今回注目する下記引用サイト記事せき止めの乱用、10代で急増 厚労省が薬物依存調査/KYODO/2019.09.15 - 21:00 は、  <2018年に薬物依存などで全国の精神科で治療を受けた10代患者の4割以上が、せき止め薬や風邪薬などの市販薬を乱用していたことが厚生労働省研究班の実態調査で分かった。14年の調査では1人もおらず、近年急増していることを示した。危険ドラッグの乱用者は1人もいなかった> と報じている。

 <......「消えたい」「死にたい」などと考え、生きづらさを抱えた若者が、一時的に意欲を高めるために市販薬を乱用するケースが多いという。せき止め薬は安価で簡単に入手できる上、中枢神経興奮薬と抑制薬の両方の成分が含まれ、インターネットで「多幸感が得られる」といった情報が出ていることが背景にあるとみられる> とある。




















 今回注目する下記引用サイト記事iPS使い皮膚老化解明へ 京大とディオール共同研究/KYODO/2019.09.12 - 20:10 は、  <人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使い、皮膚の老化や再生のメカニズムを解明しようと、京都大iPS細胞研究所と化粧品などを扱うパルファン・クリスチャン・ディオールは12日、共同研究を始めたと発表した。  同社はこれまで、加齢に伴う肌の変化などの分析に取り組んできた。同研究所の持つiPS細胞の技術を利用し、皮膚の再生や肌を若く保つための手法の開発を目指す> と報じている。

 <......共同研究では、iPS細胞から作製した皮膚の細胞に、日常生活に伴う紫外線や温度などさまざまなストレスを加え、どのような過程で変化するかを解析する計画。再生にはどのような物質が必要かなども調べる> とある。

 今回注目する下記引用サイト記事痛みや被ばくがない乳がん検査 神戸大開発、微弱電波で/KYODO/2019.09.13 - 20:35 は、  <従来のマンモグラフィー(乳房エックス線撮影)のような痛み被ばくリスクがない乳がんの検査装置を開発したと、神戸大の木村建次郎教授(応用物理学)らが13日、発表した。微弱な電波を患部に当てることで乳がんの立体構造をモニターに画像化する。  乳腺組織の密度が高い「高濃度乳房」での見落としも抑えられ、乳がん患者が増加傾向にある中、早期発見・治療につながる新たな技術として期待されそうだ> と報じている。

 <......開発した装置は、がん細胞に微弱な電波(マイクロ波)を10分ほど照射し、反射した電波を検知して乳がんの立体構造を画像化する仕組み> とある。

 今回注目する下記引用サイト記事乳がん進行早める原因は?持久力強めるたんぱく質が関係 西堀岳路/朝日新聞 - apital -/2019.09.12 - 13:00 は、  <乳がんの進行・悪化が早いのは、女性ホルモンによって量が増えるたんぱく質「COX7RP」ががん化して乗っ取られるのが原因だと、埼玉医科大の研究チームが突き止めた。11日付の英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ電子版で発表した> と報じている。

 <......COX7RPは筋肉中のミトコンドリアの中で酸素呼吸の効率を高める働きがある。マラソンなどに必要な持久力を高めるのに役立つが、これががんに侵されると健康な細胞より速く増殖することをマウスへの移植実験で確認。もともとCOX7RPの働きが強い女性は進行が早く、手術しても再発までの期間が短くなることもわかったという。  また、がんに侵された部位は血流が悪くなりミトコンドリアへの酸素供給が低下するが、それでもがん化したCOX7RPは少ない酸素を活用し、腫瘍(しゅよう)を大きくする力があることも分かった。研究を率いた同大ゲノム医学研究センターの井上聡・遺伝子情報制御部門長は「女性のがんの性質にかかわる根本的な発見で、新たな診断治療の開発に応用できる」と話している。 (西堀岳路)> とある。

 今回注目する下記引用サイト記事メニコン、来社1時間前から禁煙 取引先や客に要請/KYODO/2019.09.10 - 16:23 は、  <コンタクトレンズ大手のメニコン(名古屋市)が本社を訪れる取引先や顧客に「来社1時間前からの禁煙」を求めている。社員だけでなく、外部にも来社前から禁煙を呼び掛ける徹底ぶりだ。たばこの煙は目に悪影響を及ぼすとの指摘もあり、田中英成社長(59)は「目に関係する商品を扱う企業として禁煙推進は当然の責務だ」としている> と報じている。

 <......メニコン本社の受付にはポスターが掲示され、「ご来社いただく皆様には、1時間前からの禁煙をお願いいたします」と書かれている。要請は2016年3月から始め、当初は取引先に口頭で伝えていた。周知を徹底しようと来社時に一番目につく場所にポスターを掲示した> とある。

 今回注目する下記引用サイト記事目の動き捉え認知機能を検査 大阪大開発、3分で結果/KYODO/2019.09.10 - 18:27 は、  <図形や計算を用いた問題をモニターに映し、被検者が正解の選択肢をどれぐらい長く見ているかで認知機能を検査する技術を開発したと、大阪大の武田朱公・寄付講座准教授(老年医学)らのチームが10日付の英科学誌電子版に発表した。約3分で結果が出るといい、簡便な検査法として認知症の早期発見や予防につながると期待される> と報じている。

 <......チームによると、現在の認知機能検査は、医師と対面しての問診が一般的。簡単な質問が数十分続くため被検者が不快になり、怒りだすケースもあるなど、医療関係者も含め心理的負担が大きいとの指摘があった> とある。

 今回注目する下記引用サイト記事ネットで治験費3500万円調達 関西医大、膵がんの薬剤/KYODO/2019.09.09 - 16:20 は、  <治療が困難な膵臓がんに対する薬剤の有効性や安全性を調べる治験の費用の調達を、インターネットで資金を募るクラウドファンディングで進めていた関西医科大(大阪府枚方市)は9日、当初目標の1千万円の約3.5倍に当たる約3520万円の寄付が集まって終了したと明らかにした> と報じている。

 <......6月に1千万円を目標に支援を募ると、2日で達成。目標額を2500万円に引き上げた。募集を終えた今月8日までに、約1700人が寄付をした。  集まった資金は研究データの管理費や人件費などに使う180人の患者を対象に全国32カ所の医療機関で治験し、新しい手法と通常の手法とで有効性を比較する> とある。

 今回注目する下記引用サイト記事ぜんそく薬が抗がん剤の副作用軽減 九大大学院薬学研究院などが確認/西日本新聞/2019.09.05 - 11:43 は、  <九州大大学院薬学研究院などの研究グループは、ぜんそくの治療薬抗がん剤副作用の一つである筋肉の萎縮の軽減に効果があることを突き止めた。今後は加齢による筋力低下や難病の筋ジストロフィー症の治療などにも応用を進めていく。グループの西田基宏教授(薬学)は「既存薬は安全性が確立されており、開発にかかる時間や費用が抑えられる。海外のベンチャー企業と連携するなどして、実用化を急ぎたい」と話す> と報じている。

 <......ぜんそく治療薬は「イブジラスト」今回の研究では「ドキソルビシン」と「シスプラチン」という2種類の抗がん剤で、心筋や骨格筋が萎縮する副作用が軽減されることを動物実験で確認した。この副作用は患者の疲労感や痛みなどにつながり、生活に与える影響は大きいが、有効な治療法は確立されていなかった。  グループは、心筋萎縮の原因となる物質の生成を阻む働きがある薬剤を、既に承認されている薬の中から探索。イブジラストが阻害することを発見した。抗がん剤を投与したマウスを使った実験では、イブジラストの投与により、体重減少が軽減。心臓や骨格筋の筋肉量の低下が抑えられていることが分かった。  既存薬は既に安全性が確立されているので、今後は患者らへの臨床試験を進め、5~10年程度での実用化を目指すという。  研究結果は8月末、英国の薬理学会誌に掲載された> とある。

 今回注目する下記引用サイト記事高齢者運転中止、要介護リスク倍 外出減、健康に悪影響か/KYODO/2019.09.05 - 16:16 は、  <車の運転をやめて自由に移動する手段を失った高齢者は、運転を続けている人と比べ、要介護状態になるリスクが2.2倍になるとの研究結果を、筑波大の市川政雄教授(社会医学)らのチームが5日までに日本疫学会誌に発表した。運転をやめたが公共交通機関や自転車を使って外出している人は、リスクが1.7倍だった> と報じている。

 <......高齢者の事故が問題になり、免許返納を勧めるなど運転をやめるよう促す機運が高まっている。だが市川教授は「運転をやめると閉じこもりがちになり、健康に悪いのではないか。事故の危険だけを考えるのではなくバス路線を維持・充実させるなど活動的な生活を送る支援も必要だ」と話す> とある。

 今回注目する下記引用サイト記事筋肉増強剤で重い肝障害 厚労省が実態調査/KYODO/2019.09.05 - 11:00 は、  <筋肉の増強目的で使われている「アナボリックステロイド」による健康被害が相次いでいるとして、厚生労働省が利用実態の調査を始めたことが5日、分かった。インターネットで購入されることが多く、重い肝機能障害になったとの報告もある。深刻な影響が確認されれば、輸入を規制する方針> と報じている。

 <......厚労省によると、アナボリックステロイドは骨粗しょう症の治療に用いられ、胃炎や吐血、けいれんなどの副作用がある。治療で使う場合は医師の処方が必要だが、個人輸入する場合は不要。筋肉増強などの目的でサイトで簡単に入手できる状況になっている> とある。

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          














関連サイトへのリンク


  • 電子書籍(eBooks)制作にフォーカスしたサイト
  • 明けない夜はないことを確信するサイト
  • Green(地球環境改善)にフォーカスしたサイト
  • ソフトウェア技術者やSEのための評価と育成、人事考課制度を考えるサイト
  • さまざまな業種・業態でご利用可能なモバイル活用の予約システム!
  • 創作小説『海念と保兵衛』のサイト
  • 創作小説『かもめたちの行方』のサイト
  • 当ブログ推奨の商品を展示したAmazon ストアー!
  • 当AdhocBlogブログの過去のエントリー
  • 株式会社アドホクラット当時のサイト

★売れ筋! No.1!
家庭用"放射線測定器"

日本通信 bモバイルWiFi ルータ+1 ヶ月定額SIM BM-U300W-1M
価格:¥ 20,208
国内配送料無料 Amazon





最近のコンテンツは、
 インデックスページ
で見られます。

過去に書かれたものは、
 アーカイブのページ
で見られます。

年月別アーカイブ