今回注目する下記引用サイト記事がん検診異常なしと誤通知、岐阜 50代女性が治療中/KYODO/2019.07.16 - 19:37 は、  <岐阜市は16日、がん検診の結果、精密検査などが必要だった受診女性5人に「異常認めず」と誤った内容を通知し、うち50代の1人が現在、がんの治療を受けていると発表した。他の4人にがんの症状はないが、市は直接面会して謝罪した> と報じている。

 <......治療中の女性は検診を受けた部位以外にもがんが転移しているといい、市は「通知ミスでがんを進行させてしまった可能性は否定できない」としている。  市によると、治療中の女性の家族が今月10日、「検診票を見せてほしい」とセンターを訪問。職員が確認し、検診結果と通知内容が違っていたことが分かった> とある。




















 今回注目する下記引用サイト記事ALS患者の運動神経細胞異常 東北大チームが原因遺伝子をiPSで特定 治療法確立に道/河北新報/2019.07.09 は、  <東北大大学院医学系研究科の青木正志教授(神経内科)らの研究チームが、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を用いて「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」患者の運動神経細胞に異常を引き起こす因子となる遺伝子を新たに特定したと発表した。ALSの進行を抑えられる可能性があり、数年以内の臨床試験を目指す> と報じている。

 <......グループは、ALS患者2人と健常者1人の皮膚から採取した組織によるiPS細胞で、運動に関わる神経細胞「運動ニューロン」を作製し、形態などを比較した。
 患者の運動ニューロンでは、軸索と呼ばれる突起部分が枝分かれする異常が生じていた。因子を解析した結果、「Fos-B」と呼ばれる遺伝子の増加が関連していることを確認した。
 ALS脳や脊髄の神経細胞の障害により、全身の筋力が低下する難病。患者は国内で約1万人に上る。患者本人の病変した組織の検体を採ることは難しく、原因の解明や根本的な治療法の確立が困難だった。さまざまな細胞に分化するiPS細胞を活用することで病態の一端が解明できた
 特定の遺伝子の発現を抑える薬の開発は既に進んでいる。青木教授は「今後、確認された遺伝子の抑制による治療効果や安全性の研究を重ねたい。ALS患者に共通する病態である可能性が高く、早期の治療につなげたい」と話す
> とある。

 精神科病院での "身体拘束" 問題は、相変わらず続いているという。 高齢認知症患者の介護という別な領域での "身体拘束" も問題視されている昨今であるため、引き続き注目されざるを得ない。

 ◆ 参照 当誌過去の "精神科 身体拘束" 関連記事

 (1) 認知症の人、3割が身体拘束を受けていた! 病気・けがでの入院時に 事故防止が理由/当誌 2018.10.24
 (2) "精神科"長期入院(←隔離収容政策の影響)3.9万人削減へ!20年度までに、地域移行目標/当誌 2017.01.11
 (3) 高齢者の"身体拘束"は、病院や介護施設の"6割超"が! 気力奪い、症状悪化も!/当誌 2016.06.30
 (4) 精神科で患者拘束1万人、10年で2倍に!「保護室」隔離患者も約3割増! 2013年度調査/当誌 2016.05.11

 今回注目する下記引用サイト記事精神科の拘束、地域差20倍 東高西低、杏林大が調査/KYODO/2019.07.14 - 16:49 は、  <精神科病院で入院患者のうち手足をベッドにくくりつけられるなど身体拘束された人の割合は、東日本で高く西日本は低い傾向にあり、都道府県別では最大20倍の開きがあることが14日、分かった。調査した杏林大の長谷川利夫教授(精神医療)は「不要な拘束が行われている可能性がある」として実態を調べるべきだと話している。> と報じている。

 <......厚生労働省が6月末に公表した2018年度の精神保健福祉資料をもとに、都道府県ごとの入院患者のうち拘束された人の割合を分析した。最高は埼玉の9.04%。千葉(8.27%)など東日本が上位に並んだ。最も低いのは香川の0.44%、次いで岡山(0.86%)> とある。

 今回注目する下記引用サイト記事アルツハイマー病が"脳の糖尿病"と言われるのはなぜなのか/日刊ゲンダイDIGITAL/2019.07.12 - 12:05 は、  <認知症約60%アルツハイマー病(AD)だ。そのADは一部の研究者の間では「脳の糖尿病」と言われている。なぜか? 「アルツハイマー病は『脳の糖尿病』」(講談社)の著者で、「湘南ホスピタル」(神奈川県藤沢市)で内科医を務める鬼頭昭三広島大学名誉教授に聞いた> と報じている。

 <......発症の重要危険因子は「高インスリン」と「高血糖」  糖尿病の人は、そうでない人に比べてADリスクが高いことが知られている。ロッテルダムスタディーではそのリスクは2倍以上とされ、九大の久山町研究でも糖尿病予備群を含め同様のリスクが報告されている。  認知機能が落ちていない通院中の糖尿病の人に頭部MRI画像を用いてAD特徴的な海馬の萎縮を観察する「VSRAD(早期アルツハイマー型認知症診断支援ソフト)」で検査したところ、59%に軽度な海馬萎縮が見られたと鬼頭名誉教授が報告している。海馬は脳の記憶や空間学習能力に関わる脳の器官だ。  「糖尿病の95%を占める2型糖尿病には『高インスリン』と『高血糖』という特徴があります。この2つはADの最も重要な危険因子です。糖質の多い食品を食べて血糖値が上昇すると、それを抑制しようとして体中から大量のインスリンがあふれてきます。高インスリンは、細胞に多くの害を与えることがわかっています」  ■ インスリン抵抗性神経増殖とAβ分解を阻害  たとえば予備群を含めた中期までの糖尿病患者には、インスリン量は足りているのに機能が十分果たせなくなる人が多い。これを「インスリン抵抗性」と呼ぶ。これが2型糖尿病や脂肪肝などだけでなく、AD発症の一因となる。  「その理由は、インスリンのシグナル伝達は脳内の神経前駆細胞増殖や神経生存を助ける働きがあり、慢性的な高インスリン下ではシグナルが鈍化するからです。インスリン抵抗性は高血圧を招き、動脈硬化の進行を速め脳血管障害になりやすい。結果、脳血管性認知症リスクを高めます。この病気はADと合併しやすいことが知られています」  インスリンは自身の仕事を終えると、インスリン分解酵素(IDE)により分解されるIDEはAD発症に関わるアミロイドβ(Aβ)の分解も担当しているため、慢性的な高インスリン下ではインスリン分解で手いっぱいとなってAβを分解する余裕がなくなり、AD発症リスクが高くなる   ―― 以下略 ――> とある。

 今回注目する下記引用サイト記事オプジーボ 副作用に小腸炎/yomiDr.ヨミドクター/2019.07.10 は、  <厚生労働省は9日、肺がんや皮膚がんなどの免疫治療薬「オプジーボ」と「キイトルーダ」について、薬の添付文書に重大な副作用として「小腸炎」などを追記するよう、製造販売元の小野薬品工業(大阪市)とMSD(東京都)に指示した。両社は文書を改訂した> と報じている。

 <......厚労省によると、2016年度以降、これらの薬を使用した患者10人が小腸炎を発症。薬との因果関係が否定できなかった7人のうち、オプジーボを使った1人の死亡が確認されている。腸炎によって腸に穴が開いたり、ふさがったりする症状についても、添付文書に追記された> とある。

 今回注目する下記引用サイト記事>前立腺がん新治療 放射線照射の副作用軽減/Net Nihonkai/2019.07.11 は、  <鳥取大医学部付属病院(米子市西町)は10日、前立腺がんの放射線治療で前立腺と直腸の間にゲルを挿入し、スペースをつくることで副作用のリスクを軽減するハイドロゲル・スペーサーを用いた治療を5月に開始したと発表した。山陰での実施は初めて。治療期間の短縮も期待される> と報じている。

 <......前立腺がん放射線治療では、体外から放射線を前立腺に照射する「外照射」と弱い放射線を放出する小線源を前立腺内に挿入する「小線源治療」、両者の併用療法が行われている。前立腺と隣接する直腸に放射線が当たり、軽度出血の副作用が出ることが課題となっていた。  注射液などにも使われるハイドロゲルを挿入し、前立腺と直腸の間に厚さ約1センチのスペースを設けることで直腸に当たる放射線量が減少。ゲルは3カ月程度で分解する。米国の臨床試験では直腸出血の頻度が通常は5・7%に対し、ハイドロゲルを使うと0%になったという結果が出ている。  現在は併用療法の患者に導入しているが、順次対象を広げる予定。外照射治療は約8週間、毎日通院する必要があるが、ハイドロゲルの導入によって1回の照射量を増やすことで、治療期間の短縮が見込まれる。  放射線治療科長の内田伸恵教授は「安全を確保した上で、患者の負担の軽減につながる」と話した。(渡部ちぐみ)> とある。

 今回注目する下記引用サイト記事腸内細菌、膵炎発症に関与 マウスで確認、近畿大/KYODO/2019.07.10 - 00:19 は、  <膵臓が炎症を起こして腫れ、黄疸などの症状が出る自己免疫性膵炎の発症に、腸内の細菌の集まり(腸内フローラ)が関与していることがマウスを使った実験で分かったと、近畿大の渡辺智裕准教授(消化器内科学)らのチームが10日、日本免疫学会の専門誌電子版に発表した> と報じている。

 <......この疾患は免疫機能が誤って自分の膵臓を攻撃して起きる難病の IgG4 関連疾患の一つで、がんになりやすいともされるが、がんになりやすいともされるが、詳細な発症メカニズムは不明で根本的な治療法も見つかっていない今回の結果は予防や治療法の開発につながる可能性があるという> とある。

 "がん組織と自律神経" というテーマの記事は、昨日も注目したところだ。( 内容はほぼ同一 )

 ◆ 参照 当誌過去の "がん組織 自律神経" 関連記事

  がん組織に自律神経が入り込み、増殖や転移を促進!新治療法の開発に期待!(岡山大)/当誌 2019.07.10

 今回注目する下記引用サイト記事がん進行に交感神経影響 福医大小林教授ら発表/福島民報/2019.07.09 - 09:31 は、  <岡山大医学部の神谷厚範教授(細胞生理学)と福島医大医学部付属生体情報伝達研究所生体機能研究部門の小林和人教授(59)らの研究チームは、がん組織内に自律神経が入り込み、増殖や転移を促進しているとの研究結果をまとめ、八日付英科学誌「Nature Neuroscience」電子版で発表した。自律神経の操作により、がんを抑制する新たな治療法の開発につながる可能性があるという> と報じている。

 <......自律神経は脳からの命令(電気信号)を臓器に伝え、働きを調節するケーブルの役割を担うストレスなどで活発化する交感神経と、リラックス時に盛んに働く副交感神経がある。疫学ではストレスががんの進行を早めるとされるが、がん組織に自律神経がどう入り込み、どう作用するかは未解明だった。  研究チームは人の乳がん組織を分析し、がんの増大に伴い自律神経ががん組織に入り込むことを発見した。患者約三十人のがん組織を解析した結果、交感神経の多い人は、少ない人に比べて術後の再発や死亡率が高い傾向をつかんだ。  さらに、遺伝子を操作して局所の自律神経機能を調節する技術を確立乳がんを移植したマウスに同技術を使い交感神経を刺激すると、がんが増殖して転移も増えた一方、交感神経を除去すると増殖や転移は抑制された。  がん治療は手術や抗がん剤、放射線治療が主だが、抵抗性を持つがんも多い。神谷教授は「ストレスを軽減し、心を平穏に保つことががん予防・抑制に役立つことを示す結果。神経を操作する新たな治療法につなげたい」としている。  研究には福島医大から小林教授、加藤成樹講師(41)が参加した。がん組織に入り込んだ交感神経に的を絞り遺伝子を注入し、機能を調節する特殊技術(ウィルスベクター)を提供し、研究の成功に協力した。小林教授は「脳分野の研究で培った技術でがん治療という異なる分野に貢献できたことは意義がある」と語った> とある。

 今回注目する下記引用サイト記事がんに神経入り悪化促進 岡山大、新治療開発に期待/KYODO/2019.07.09 - 00:00 は、  <がん組織自律神経が入り込み増殖や転移を促進しているとの研究結果を、岡山大の神谷厚範教授(細胞生理学)らのチームが8日付の海外科学誌電子版に発表した。自律神経を操作し、がんを抑制する新たな治療法の開発につながる可能性があるという> と報じている。

 <......チームによると、自律神経は脳からの命令(電気信号)を臓器へ伝え、働きを調節するケーブルの役割を持ち、ストレスや緊張で活発に働く交感神経と、リラックス時に活発化するとされる副交感神経がある。  研究では、人の乳がん組織を調べ、がんの増大に伴って自律神経ががん組織に入り込むことを発見した> とある。

 今回注目する下記引用サイト記事呼吸器患者ら避難2割未満 北海道地震、電源確保懸念/KYODO/2019.07.07 - 16:41 は、  <昨年9月の北海道地震で、慢性的な呼吸不全のため「在宅酸素療法(HOT)」で酸素を吸入したり、人工呼吸器を利用したりする患者ら約1300人を対象に札幌市が行ったアンケートで、避難行動を取ったのは回答者の2割未満だったことが7日、市への取材で分かった。全域停電によるエレベーターの停止や、避難先での電源確保への懸念などが理由だった> と報じている。

 <......患者らは避難に伴う移動が比較的難しく、電源確保が生命の危険に直結しかねない電源がある避難先の未整備や情報不足、避難時のサポート態勢の不備で、自宅にとどまる以外の選択肢を取りにくい実態が浮き彫りになった> とある。

2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      














関連サイトへのリンク


  • 電子書籍(eBooks)制作にフォーカスしたサイト
  • 明けない夜はないことを確信するサイト
  • Green(地球環境改善)にフォーカスしたサイト
  • ソフトウェア技術者やSEのための評価と育成、人事考課制度を考えるサイト
  • さまざまな業種・業態でご利用可能なモバイル活用の予約システム!
  • 創作小説『海念と保兵衛』のサイト
  • 創作小説『かもめたちの行方』のサイト
  • 当ブログ推奨の商品を展示したAmazon ストアー!
  • 当AdhocBlogブログの過去のエントリー
  • 株式会社アドホクラット当時のサイト

★売れ筋! No.1!
家庭用"放射線測定器"

日本通信 bモバイルWiFi ルータ+1 ヶ月定額SIM BM-U300W-1M
価格:¥ 20,208
国内配送料無料 Amazon





最近のコンテンツは、
 インデックスページ
で見られます。

過去に書かれたものは、
 アーカイブのページ
で見られます。

年月別アーカイブ