<"がん細胞にだけ感染し、これを破壊するウイルス" が注目されてきたが、今や、このアプローチが活用されることで、「がんウイルス療法」と呼ばれるがん治療法が "第四のがん治療法" として注目度を高めはじめている> と言われる。

 ◆ 参照 当誌過去の "がんウイルス療法" 関連記事

  <"がん細胞にだけ感染し、これを破壊するウイルス" が注目されてきたが、今や、このアプローチが活用されることで、「がんウイルス療法」と呼ばれるがん治療法が "第四のがん治療法" として注目度を高めはじめている> ( 「がんウイルス療法」!難治がんを退治、転移・再発に効果高く がんセンターや鳥取大/当誌 2014.00.00


 今回注目する下記引用サイト記事がん細胞 ウイルスで退治、幹細胞を使う新手法 は、  <がんを倒すウイルスを幹細胞で運ぶ新たな治療法の研究が注目を集めている。がんが増殖しようと幹細胞を呼び寄せる性質を利用し、がんを狙い撃ちにする。副作用や転移を抑える可能性があると期待されている> と報じている。

 <......兵庫医科大学の久保秀司准教授と米カリフォルニア大学サンフランシスコ校の笠原典之教授らは、がんに集まりやすい新たな「がんウイルス療法」の研究に取り組む。久保准教授は「抗がん剤をがんへ運ぶのではなく、人体に害のない物質を抗がん剤に変える酵素をがん細胞に作らせる」と力を込める。  抗がん剤は手術や放射線と並ぶ治療法だが臓器を傷つけたり、免疫の働きを落としたりする副作用がある。がん免疫薬「オプジーボ」などの新薬でも副作用を起こす恐れはある。抗がん剤を直接投与しない方法として注目されるのがウイルス療法だ。  ウイルス療法は遺伝子組み換え技術を使い、がん細胞を壊して周辺のがん細胞にだけ感染するようにしたウイルスを体内に投与する。従来法はこうしたウイルスだけを投与するが、より副作用を抑えて効果的な手法が求められている。  兵庫医大などが注目したのがウイルスの運び役として「間葉系幹細胞」を使う方法だ。がんは増殖のために様々な細胞を呼び寄せるが、間葉系幹細胞もその一つ。この中にウイルスを入れて体内に投与し、がん細胞だけに感染させる戦略を描く。運び役となる物質はほかにもあるが、より効率的だと期待されている。  ウイルスが感染するとがん細胞の中で増え、ある酵素を体内で作る。酵素は体内に入れた別の物質を抗がん剤に変えてがん細胞だけを殺す。マウスの実験ではがんへの感染を確かめた。将来の臨床試験を目指す。  自治医科大学の内堀亮介特命講師と小沢敬也客員教授は脳腫瘍の治療を目指したマウスの実験で、がんを小さくする効果を確認した。全身への転移を抑えることも期待できるという。  実用化への課題は安全性の確認や量産時の幹細胞の品質の保証だ。安全性は特に重要で「がんに集まることで、かえって増殖を助ける恐れもある」(内堀特命講師)。  欧米や中国も研究に取り組むが、日本の方が細胞を傷めにくいウイルスを使っており「効果が期待できる」(久保准教授)。 (草塩拓郎)> とある。




















 今回注目する下記引用サイト記事高齢者の肥満...心臓病やうつのリスク/yomiDr.ヨミドクター/2019.05.25 は、  <年をとると体の代謝が下がり、同じ運動をしても若い人より、消費カロリーが少なくなる。外出の意欲や機会が減るなど、日常の活動量も低下しがちで、太りやすくなる。高齢者の肥満は、脳や心臓、うつなどの病気のリスクを高めるため、注意が必要だ。(山田聡)  転倒、骨折の危険も  40歳を過ぎる頃から、おなかのぜい肉が気になり出す人は多い。厚生労働省の調査によると、BMI(体格指数)では肥満に該当しないものの、腹囲がメタボリックシンドロームの基準値(男性85センチ、女性90センチ)以上の割合は、年齢とともに増える傾向にある。  BMIは、体重(キロ・グラム)を身長(メートル)で2回割った数値。例えば身長1メートル70、体重85キロ・グラムの場合、BMIは29・4となる。健康診断の結果などに記載されており、日本肥満学会は、日本人について、25以上を肥満と定めている。  しかし、高齢になるにつれて身長が縮み、筋肉が減って脂肪が増えやすい。病気で体がむくむケースもあり、BMIだけでは肥満と判定できないこともある。正確な診断には、内臓脂肪量の目安となる腹囲なども参考にする必要がある。  肥満は、脳 梗塞 や心筋梗塞、高血圧、糖尿病などの生活習慣病の原因になる加齢に伴って筋力や骨密度が低下し、軟骨が変形するなどの異常をきたしやすくなる。肥満による体重の増加は、膝や腰を痛める原因になるほか、転倒・骨折につながる恐れもある。  さらに、着替えや入浴、料理、掃除、洗濯、買い物などの日常生活動作(ADL)の質も下げかねない。  筋肉量が著しく減った状態のサルコペニアが肥満に加わると、転倒・骨折やADLの低下を招くリスクは一段と高まる。心身虚弱の状態で要介護の一歩手前のフレイルにもなりやすい。  また、東京大高齢社会総合研究機構などの研究によると、サルコペニアで肥満の高齢男性は、うつ状態になるリスクが2・7倍。精神的にも悪影響を及ぼすことが分かってきた> と報じている。

 <......中年から対策を  日本老年医学会は昨年、高齢者の肥満症診療に関する指針を作成した。とりまとめた東京都健康長寿医療センター副院長の荒木厚さんは「高齢者の肥満は複数の病気のリスクを高める。特に内臓脂肪には注意が必要だ」と指摘する。  ―― 以下略 ――  > とある。

 今回注目する下記引用サイト記事心臓血栓防ぐ服薬、アプリで管理 京都府立医大が無料提供/KYODO/2019.05.22 - 18:34 は、  <不整脈の一種で心臓の拍動が不規則になる「心房細動」により起きる脳梗塞を予防するため、京都府立医科大は、服薬を管理できるスマートフォン向けアプリを開発し、無料提供すると22日発表した。薬の飲み忘れ防止や日々の体調の記録機能を備える。23日から配信予定> と報じている。

 <......開発した妹尾恵太郎助教によると、心房細動は心臓が不規則に震える状態で、血がよどんで心臓内に血栓(血の塊)ができやすくなる血栓が血流に乗って脳に行き血管が詰まると、脳梗塞の原因になるため、血栓をできにくくする薬を定期的に飲むことが重要だが、飲み忘れや自己判断で中断する人も少なくないという> とある。

 今回注目する下記引用サイト記事オプジーボの共同発明者と認定 米博士2人、本庶氏のがん治療薬/KYODO/2019.05.23 - 10:03 は、  <【ワシントン共同】 米ボストン連邦地裁は22日までに、本庶佑・京都大特別教授の発見を基に開発されたがん免疫治療薬「オプジーボ」の特許について、米ダナファーバーがん研究所のゴードン・フリーマン博士とクライブ・ウッド博士を共同発明者と認める決定をした> と報じている。

 <......オプジーボの特許は本庶氏と、製造販売する小野薬品工業が持っている。決定は2人を共同発明者として加えるよう命じた。  2人は、特定のタンパク質の組み合わせが免疫の働きにブレーキをかける仕組みを本庶氏と共同で報告。免疫ががん細胞を攻撃しやすくするオプジーボの開発につながったと主張している> とある。

 今回注目する下記引用サイト記事パーキンソン病を改善、大阪大 マウスで、原因物質抑制/KYODO/2019.05.21 - 18:00 は、  <手足の震えや体のこわばりが起こる難病「パーキンソン病」の原因物質ができるのを抑制する物質を開発し、マウスを使った実験で症状を改善することに成功したと、大阪大や東京医科歯科大のチームが21日付の英科学誌電子版に発表した。発症や進行を抑える根本的な治療法につながる成果として期待され、霊長類を使った動物実験を経て、患者に投与し安全性や有効性を調べる治験に進みたいとしている> と報じている。

 <......パーキンソン病脳内で情報を伝える神経伝達物質ドーパミンを出す神経細胞が減って起きる。 αシヌクレインというタンパク質が、脳の神経細胞内に異常に蓄積することなどが原因とされる> とある。

 今回注目する下記引用サイト記事がん免疫療法の耐性解明 治療変更で効果も/共同通信/2019.05.21 - 0:00 は、  <体内の異物を排除する免疫の力を利用し、がんを攻撃する新たな薬「免疫チェックポイント阻害薬」に一度表れた効果が途中でなくなる「耐性」という現象が報告され始めた。  がん研究会がん化学療法センター(東京)の片山量平部長らがこの耐性仕組みの一部を解明し、薬を変えれば再び治療が続けられる可能性を示した> と報じている。

 <......免疫細胞は、体内でがんが発生すると異物として攻撃する。だが、がん細胞の中には「PDL1」というタンパク質の働きで免疫細胞の攻撃にブレーキをかけてしまうものがあり、がんの増殖につながっている。今回研究対象にした薬はPDL1に結合して攻撃が止まらないようにするもので、皮膚や肺のがんの治療に使われている。  片山さんらは今回、薬が効かなくなった17人の遺伝子を解析し、4人(24%)でPDL1ががん細胞の外に分泌される変化が起きたことを発見した。がんを移植したマウスで実験すると、たった1%のがん細胞に変化が起きただけで薬が効かなくなることも分かった。  薬を投与しても細胞外に分泌されたPDL1に結合してしまい、本来の目的であるがん細胞にたどり着けなくなった可能性がある。  それなら、PDL1とは別のタンパク質を標的にした免疫チェックポイント阻害薬に切り替えれば、がんへの攻撃が再開できるはずだ。マウスの実験では、耐性になったがんを、別の薬を使うことで小さくすることに成功した。  耐性の仕組みは他にも数多くあるとみられる。片山さんは「患者さんから提供された組織を活用し、耐性を確実に克服する手段を研究していきたい」と話している。  (共同通信 井口雄一郎)> とある。

 今回注目する下記引用サイト記事高額がん新薬 保険適用 厚労相「価格引き下げ検討」/NHK NEWS WEB/2019.05.17 - 11:29 は、  <最新のがん免疫療法に使う高額な新薬に、公的な医療保険の適用が決まったことについて、根本厚生労働大臣は、現時点では医療保険財政への影響は限定的だとしたうえで、対象となる患者の広がりや費用対効果などを見ながら、価格の引き下げを検討していく考えを示しました> と報じている。

 <......厚生労働大臣の諮問機関、中医協=中央社会保険医療協議会は、最新のがん免疫療法「CAR-T細胞療法」に使う白血病などの新薬「キムリア」について、1回当たりの薬の価格を3349万円とし、公的な医療保険を適用することを決めました。  これについて根本厚生労働大臣は、閣議のあと記者団に対し「難治性の白血病などに対し、1回の投与で治療が可能な画期的な製品であり、効果が高く革新的な製品を国民に届けることは医療の質の向上という点で大変重要だ」と述べました。  そのうえで、薬の価格が、現在、国内で保険が適用されている薬で最も高くなることについて「現時点で対象となる患者は220人程度と予測され、医療保険財政への影響は限定的と考えているが、当初の予想を超えて市場規模が拡大した場合には、速やかに薬価を改定する仕組みなどを実施していく」と述べ、対象の広がりや費用対効果などを見ながら、価格の引き下げを検討していく考えを示しました> とある。

 今回注目する下記引用サイト記事乳がん新薬投与後3人死亡 間質性肺炎の副作用注意/KYODO/2019.05.1 - 18:59 は、  <厚生労働省は17日、昨年11月から今年5月にかけて、乳がん治療薬「ベージニオ」を投与された14人が重い間質性肺疾患を発症し、うち3人が死亡したと発表した。死亡した1人を含む少なくとも4人は薬の副作用とみられる。同省は製造販売会社に対し、使用時に注意するよう医療関係者に呼び掛ける「安全性速報」を出すよう指示した> と報じている。

 <......ベージニオは昨年9月に承認された新薬で、日本イーライリリー(神戸市)が製造販売する飲み薬。手術ができないか、再発した特定の乳がんの患者が対象で、昨年11月の販売開始後の推定使用患者数は約2千人とされる> とある。

 今回注目する下記引用サイト記事厄介ながん見つける目印に 金沢大発見のペプチド/KYODO/2019.05.18 - 00:11 は、  <転移したり、薬が効かなくなったりしたがんに集まりやすいとみられる、少数のアミノ酸が結合した「ペプチド」を発見したと、金沢大の酒井克也助教(分子生物学)らのチームが17日付で科学誌ネイチャー・ケミカル・バイオロジーに発表した。厄介ながんを見つける目印として使えれば、画像診断の性能を向上させられるという> と報じている。

 <......酒井氏らは、がん細胞の転移を促したり、抗がん剤への抵抗性を強めたりするタンパク質「HGF」に結合するペプチドを狙って、探し出した> とある。

 今回注目する下記引用サイト記事政府、認知症の治療法開発強化 「未発症」の治験推進が柱/KYODO/2019.05.16 - 21:16 は、  <政府は認知症の治療法の開発強化に乗り出す治療薬の臨床試験(治験)に、認知症になる可能性がある人の参加を増やす仕組みを構築するのが柱で年内に始める。こうした「未発症」段階での研究を推進することにより発症のメカニズムを解明し、早期の診断や予防法の開発につなげる。16日に公表した認知症対策の大綱素案に明記した> と報じている。

 <......認知症の治療法は現在、確立されていない脳に病変はあるが、症状が出ていない人を集めることが難しく、研究開発のネックになっているとの指摘がある> とある。

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  














関連サイトへのリンク


  • 電子書籍(eBooks)制作にフォーカスしたサイト
  • 明けない夜はないことを確信するサイト
  • Green(地球環境改善)にフォーカスしたサイト
  • ソフトウェア技術者やSEのための評価と育成、人事考課制度を考えるサイト
  • さまざまな業種・業態でご利用可能なモバイル活用の予約システム!
  • 創作小説『海念と保兵衛』のサイト
  • 創作小説『かもめたちの行方』のサイト
  • 当ブログ推奨の商品を展示したAmazon ストアー!
  • 当AdhocBlogブログの過去のエントリー
  • 株式会社アドホクラット当時のサイト

★売れ筋! No.1!
家庭用"放射線測定器"

日本通信 bモバイルWiFi ルータ+1 ヶ月定額SIM BM-U300W-1M
価格:¥ 20,208
国内配送料無料 Amazon





最近のコンテンツは、
 インデックスページ
で見られます。

過去に書かれたものは、
 アーカイブのページ
で見られます。

年月別アーカイブ