーカイブ

最近のトラックバック