東日本大震災 の最近のブログ記事

 病気や人の生命に関わるシビァな事象の調査数字は、額面どおり受け留めるべきではないかと思える。
 そんな調査数字で、最近、注目せざるを得なかったのが、<認知症:仮設暮らし リスク1.3倍!> であった。
 つまり、<東日本大震災後の仮設住宅での暮らしが、高齢者の認知症リスクを1・3倍高める可能性がある> という調査数字のことだ。

 ◆ 参照 1.
 ○ <東日本大震災後の仮設住宅での暮らしが、高齢者の認知症リスクを1・3倍高める可能性があることが、東北大の古川勝敏准教授(老年医学)の研究グループの調査でわかった/ 震災で家族を亡くしたり、外出や運動の機会が減ったりしたことが影響している/ 仮設住宅に暮らす65歳以上の700人を対象に、物忘れの度合いを検査/ その結果、36%にあたる252人に記憶力や判断力、計算力などの低下がみられ、「認知症か認知症予備軍の可能性がある」と判断/ 国内の認知症患者は、予備軍を合わせると高齢者の28%で、仮設住民に占める割合の方が上回っていた>( 認知症:仮設暮らし リスク1.3倍!/認知症:「本人の努力次第」(自己責任論)ではない!/当誌 2014.03.06 )

 ここでは、"認知症" 発症の原因の一般論を振りまわす遠回りよりも、<震災で家族を亡くしたり、外出や運動の機会が減ったりしたことが影響している> と "洞察" することの方が妥当ではなかろうか
 いや、そうした "洞察" ―― 状況直視と人間的想像力とに基づく洞察 ―― こそが、"脳、心" に関わる病気にあっては重視されて正解だと思える

 そして、ことほど左様に、下記引用サイト記事自殺者減少も震災関連は増加/NHK NEWS WEB/2014.03.13 - 11:48 が報じる "被災者の自殺" についても、もっと "現状への斟酌" ―― 状況直視と人間的想像力とに基づく洞察 ―― が必要なのではなかろうか......。

 <去年1年間に自殺した人は、前の年より575人減り、2年連続で3万人を下回りましたが、東日本大震災に関連する自殺は前の年より増えたことが分かりました/ 東日本大震災が影響したとみられる自殺は38人で、おととしより14人増加/ 福島県が10人増加して23人、宮城県が7人増えて10人、岩手県が4人減って4人、京都府では福島県から避難していた1人が自殺> とある。

 これに対し、<内閣府は、被災者の孤立を防止するとともに、避難先などでの心のケアの取り組みを引き続き進めたいとしています> とあるのは、そうあって欲しいと思うが、より切望したいのは、"将来にわたっての故郷の地に関する展望!" ではないかと思えてならない。被災高齢者たちが、心折れずに歩を進められる源は、"故郷の地の復興と永続!" 以外ではない、と思えるのだ......。

 ◆ 参照 2.
 ○ <いろいろな思いを禁じえないが、ちょうど昨夜観たTV番組 ( NHKスペシャル『無人の町の"じじい部隊"』2014年3月7日 午後10時00分~10時49分) で触発された印象 ―― 一言では表現できないのだが、心折れずに歩を進める......とでも言おうか ―― をとにかく心に留めておこうかと......>( 東日本大震災の被災3県 心的外傷後ストレス障害(PTSD)などの精神疾患今なお増加傾向!/当誌 2014.03.09 )




















 "地滑り" の恐さは、先日の台風26号による伊豆大島の "土石流被害" を思い起こしても明らかだ。
 そして、日本列島の各地には、集中豪雨に見舞われると"地滑り" が引き起こされる可能性の高い箇所が少なくないと指摘されてもいる。

 ところが、恐いのは "陸上の地滑り" のみならず、あまり知られていない "海底地滑り" もまた "大きな脅威" なのだそうだ。

 と言うのも、"津波の巨大化!" が、"海底地滑り" と呼ばれる現象によって引き起こされるからだ、という。
 しかも、現状では、"気象庁の津波警報" にせよ、公式的な "津波想定被害規模" にせよ、この "海底地滑り" による影響は未だ考慮されていないという実情なのでなおさらのことである。

 下記引用サイト記事東日本大震災、海底地滑りで津波が巨大化 岩手県沖に未知の発生源か/msn 産経ニュース/2013.11.25-09:00 は、こうした実情の危険を照らし出しているかのようである。

 <東日本大震災の津波が巨大化したのは、海底地滑りが一因だった可能性が浮上している。地震の揺れなどで海底の斜面が崩落する現象だ。日本を含む世界各地で過去の爪痕が見つかっているが、発生メカニズムや津波との関係は不明な点が多く、専門家は調査の必要性を訴えている

 <地滑りは地盤が馬蹄(ばてい)形に崩れることが多い。発生場所では海底が陥没し、崩れた泥が積もった場所は逆に盛り上がるので、海水が上下に動いて津波が起きる。津波はプレート境界地震だけでも発生するが、急激で大規模な地滑りが同時に起きると、地震の規模の割に大きな津波が押し寄せることになる

 <東日本大震災でも、海底地滑りが津波を巨大化させた可能性がある/ 大震災と明治三陸沖の津波発生メカニズムは関係があるのかもしれない。どちらも海底地滑りが津波を巨大化させた可能性がある

 <海底地滑りは大津波を招く危険性があるにもかかわらず、国の南海トラフ巨大地震の想定などには反映されていない/ 気象庁の津波警報は、地震波から津波の高さを計算して第1報を出している。海底地滑りによる津波増幅は初報段階では考慮できないため、予想津波高が過小評価される恐れがある

 いずれにせよ、<地質調査を進めて過去の地震や津波と関係する証拠をつかみ、津波の正確なシミュレーションや被害想定に生かしていくべきだ。想定外にすべきではない> ということであり、"海底地滑り" の影響を "被害想定に生かせ" ということになりそうだ......。

 台風30号の直撃で、"1万人超が死亡"か ?! とも推計されているフィリピン中部レイテ島は、今、目を覆うばかりの惨状に見舞われているという。

 ◆ 参照 猛烈な"台風30号"の直撃で、"1万人超が死亡"か ?! フィリピン中部レイテ島!( 当誌 2013.11.11 )

 下記引用サイト記事比台風:がれき街一面に 救助進まず治安も悪化/毎日新聞/2013.11.11 - 12:34 では、その "悲惨な実情" が、"人々の悲痛な生の声" によって浮かび上がっている。

 <「 海岸線から内陸に入っても建物がない。まるで津波に襲われたようだ/ ポールにしがみつき、ずっと祈り続けた。木にしがみつき、難を逃れた同僚もいた/ モールやスーパーマーケットで略奪が発生している。食料に換えるため、テレビなどすべてが奪われた/ 家族を失った悲しみや飢えで自分を見失いかけている人もいる。人々は暴力的になり、略奪に走っている/ 食料を探し、さまよい歩く人々の姿は、まるで映画のようだ 」

 足元にあるのは以下のような信じ難い現実......。

 <街は完全に破壊 ...... 一面のがれきの山と化し、収容されない遺体があちこちに/ 通信回線や道路網などが寸断/ 行政機能もまひ状態/ 被災者救助は難しい状況/ 救援物資の到着は遅れ、人々も殺気立っている/ 食料や飲料水の不足も深刻で、一部で商店からの略奪が起きるなど、治安が悪化/ 略奪に備え商店主が銃を構えて自衛する姿も......

 ほんの二三日前までは何事も無かった日常の街に、突如として立ち現れた "信じられない" 現実! <食料を探し、さまよい歩く人々の姿は、まるで映画のようだ> と呟く被災者の痛々しい心境が、生々しく伝わってくる......。

 日本政府や東京電力の "原発対応姿勢" が、国際的機関から "?(疑問符)" を突き付けられた格好で、いささか "恥ずべき" 事態かと思われる。
 "汚染水漏れ" 問題は、とかく困難な "技術的課題" のトラブルだとされても、"作業員の被ばく" 状況をめぐる問題は、"人道的課題" に類するものと受けとめられかねないからだ。

 下記引用サイト記事作業員の被ばく過小評価か 国連委指摘/NHK NEWS WEB/2013.10.13 - 04:43 は、次のように報じている。

 <放射線が人体に与える影響を分析する国連の機関――国連の原子放射線影響科学委員会――は東京電力福島第一原子力発電所の作業員の内部被ばく量について、日本政府や東京電力が実際より20%ほど少なく評価している可能性があるとして、今後、影響の全体像を把握するためにも継続して調べる必要があると指摘/ 被ばく量が多かった12人の状況を詳しく分析したところ、半減期が短く体内から比較的早く排出されるヨウ素133などの放射性物質について影響評価が行われていなかった

 こうした事実は、"被ばく量" による実害の影響もさることながら、作業員たちからの "信頼感" を損ないかねず、今後益々逼迫することが懸念される "作業員確保の課題" にも影を落とすことになりはしないか......。

 相変わらず、東電福島第1原発の "汚染水漏れ" 問題が続き、ほとんど "モグラ叩き" の状態となっている。

 その一つが、下記引用サイト記事 【 引用記事 1 】福島第1原発、作業員6人が汚染水浴びる=東電/REUTERS/2013.10.09 - 14:38 である。

 <現場にいた作業員6人が汚染水を浴びた/ ストロンチウム90などベータ線を含む放射性物質が1リットル当たり3700万ベクレル含まれていた。今回漏れた水も、同レベルの放射性物質が含まれるとみられる

 "人為的なミス" と見なされているものの、複数作業員が高濃度の放射性物質による "被ばく" の可能性が懸念されている見過ごせない状況だ。

 二番目の問題は、下記引用サイト記事 【 引用記事 2 】汚染水漏れ 腐食の隙間からか/NHK NEWS WEB/2013.10.09 - 04:51 が伝えるものであり、"汚染水タンク" に関する "杜撰な設計(?!)" へと注意を向けさせるものだと言わざるを得ないようだ。( ◆ 参照 汚染水漏れ「タンク、金かけず作った」協力会社会長証言!漏れは"関係者の口"からも!?( 当誌 2013.08.26 )

 <東京電力福島第一原子力発電所でタンクから300トン余りの汚染水が漏れた問題で、タンクの底のボルトを通す穴の2か所で、幅3ミリ程度の隙間ができていたことが分かりました。
 東京電力は、腐食が進んで隙間ができ、汚染水が漏れたとみてボルトでつなぐタイプのタンクをできるだけ早く別のタイプに替えたいとしています

 <福島第一原発には鋼鉄製の板どうしをボルトでつなぐタイプのタンクが300基余りあり、これらのタンクでは、同じようなトラブルが起きるおそれがあるとして、東京電力はボルトを使用せず、溶接するタイプのタンクにできるだけ早く替えたいとしています

 そして、三番目の問題は、下記引用サイト記事 【 引用記事 3 】福島汚染水:井戸から23万ベクレルの放射性物質を検出/毎日新聞/2013.10.08 - 12:47 が報じるもので、"地下水(=井戸)" はそのコントロールが難しいと考えられるだけに、かなり厄介な問題かと思われる。

 <東京電力は8日、タンクの北約20メートルの観測用井戸で、6日に採取した地下水1リットル当たり23万ベクレルの放射性物質トリチウムを検出したと発表した。300トンが漏れたのが8月19日に発覚し、調査を始めた9月8日以降で最高値

 問題視されるこうした現象がいまだにぞろぞろと発覚する事態を目の当たりにしてみると、想定されなければならなかった "万が一の原発事故" がまともには想定されていなかった実態、その点があぶり出されているかのようである......。

 "東日本大震災" や、不気味に想定されている "南海トラフ" などの "巨大地震" が、地下深くの "プレート境界" での "岩盤の動き" に深く関係していることは、次第に明らかになりつつある。
 つい先日も、これに関連して最近注目されはじめている "スロー・クエイク" についてのTV番組があった。

 <M9の巨大地震が発生、日本に甚大な被害をもたらすと恐れられている、南海トラフ。ひずみをためながら沈黙を続ける南海トラフが、実は、不気味な"予兆"を発していることが、最新の観測技術で明らかになってきた。地下深くのプレート境界で、岩盤が非常にゆっくりと動く、「スロー・クエイク」と呼ばれる現象だ。......>( MEGAQUAKEⅢ 巨大地震 南海トラフ 見え始めた"予兆"/NHKスペシャル/2013.09.01 放送

  "プレート境界" での "岩盤の動き" とは、じわじわと移動している "プレート" と "プレート" との間に生じる、いわゆる "ひずみ"(エネルギーのひずみ)によって引き起こされるものと考えられている。

 こうした "巨大地震" には、関東で想定されている "直下型地震" も、同じメカニズムのものと推定されているようだ。

 ◆ 参照 房総半島沖でマグニチュード8クラスの大地震の可能性! 300年間"ひずみ"が蓄積!( 当誌 2012.06.01 )

 ところで、このような "プレート境界" での "岩盤の動き" に関する "新たな調査分析結果" が公表された。

 下記引用サイト記事:巨大地震「隙間の水で岩盤滑りやすく」/NHK NEWS WEB/2013.10.08 - 04:21 によると次のとおりである。

 <おととしの巨大地震で地震を引き起こした東北沖を掘削調査した結果、プレート境界の岩盤が水を通しにくい性質だったことが分かりました/ 研究チームは、岩盤の隙間にある水が地震でずれ動いて発生した摩擦熱で膨張して滑りやすくなり、津波が大きくなったと分析しています

 つまり、"東日本大震災" の場合、<プレート境界の海底に近い比較的浅い部分では、摩擦熱で岩盤の隙間にある水が膨張して滑りやすくなり、大きくずれ動いて津波が大きくなった> というのである。

 この "メカニズム" における要点は、<プレート境界の岩盤が水を通しにくい性質> という点だと理解されそうだが、そうだとすれば、ほかに想定されている "巨大地震" の "岩盤" はどうなのか、それが気になるところとなろう......。

 "小学生用算数の教科書の図" のような解説図 ( 下記引用サイト記事:汚染水流出:傾斜知りつつ設置 東電の貯蔵タンク/毎日新聞/2013.10.04 - 02:12 )を目の当たりにしていると、実に "情けない気分" に襲われる......。
 「どこがヘンだったか分かる人は手を挙げて」 と質問する教師の声までが聞こえてきそうだからやり切れない......。
 それほどに、"分かり切った道理!" ではないかと思えるのである。

 <東京電力福島第1原発の貯蔵タンク......から汚染水が漏れた問題で、東電は3日、タンクの設置場所に傾斜があることを把握しながら設置していたことを明らかにした/ 「計画に甘さがあったと言わざるを得ない」と陳謝/ タンクは、事故直後の2011年4月に設置/ 地盤は、海のある東側に向かって傾いている/ 少なくとも13センチ傾いていた。水位計は5基のうち、一番地盤の高い西側のタンクしかついていなかった

 ここまで来ると、以下のような発言に共感せざるを得なくなる。

 <場当たり的な対応ばかりで、本当に真剣になって汚染水問題を考えているのか/ 『またか』という感じでコメントする元気もなくなる。再三、落胆させられることで、帰還の意欲がそがれてしまう。段々前に進んでいるというより、むしろ後退している印象だ

 かと言って、"汚染水流出問題=原発問題" に解決策が無いというのではなく、この "不信感の雪だるま化!" 状態に対する "小奇麗な落とし所" なんぞは無かろう、ということなのである。もはや、<場当たり的な対応> なんぞが出る幕ではなくなっているということなのではなかろうか。
 すでに、汚染水問題に頭を悩ませる政府や東電にとっての「切り札」対策と位置付けられた装置( 汚染水から放射性物質を減らす「多核種除去装置」/アルプス )でも "不具合停止" 現象が続発しているとも言われている......。

 国際舞台( 国際オリンピック委員会[IOC]総会 )で、安倍首相が "切った大見得" ! どうせ、こんなことではないかと思っていたが、やはり "官僚作文" の "読み上げ" 以外ではなかったようだ。

 下記引用サイト記事:安倍首相「0・3平方キロはどこ?」/現地視察の際、東電幹部に/範囲知らず発言か/共同通信/2013.09.21 - 12:14 は、そうした事実を "淡々と報じて" いる。

 <東京電力福島第1原発の汚染水問題をめぐり、安倍晋三首相が19日に現地を視察した際、放射性物質による海洋への影響が抑えられていると説明する東電幹部に、「0・3(平方キロ)は(どこか)」と尋ねていたことが20日、分かった
 首相は東京五輪招致を決めた国際オリンピック委員会(IOC)総会で「汚染水の影響は港湾内0・3平方キロの範囲内で完全にブロックされている」と説明していたが、実際の範囲がどの程度か理解しないまま発言していた可能性がある


 東電の<小野所長は港湾出口に灯台があることを示しながら広さを説明> とあるが、ふと、「灯台下(もと)暗し」ということわざを思い起こすのは私ばかりではなかろう......。

 どうして、このような "税金のムダ遣い!" × "弱者作業員いじめ!" × "復旧作業遅延!" に対して、国は "ビシッとした有効な対策" を講じることができないのか?! いわゆる "ブラック企業" そのものではないか!

 "汚染水処理" 問題での "ダラダラぶり" を嫌と言うほどに見せつけられている国民にとっては、皮肉なことに、特別の違和感も催さず、ただただ「ここでも、またか......」という思いとさせられるだけかもしれない。

 しかし、そう突き放したことを言っていられないのが、"原発事故汚染除染作業" であろう。と言うのも、多分、"この作業" は今後、"廃炉" 作業をも見渡すならば、これから何十年も継続することになりそうだからである。

 ややもすれば、この "ダーティな現象" は、"民間の悪徳業者による仕業" だとして片付けられかねない。しかし、果たしてそれで済むことであろうか?
 むしろ、原発事故の復旧/復興に責任を持つ国、政府が、より効果的な "除染作業" を追及する方針から、これを妨げて余りある "ダーティな現象" を排除するのがスジではなかろうか。

 下記引用サイト記事 【 引用記事 1 】:除染賃金「中抜き」横行 国の手当は形骸化/河北新報社/2013.09.22 - 日曜日 は、"「中抜き」横行" の実態を報じている。

 <東京電力福島第1原発周辺の国直轄除染地域は放射線量が高いため、通常の賃金に加えて国から1日1万円の特殊勤務手当(除染手当)が支給されるにもかかわらず、それ以外の市町村担当地域と比べると、作業員の平均日給の差額が4500円しかないことが21日、福島労働局への取材で分かった。/ 業者側は手当を支払う一方で賃金を引き下げて事実上の「中抜き」を続けているとみられ、除染手当が形骸化している実態> だという。

 また、下記引用サイト記事 【 引用記事 2 】:福島の作業員 線量知らずに除染 被ばく量も通知なし/東京新聞/2013.01.18 は、幾分古い記事ではあるが、"「中抜き」" に加えて、"安全管理規則に違反" という事実も潜伏している実態を報じている。

 <国直轄の除染事業で、受注した業者の一部が、作業員らに現場の放射線量や被ばく線量をきちんと伝えていない実態が、本紙の作業員らへの取材で分かった。除染作業は被ばくの危険を伴うため、適切な安全管理が不可欠だが、現場の実情は、国の規則に違反しているだけでなく、作業員の健康への影響が懸念される> と。

 こうした "実態" が、きちんと国民に伝わっていたならば、聡明な国民は、この "杜撰さ!" を厳しく批判するに至ったことかとも思われる。如何せん、"政府広報誌!" となり果てしまった主要メディアは、"アベノミクス万歳" ばかりを垂れ流してきたのが実情だった......。

 最初に、下記引用サイト記事 【 引用記事 2 】:東電 海のセシウム濃度を2年近く低く公表/NHK NEWS WEB/2013.09.14 - 04:10 に注目しておいた方がよさそうだ。

 <東京電力は、福島第一原子力発電所の近くの海で、2年近くにわたって放射性セシウムの濃度を誤った方法で測定し、実際より低く公表していたことが分かりました/ 原子力規制庁の職員に指摘され正しく測り直した結果、公表していた値は、1リットル当たり実際より数ベクレル程度低かったことが分かりました

という信じ難い事実である。

 その事情を、<東京電力は「測定時に周辺の放射線の影響を誤って見積もったために正しく測れていなかった」と説明> しているとのことだ。
 ここは、<「初歩的なミスだ」> とする "会合に参加した専門家" の言葉を了解しておくが、"情報コントロール" ではなかったのか? という疑義の念が打ち消し難く残るのも事実だ......。

 ことほど左様に、"東京電力福島原発の "汚染水" 処理問題" は、今や "不信と疑惑の坩堝" と化している......。

 そして、こうした "不信と疑惑" の思いが、あたかも "逆撫でされる" かに響いたのが、安倍晋三首相のあの公式発言、「状況はコントロールされている」だったわけだ。
 というのも、"東京電力福島原発の "汚染水" 処理問題" のリアルな現状からすれば、この発言こそは、"情報コントロール" 以外の何ものでもなかったからだ。
 下記引用サイト記事 【 引用記事 1 】:安倍首相と東電幹部、汚染水制御の認識でズレ 衆院は閉会中審査へ/日本経済新聞/2013.09.14 - 00:16 は、公式的な "東京電力による現状認識" を報じることによって、根拠希薄であった "安倍首相発言" 内容との "ズレ!" を浮かび上がらせている。

 <東京電力の山下和彦フェローは13日、福島県郡山市で開いた民主党の会合で、福島第1原子力発電所の汚染水漏れについて「コントロールできていない」と説明した。「状況はコントロールされている」と明言していた安倍晋三首相とは異なる現状認識ともいえ、菅義偉官房長官が記者会見で釈明に追われた......

 "安倍首相発言" は、"五輪の東京招致実現" に向けたパフォーマンスだったのだから......、という「嘘も方便!」的な寛容な解釈を採る人が少なくないことも想像できる。
 しかし、要するに、"ファウルボール" ではなかったかという疑念が打ち消せない......。そして、その向こうに見え隠れしている政権運営に絡む "情報コントロール" の動きが気にならざるを得ない......。

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  














関連サイトへのリンク


  • 電子書籍(eBooks)制作にフォーカスしたサイト
  • 明けない夜はないことを確信するサイト
  • Green(地球環境改善)にフォーカスしたサイト
  • ソフトウェア技術者やSEのための評価と育成、人事考課制度を考えるサイト
  • さまざまな業種・業態でご利用可能なモバイル活用の予約システム!
  • 創作小説『海念と保兵衛』のサイト
  • 創作小説『かもめたちの行方』のサイト
  • 当ブログ推奨の商品を展示したAmazon ストアー!
  • 当AdhocBlogブログの過去のエントリー
  • 株式会社アドホクラット当時のサイト

★売れ筋! No.1!
家庭用"放射線測定器"

日本通信 bモバイルWiFi ルータ+1 ヶ月定額SIM BM-U300W-1M
価格:¥ 20,208
国内配送料無料 Amazon





このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち東日本大震災カテゴリに属しているものが含まれています。

最近のコンテンツは、
 インデックスページ
で見られます。

過去に書かれたものは、
 アーカイブのページ
で見られます。

年月別アーカイブ

最近のトラックバック