新型肺炎、各地で拡大!既にに潜伏/拡散して来た分が、今、同時多発的に表面化か ?!
(2020/02/16 00:01:00) by yasuo hirose


 今回注目する下記引用サイト記事新型肺炎、各地で拡大 北海道、和歌山、沖縄も/KYODO/2020.02.14 - 21:18 は、  <新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)を巡る問題で北海道、東京都、和歌山県、沖縄県は14日、新たな感染者を発表、拡大が続いた東京では屋形船の宴会がきっかけになった可能性があることも判明。屋形船には13日に死亡した80代女性の義理の息子に当たる70代のタクシー運転手も乗船していた> と報じている。

 <......都によると、タクシー運転手は1月18日に都内の屋形船で実施された新年会に妻と参加。新たな感染者2人のうち1人はこの屋形船の従業員で、同日に勤務していた。  このほか、和歌山県の70代男性や沖縄県で60代の女性タクシー運転手、北海道の50代男性も感染者が新たに確認された> とある。

 新型肺炎、各地で拡大 北海道、和歌山、沖縄も/KYODO/2020.02.14 - 21:18

<画像:>

 新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)を巡る問題で北海道、東京都、和歌山県、沖縄県は14日、新たな感染者を発表、拡大が続いた東京では屋形船の宴会がきっかけになった可能性があることも判明。屋形船には13日に死亡した80代女性の義理の息子に当たる70代のタクシー運転手も乗船していた。

 都によると、タクシー運転手は1月18日に都内の屋形船で実施された新年会に妻と参加。新たな感染者2人のうち1人はこの屋形船の従業員で、同日に勤務していた。

 このほか、和歌山県の70代男性や沖縄県で60代の女性タクシー運転手、北海道の50代男性も感染者が新たに確認された。

( 新型肺炎、各地で拡大 北海道、和歌山、沖縄も/KYODO/2020.02.14 - 21:18 )

 新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)を巡る問題で北海道、東京都、和歌山県、沖縄県は14日、新たな感染者を発表、拡大が続いた東京では屋形船の宴会がきっかけになった可能性があることも判明> とある。 これまでの感染予防対策は、、"水際作戦" に意を凝らしてきたわけだが、すでに潜伏/拡散していたウイルスが、ここに来て、同時多発的に表面化し始めたという推移を引き起こしているようである。 感染症の医師・研究者たちが、冷静な見解を述べているように、今後の感染状況は予断を許さないと思われる...... (2020.02.16)


コメント投稿
次の記事へ >
< 前の記事へ
TOPへ戻る

Powered by
MT4i 3.0.8