東京都 新型コロナ 4人死亡 1832人感染確認! 重症の患者は20日より4人増えて64人!
(2021/07/23 00:01:00) by yasuo hirose


< ページ移動: 1 2 3 >

 注視すべきポイント としては、  年代別では 】 10歳未満が 76人、10代が 130人、20代が 577人、30代が 410人、40代が 294人、50代が 233人で、60代が 64人、70代が 25人、80代が 13人、90代が 9人、100歳以上が 1人。 / 【 感染経路では 】 感染経路がわかっている濃厚接触者の面では、家庭内が 374人と最も多い。 次いで、職場内が 110人、会食が 51人、施設内が 38人。 また、東京オリンピックの選手村に滞在する外国籍の競技関係者 1人のほか、大会の委託業者の 3人の感染も確認された。  これで、都内で感染が確認されたのは 19万3062人になった。 / 【 入院患者は 】 21日時点で入院している人は20日より 78人増えて 2466人で、ことし4月から5月にかけての第4波でのピークだった5月16日の 2431人を上回った。。 「現在確保している病床に占める割合」は 41.3%となっている。 また、自宅で療養している人はことし2月上旬以来、4000人を超えて 4068人となった。 / 【 重症者は 】 入院患者のうち都の基準で集計した21日時点の重症の患者は20日より 4人増えて 64人となり、重症患者用の病床の 16.3%を使用している。 / 【 死亡では 】 感染が確認された60代の女性と、70代の男性2人、それに80代の女性の合わせて 4人が死亡。 このうち、70代の男性 1人は、インドで確認された「 L452R 」の変異があるウイルスに感染していたという。  このウイルスに感染して死亡した人はこれで 5人目。 また、60代の女性は1回目のワクチン接種を終えていたという。 / 【 インドで確認「 L452R 」変異ウイルス 最多 681人感染 】 東京都は、21日都内で新たに 681人インドで確認された「 L452R 」の変異があるウイルスに感染していることを確認したと発表。 1日に発表される人数としてこれまでで最も多かったのは20日の 317人ですが、21日はその 2倍以上となり、急増している。 検査数も多くなっていて、21日ははじめて1000件を超えて 1488件となり、681人が陽性と確認されたため、割合は 45.8%となった。 この割合もこれまでで最も高くなった。  これでこの変異ウイルスへの感染が確認されたのは、都内 2951人になった。 / 【 小池知事きょうの数字は非常に大きい 】 東京都の小池知事は記者団に対し 「 きょうの数字は非常に大きいものがある。一方で、重症者は少し増えて64人だが、全体を見ると、やはりワクチンの効果は出ていると思う 」 と述べた。 そのうえで 「 ワクチンは本当に『 爆速 』で打ちたい。区市町村はいったん進めようとしていたのをキャンセルせざるをえなくなっているが、今、集中的に打っていくことが感染者数の拡大に少しでも歯止めをかけられるのではないか 」 と述べた。 / 【 都内入院患者 第4波のピーク上回る 】 東京都内で新型コロナウイルスの感染が確認されて>入院している患者は、21日時点で 2466人となり、ことし4月から5月にかけての第4波でのピークだった、5月16日の 2431人を上回った。 は現在、新型コロナウイルスの患者のために 5967床を確保していて、病床に占める割合は、41.3%となった。  ( 東京都 新型コロナ 1832人感染確認 1週間前より683人増/NHK/2021.07.21 - 16:48 ) といった点か ...... (2021.07.23)

< ページ移動: 1 2 3 >


コメント投稿
次の記事へ >
< 前の記事へ
TOPへ戻る

Powered by
MT4i 3.0.8