水際対策重視から"検査や治療重視"に転換、対策加速 新型肺炎、国内流行は不可避!
(2020/02/17 00:01:00) by yasuo hirose


 今回注目する下記引用サイト記事検査や治療重視に転換、対策加速 新型肺炎、国内流行は不可避/KYODO/2020.02.15 - 22:20 は、  <政府は15日、新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の国内流行に備え、これまでの水際対策重視から転換し、検査や治療ができる医療機関を拡充するなど重症者を減らすための対策を加速させる方針を決めた。16日に専門家会合を開き具体策を議論する。13日以降、感染経路が不明な患者が各地で相次いでいることを踏まえた。加藤勝信厚生労働相は「これまでとは状況が異なる」と述べ、今後国内流行は避けられないとの認識を示した> と報じている。

 <......新型ウイルスの感染者が国内で初めて確認されてから15日で1カ月。感染者が報告された地域は11都道府県に広がり、人数は40人に達した> とある。

 検査や治療重視に転換、対策加速 新型肺炎、国内流行は不可避/KYODO/2020.02.15 - 22:20

<画像:>

 政府は15日、新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の国内流行に備え、これまでの水際対策重視から転換し、検査や治療ができる医療機関を拡充するなど重症者を減らすための対策を加速させる方針を決めた。16日に専門家会合を開き具体策を議論する。13日以降、感染経路が不明な患者が各地で相次いでいることを踏まえた。加藤勝信厚生労働相は「これまでとは状況が異なる」と述べ、今後国内流行は避けられないとの認識を示した。

 新型ウイルスの感染者が国内で初めて確認されてから15日で1カ月。感染者が報告された地域は11都道府県に広がり、人数は40人に達した

( 検査や治療重視に転換、対策加速 新型肺炎、国内流行は不可避/KYODO/2020.02.15 - 22:20 )
( ※引用者注 ―― 文意を損なわないよう留意して割愛しています。)

 13日以降、感染経路が不明な患者が各地で相次いでいることを踏まえた> とあるが、これは言い換えれば、当初、政府見解でも軽々に否定していた "人から人への感染" の累積結果以外ではないのであってパンデミック的状況が洞察できない、如何にも慎重さを欠くものではなかったかと悔やまれる。 ウイルス拡散事態の抑制は、"荒っぽい政治的な情報操作" なぞとは次元の異なる不可解さが潜むことを肝に銘じる必要がありそうだ...... (2020.02.17)


コメント投稿
次の記事へ >
< 前の記事へ
TOPへ戻る

Powered by
MT4i 3.0.8