青空文庫形式 の最近のブログ記事

 "iTunes" を使わずに "iPad/iPhone/iPod touch" とPC間での "やりとり" をする、その実情の幅を一応確かめておこうとしている。まあ特に強い動機があるわけでもない。強いて言えば、"電子書籍" 制作プロセスで、ストレスも伴いながら "iTunes" を使わないで、もっとスムーズな同期・転送方法はないものか、という思いがあるからなのかもしれない。

 昨日は、"i-FunBox" や "CopyTrans Manager" などのフリーソフトの吟味をしてみたわけだが、"音楽・ビデオ・Photo" をターゲットとしているようで、"電子書籍( ePub,PDF )" の同期・転送は結局難しそうな感触を得た。
 今のところ、"自前、在野(?)" の "電子書籍( ePub,PDF )" を、"iTunes" を通さずに "iBooks" に収めようとすると、"Android" でも同様であるが、ネットのブラウザを通して、サイト上の "電子書籍( ePub,PDF )" ダウンロード設定箇所からダウンロード=インストールを実行する以外になさそうである。よんどころない場合にはそうするとしても、この環境設定をするのもまた面倒なことではある......。

◆ 参照 問題は、自分のWebサイトから"ePub電子書籍の配布"を可能とする"サーバ設定"か!( 当誌 2011.04.09 )




















 今、あちこちで "見える化" という言葉が飛び交っている。下手な文章、要領を得ない文章で濁された観念やイメージは、まさに "視覚的イメージ" によって "見える化" がなされて当然だと思っている。
 そんなことを考えてみると、現代で、もはや成り立ちにくくなっている "小説" なぞこそ、この "見える化" アプローチによって存分にサポートされて良いのではないかと、マジに思ったりする......。
 新聞や雑誌の小説で、もし気が利いた "挿絵" がなかったら、誰がこんなアホくさい文章を読むものかと思わされる水準のものもないではない。目に飛び込んでくる印象的な "挿絵" が、読み手側の "イメージ受け容れ態勢" とでもいうものを醸成してくれ、それゆえに、説得力のない文章でもどうにか沁み込んでくるということが、往々にしてある、あり過ぎるということである。

 "日本語 ePub 電子書籍" で、今のところ "縦書き,ルビふり" が可能な形式は、"青空文庫" の表記に基づく iPhone/iPod touch 向けの "SkyBook" と iPad 向けの "i文庫HD" (だけ)である。
 したがって、"自作電子書籍" でも、 "縦書き,ルビふり" の "日本語 ePub 電子書籍" を望むのならば、"ePub 電子書籍" にこだわらず、これらの形式に則って制作する以外に方法はない。
 これらの表示の実際は、"青空文庫" の表記に基づくだけあって、落ち着いた雰囲気で、結構、好感が持てる。大いに活用されていいと思っている。
 そこで、それぞれのページサンプル画像を紹介しておきたい。

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  














関連サイトへのリンク


  • 電子書籍(eBooks)制作にフォーカスしたサイト
  • 明けない夜はないことを確信するサイト
  • Green(地球環境改善)にフォーカスしたサイト
  • ソフトウェア技術者やSEのための評価と育成、人事考課制度を考えるサイト
  • さまざまな業種・業態でご利用可能なモバイル活用の予約システム!
  • 創作小説『海念と保兵衛』のサイト
  • 創作小説『かもめたちの行方』のサイト
  • 当ブログ推奨の商品を展示したAmazon ストアー!
  • 当AdhocBlogブログの過去のエントリー
  • 株式会社アドホクラット当時のサイト

★売れ筋! No.1!
家庭用"放射線測定器"

日本通信 bモバイルWiFi ルータ+1 ヶ月定額SIM BM-U300W-1M
価格:¥ 20,208
国内配送料無料 Amazon





このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち青空文庫形式カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは、
 自作制作方法
です。

最近のコンテンツは、
 インデックスページ
で見られます。

過去に書かれたものは、
 アーカイブのページ
で見られます。

年月別アーカイブ

最近のトラックバック