WHO テドロス事務局長、新型肺炎は"SARSやMERSほど致命的ではないとみられる"との見解
(2020/02/19 00:01:00) by yasuo hirose


 今回注目する下記引用サイト記事致死率SARSより低い2% 軽症8割、WHO見解/KYODO/2020.02.18 - 08:58 は、  <【ジュネーブ共同】 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は17日の記者会見で、新型コロナウイルスによる肺炎は「重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)ほど致命的ではないとみられる」と述べ、致死率は比較的低いとの見解を示した> と報じている。

 <......テドロス氏によると中国が17日に感染者約4万4千人分の詳細なデータを提供した。約8割が軽症で、約14%は肺炎や息切れが起きる重症に。約5%が呼吸困難や多臓器不全を起こし重体となり、致死率は約2%子どもが感染した例は比較的少ない。  コロナウイルスが原因のMERSは致死率が3割以上、SARSは約1割とされる> とある。

 致死率SARSより低い2% 軽症8割、WHO見解/KYODO/2020.02.18 - 08:58

<画像:>

 【ジュネーブ共同】 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は17日の記者会見で、新型コロナウイルスによる肺炎は「重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)ほど致命的ではないとみられる」と述べ、致死率は比較的低いとの見解を示した

 テドロス氏によると中国が17日に感染者約4万4千人分の詳細なデータを提供した。約8割が軽症で、約14%は肺炎や息切れが起きる重症に。約5%が呼吸困難や多臓器不全を起こし重体となり、致死率は約2%子どもが感染した例は比較的少ない

 コロナウイルスが原因のMERSは致死率が3割以上、SARSは約1割とされる。

( >致死率SARSより低い2% 軽症8割、WHO見解/KYODO/2020.02.18 - 08:58 )
( ※引用者注 ―― 文意を損なわないよう留意して割愛しています。)

 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は17日の記者会見で、新型コロナウイルスによる肺炎は「重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)ほど致命的ではないとみられる」と述べ、致死率は比較的低いとの見解を示した> とある。 かと言って、決して油断できないほどの猛威が継続しているのも事実...... (2020.02.19)


コメント投稿
次の記事へ >
< 前の記事へ
TOPへ戻る

Powered by
MT4i 3.0.8