スマートフォン の最近のブログ記事

 より快適な性能であることはもちろんながら、"スマホ" を "より低コスト" で愛用したいという人々の願望は、ますます高まっている

 つい先日も、通信料の点から、"SIMフリー" スマホの最新動向について目を向けた。( ◆ 参照 漸く、国内でも "SIMフリー" スマホが気軽に使える環境!アップルSIMフリーiPhone5!( 当誌 2013.11.24 )

 恐らく、今後の "スマホ" の動向は、高性能であることに軸足を置きながらも、ますます "手頃な価格!" への関心が強まって行くものと思われる。
 と言うのも、世界中には、現 "スマホユーザー" の背後に、まだまだ多数の "ユーザー" 候補群が控えており、その数は何億人という規模に上ると想定されてもいるからだ。
 その動きはすでに、"1万円を切る低価格" の" スマホ" 提供というかたちをとって始まっているようだ。

 そんな今後の動向の中で、やはり注目しておいて良さそうなのが、ブラウザ「Firefoxファイアフォックス)」でよく知られた "米モジラ財団" の "異色のアプローチ" ではないかと思われる。そこで、やや以前の記事(今年8月下旬)ではあるが振り返ってみることにした。

 下記引用サイト記事10億人向けに1万円スマホ オープンOSで激安に ジャーナリスト 石川 温/日本経済新聞/2013.08.23 - 07:00 は、"性能" についても十分に期待が持てそうな "ファイアフォックスOS搭載スマホ" について興味深く紹介している。

 <世界のスマートフォン(スマホ)市場で、「第3のOS(基本ソフト)」を巡る争いが激しくなっている。市場を二分する米アップルの「iPhone」と米グーグルの「Android」搭載機に続く第三極の位置を狙う動きで、中でも「Firefoxファイアフォックス)」ブラウザで有名な米モジラ財団が開発する「ファイアフォックスOS」は、携帯電話を扱う世界中の事業者(キャリア)やメーカーから高い関心を集めている。

 注目すべき点は以下のように整理できそうか。

 <■スマホ未経験の人をターゲット/ ファイアフォックスOSは安価なCPUを使ったスマホでも稼働させることが可能だ。そのため、これからスマホを使う「次の10億人」市場を狙うための低価格スマホ用OSとして期待が高い/ 日本では、KDDIファイアフォックスOSを採用したスマートフォンを開発中

 <■Androidよりオープン/ ファイアフォックスOSの特徴は、最新のウェブ技術である「HTML5」をベースに作っていること。電話やSMS(簡易メール)、センサーなどの機能をすべてHTML5で提供/ 徹底したオープンなプラットフォームとして開発していることも、ファイアフォックスOSの特徴

 <■複数の会社が分担しながら技術を共有/ ファイアフォックスOSに関しては、開発者コミュニティがあり、そこにテレフォニカやドイツテレコム、KDDIといったキャリアやメーカー、チップセットベンダーも参加して、各自が必要とするもの、得意分野を持ち寄って開発を進めている/ 開発者コミュニティで各社が開発した技術はオープンとなる。KDDIが開発した技術は他のキャリアも利用できるし、他キャリアが開発したものもKDDIは活用できる。徹底したオープンな思想によって、技術をシェアしようという考え方は、パソコン向けブラウザのころから何ら変わっていない

 <■目的は利益ではなく技術を広めること/ モジラがオープンな立場を徹底的に貫けるのは、NPOという組織体制になっているからだ モジラは利益を出す必要がない/ 我々はNPOなので収益を得ることがゴールではない。株主もいないので、利益追求をアピールする必要もなく、目的がアップルやグーグルとは全く違う。我々の使命はオープンな技術を作り出し、広めることだけだガル氏 )>

 <■日本でも来年登場/ ファイアフォックスOSを搭載したスマホは、日本でもKDDIが来年中には発売の予定 モジラKDDIの手腕が試されようとしている

 記事を読むだけでも、"盛り込まれた魅力/価値" の充実! が躍動的に伝わってくる......。




















 すでに、先行的なユーザーなら上手に使いこなしてもいる、いわゆる "SIMフリー" ( ◆ 参照 ) についてである。

 ◆ 参照
 < SIMフリー 【しむふりー】
 SIMカードの種類を選ばずに使える携帯電話、またそのシステムのこと。SIMカード(Subscriber Identity Module Card)とは、電話番号などの識別情報が記録されたICカードのことで、このカードを差し込むことで携帯電話が使用可能になる。電話機の中には、特定のSIMカードだけで利用できる機能が組み込まれており、これをSIMロックと呼ぶ
 日本の携帯電話は、販売店が新規顧客を獲得するたびに、キャリアが一定の奨励金を支払うシステムが一般的だった。この販売奨励金制度というシステムが、携帯電話の原価割れ販売などを可能にした。長期の契約を確保することによってその差額を埋めることになるのだが、キャリアが奨励金を回収するまで、他キャリアへ乗り換えたり機種変更ができない仕組みを維持することが必要となる。このために携帯電話にSIMロックがかけられるのが当たり前だった。......
 2010年、総務省はSIMロックの解除を携帯キャリア各社に求め、同年4月、大手キャリア4社は原則解除することに合意し、ユーザーは自由に端末とキャリアを組み合わせて使える可能性が広がっ。メーカー側はキャリアに依存しない端末を開発できるため、開発コストを抑えられると同時に広いマーケットに向けて販売が可能となるメリットがある。SIMロックの解除されたSIMフリー携帯が市場に出回ることで、企業間の競争が激しくなり通話料の値下げなど利用者の利便性が高まるとも考えられている。...... >( Kotobank.jp/SIMフリー

 "SIMフリー" 方式の普及に関しては、ユーザー側の "キャリアお任せ(?)" といった "惰性(?)" があったことや、"SIMフリー用スマホ本体" の入手にちょっとしたハードルがあったことなどが懸念されていたようだ......。

 現に、"この金額"!騙されてしまうと"諦め切れない"!? "SIMフリー"スマホの海外通販要注意!( 当誌 2012.12.27 ) といった "本体入手" 上のリスクがあったりもした......。

 こうした煮え切れない環境に、打たれるべき手が打たれたとでも言うべき "環境整備(?)" がなされたようである。

 下記引用サイト記事 1アップル、国内でもSIMフリーiPhoneを発売--アップルストアで購入可能に/CNET Japan 坂本純子(編集部)/2013.11.22 - 17:39 がそのひとつだ。

 <アップルは11月22日、SIMフリーのiPhone 5s/iPhone 5cの販売を開始した。オンラインの Apple Store から購入できる> と。

 また、この動きと同期する格好で立ち上がっているのが、かねてより "既存キャリア" の布陣に "異を唱える" スタンスをとり続けてきた "日本通信" の新スタイルによる "音声通話SIM" 発売だ。

 下記引用サイト記事 2日本通信、"データ通信無料"の音声通話SIMを発売--「価格競争に終止符を打つ」/CNET Japan 松田真理(マイカ)/2013.11.13 - 16:24 がこれを報じている。

 <日本通信は11月13日、音声サービスの基本料のみで、データ通信料は無料となる「スマホ電話SIM フリーData」を11月23日に発売すると発表した。日本通信では同製品によって「データ通信SIMの価格競争に終止符を打つ」とコメントしている> とある。

 何と言っても、利用者が増加の一途を辿る "スマホ" であり、また、圧倒的シェアを占めるのが "アップル iPhone" である。急速な普及とまで行くかどうかは別としても、この新しい動向が無視し難いトレンドとなることは間違いなさそうだ......。

 天才/カリスマと讃えられたジョブズ氏亡き後、米アップルの "その後の経営" については、以前から "悲観的な声" が絶えなかったと言える。
 米アップルの、"サプライズ" に包まれた斬新な製品を知れば知るほどに、人々は、米アップルからジョブズ氏がいなくなったことを惜しむ気持ちを膨らませたはずだ。そして、そうだからこそ "その後の経営" への懸念もまた膨らまざるを得なかったのであろう......。

 それにしても、今、米アップルが迎えている事態は、今さらのように、"消費者需要を創造し続けてきた"ジョブズ氏の、その存在感の絶大さを思い知らせるかのようだ。
 と同時に、アグレッシィブとさえ言えた "創造性" が、ひとたび影を潜めるならば、"エピゴーネン(追随者)" が市場を "手柄横取り" するシビァな現実をまざまざと示している......。

 下記引用サイト記事:米アップル減益:スマホで減速 ジョブズ失い経営正念場/毎日jp/2013.04.24 は、"Apple" ファンにとっては "悔しさ" さえ呼び起こされる状況を縷々伝えている。

 <米アップル......13年1〜3月期決算の最終(当期)利益は、前年同期比18%減と約10年ぶりの減益/ 主力のスマートフォン(多機能携帯電話)が韓国サムスンなどライバル社の攻勢......成長にブレーキ/ 革新的な製品の開発で再び飛躍を遂げられるのか。カリスマ経営者スティーブ・ジョブズを失ったアップルの経営は正念場を迎えている/ アップルを巡る環境は厳しい/ アップルのシェアは約19%と、30%超の首位サムスンに引き離されている

 "先行の利" ではなく、"エピゴーネン(追随者)の利" が闊歩するこのご時世では、"先行者" はその歩みを、決して緩めるわけには行かないようだ......。

 米アップル株低迷で揶揄されている "アップル神話の揺らぎ(?)" の中、"Next iPhone" のターゲットが何になるのか? 株式市場関係者ならずとも興味がそそられる話題だ。
 どうも、"iPhone/iPad" のマイナーチェンジの路線以外に何に挑戦してくれるのか、が関心の焦点のようだが、そんな "好奇な" 視点で物されたのが、下記引用サイト記事:アップル、腕時計のような機器を試験的に開発中=関係筋/THE WALL STREET JOURNAL/2013.02.11 だと言うべきか......。

 <米アップルが、スマートフォン(高機能携帯電話、スマホ)の一部機能を備えた腕時計のような機器の設計に試験的に取り組んでいる/ 複数のさまざまな機能を備えた、アップルのスマホ「アイフォーン」と連動する機器を発売するのではないかと予想/ アップルはかねてより装着可能な機器の開発に取り組んでおり、センサーや関連技術の開発経験を有する人材を近年新たに雇い入れている> というのである。

 まだまだ "茫漠とした" 初期情報のようではあるが、記事を読むかぎり、<主に肉体的な活動の測定を目的とした......機器/ センサー......> というあたりに記者の目が向けられていそうだ。それで、<腕時計のような機器> と表現されているのであろうか......。

 ただ、これまでの "iPhone/iPad" の、そのフェイズが、もっぱら "他者とのコミュニケーション、情報交換" にあったことを思い起こせば、"Next" が、"我が身の身体的状態" からの "情報収集" だとしても一定程度頷けるものがありそうか。この時代、健康問題への不安と関心は否応なく高まってもいることだし......。
 いや、まだまだ何とも言えない段階だ......。

 年の初めということで、昨日に引き続いて、今年2013年の "IT 業界" 予想に目を向けておくことにしたい。

 誰の目からも、現状、"スマホ(スマートフォン)" という "多機能携帯電話端末" が圧倒的人気を博している事実は一目了然であろう。
 と同時に、その "スマホ" の "快適な操作" を支えるところのさまざまな "スマホアプリ"( ゲームに限定されない )が幅広く支持されていることも明瞭だ。
 昨年2012年は、こうした font color="#800080">"スマホアプリ" に関する "ビジネス手法" が確立された一年であったと思われる。

 下記引用サイト記事:2013年、アプリビジネスは最終局面の幕開けへ--スマホアプリ・ビジネスの考察/CNET Japan/2013.01.01 には、次のように述べられている。

2012年は "(スマホアプリ・ビジネスの)儲け方" が確立した年だった/ビジネス手法が確立し、デバイス、プラットフォーム、キープレイヤーと必要な材料は全て出揃ったといえる。今年2013年以降は、これらを足掛かりとして、ビジネスが拡大していく元年となるだろう。それは即ち終わりの始まりでもある。飽和する限界点まで市場は成長する。> と。

 そして、さらに注目すべき点は、二点。
ファストフード店、家電量販店、食料品、化粧品、通販、保険、銀行などの各社が集客やブランディング、商品販売のためのアプリ/アプリを売って稼ぐのではなく、アプリはモノやサービスを買っていただくための販促ツール>として活用される点。

スマホは手のひらに乗る高性能コンピュータだ。最近では外部機器との連携が可能になってきた点も見逃せない。アプリを利用して外部の機器と連携するものだ。ラジコンのような玩具、体重計などの健康機器、カーナビとの連携、その先には車そのものもスマホの周辺機器にしてしまうような構想/ アプリだけで完結するのではなく外部機器と連携するハードウェア事業も着実に拡大していく>という点。

 いずれにしても、"スマホアプリ・ビジネス"拡大の流れは当分の間、止まらない! ということになりそうである。

 "詐欺" 被害者が後を絶たない。不思議に思うのは、これだけ情報が流通し、相応の注意力が喚起されているにもかかわらず、被害がなくならないことだ。

 いろいろと理由は考えられそうだが、やはり最大の理由は、"孤立(stand-alone)" 生活の広がりであろうというような気がしている。
 下記の【 引用記事 2 】:振り込め詐欺の被害額 過去最悪に/NHK NEWS WEB/2012.12.25 の大半の被害者が、"独居老人" だと言われていることからしても、"孤立(stand-alone)" であることが、判断や行動にとって如何に "リスキー" であるか、ということ。

 恐らく、この点は "高齢者" には限らない "リスキー" さではなかろうか。
 現に、下記の【 引用記事 1 】:実在のSNS装う迷惑メールに注意/NHK NEWS WEB/2012.12.29 という記事での被害者は、決して "高齢者" ではないものと推察される。

 もともと、人間は "孤立(stand-alone)" したシチュエーションでは、主観的でしかあり得ず、感じ方や考え方は "ループ(堂々巡り)" しやすく、その結果 "思い込み!" 路線へと嵌り込む ものだと言われる。
 多分、どんなに "理性的、自律的" 姿勢を自負している人であっても、"紛らわしい" 状況設定プラスα に突然遭遇したならば、"思い込み!" 路線へと嵌り込む 確率は高いのではなかろうか......。

 そして、"仕掛け人(加害者)" が、"専門職(?)" とあれば、当然のことながら "手練手管" を弄して成功確率を高める "努力(?)" をしているわけだ。"もっともらしい状況設定" なぞは当たり前の仕掛けとしているはずだ。

 ◆ 参照 "この金額"!騙されてしまうと"諦め切れない"!? "SIMフリー"スマホの海外通販要注意!( 当誌 2012.12.27 )

 したがって、効果的な "防御策" は、とにかく、何としても "思い込み!" 路線へと嵌り込む リスクを回避することしかない! 「これって、どう思う?」と他者に尋ね、他者からの反応が得られる環境 を常備しておく以外にないのではなかろうか......。

 "海外通販" で苦い思いをした人は少なくないはずだ。自分も、まさか!と思うような "いかさま!" で地団太を踏むことがあった。
 とあるソフト・ツールが "手頃な価格設定" であったものだから、ついつい手を出してしまったら、トンデモナイ中身だったのだ。

 それからというもの、"二点" について意を傾けるようにしている。
 一点は、"手頃な価格設定" ! トンデモナク安ければ、自ずから疑問が伴い、やがて警戒心が促されるので失敗は避けられる。"手頃な価格設定" ! という狡猾さに気をつけなければならないわけだ。

 もう一点は、"海外通販" というものは、万が一騙されても、"諦められる金額" の程度で済ましておくこと。
 国内業者であれば、その気になるならその不正を "徹底的に追及" して、矛を収めることもできようが、"海外" となると、"徹底的に追及" しようとするとアホくさいほどの手間が掛かってしまい、何をしているのだか分からないことになりかねない。
 諦めた方が軽傷で済むこともありそうだ。だから、最悪に備えて、"諦められる金額" の程度の買い物にとどめておく、ということ。

 しかし、次の画像のような "価格水準" だと "諦め切れる" だろうか?
 いずれも "諦め切れる" ような金額をはるかに上回っているのではなかろうか......。

"いかさまサイト" に要注意!

下記記事サイトの "いかさま広告"! の部分


 確かに、警戒心が刺激されるほどの安さではなく、言ってみれば"手頃な価格設定" であり、ここが実に狡猾なところだと思われる。

 下記引用サイト記事:「SIMフリー」スマホの海外通販に注意/NHK生活ブログ/2012.12.26 は、消費者庁が、こうした狡猾な "海外通販" サイトを名指しで指摘して、注意を呼び掛けているもの。
 すでに当該サイトにはアクセス不能となっているが、いつも、"いかさまの蔓延と進化(?)" は驚くほどに早いので注意したい......。

 ニューアィディアという製品でもなさそうだが、"ニーズの盲点" を衝いた興味をそそる製品だと思えた。
 下記引用サイト記事:エバーグリーン、スマホやPCからワイヤレスで再生できるスピーカ--2.4GHz帯を使用/CNET Japan/2012.12.21 の "ワイヤレス マルチメディア スピーカー(キット)「DN-82780」" である。

 IT 機器で "ワイヤレス" といえば "Bluetooth" 方式が一般的だが、如何せん "送信距離" の制約があり、キーボード/マウスなどでは使えても、距離を置いてコントロールしたいスピーカなどはムリのようだ。

 そこで、スマホ/PC/TVなどの "イヤホンジャック" に "小型発信器" を挿し込み、受信機付の離れた場所のスピーカで聴く "ワイヤレス再生スピーカセット" の登場ということになったわけだ。

 この製品のねらいは、やはり "iPhone・iPadやスマホ" をスピーカ・リモコンのようにして使うことだと思われるが、MP3プレーヤー/ゲーム機/ノートPC/TVなどさまざまな機器で使用可能となっている。

 スピーカと音源側機器の "イヤホンジャック" とをケーブルで直結させることもできたり、スピーカがバッテリーを内蔵しているため、電源の心配も不要。
 こう考えると、活用場面は結構いろいろとありそうだ......。



 
 "気になる場所の今の光景" を画像なり動画なりで確認したいと思ったことは誰にでもあるはずだ。Google の "ストリートビュー" も、気になる場所の光景を見せてはくれるが、如何せん、それは過去の一時点の光景であり、"今の光景" ではない。
 同じ気になる場所光景" であっても "今の光景" にはやはり固有の価値があるはずだ。
 そこで、自分もかつてこれを試みたことがあり、サイトを通じて分刻みの "静止画画像" を "プッシュ送信" で配信してみたのである。
 良く見かける、例えば "富士山" の現在時の全貌などをウェブページへと配信するというケースである。名所や観光スポットの "リアルタイムの光景" は案外人気があったりするものだ。

 こうした配信でもそこそこ実用に耐えるわけだが、これを継続するには、PCなりノートPCなりが半ば "占領" されかねない点が煩わしい。
 その点、下記引用サイト記事:使わなくなったスマホで街の「いま」をライヴ配信、共有する「Koozoo」/WIRED/2012.12.17 では、<使わなくなったスマホ>で "代用" する点が注目できるポイントであろう。
 詳細は定かではないが、どうも<使わなくなったスマホ>の "Wi-Fi 機能" を使って "ビデオストリーム" を、運営サイトに送信するといった仕組みのようである。

 ◆ 参照 <携帯電話のカメラの品質については、Wi-Fiの帯域幅が、ビデオストリームの品質に影響します。>( Koozoo

 おまけに、このウェブサイト/「Koozoo」の別の興味深い点は、こうしてあるユーザーが "公開" を許可したライヴストリーミングを、他のユーザーと "共有" することもできる点、ネットワーキング性であろう。
 日本でも同様のサービスが生まれることは容易に想像できるところだ......。
 

 "地図(map)" とは、進むべき方向を指し示してくれる重要な判断材料だ。もし、その "地図(map)" に "誤り" があれば、"それに頼る" ものを間違った場所へと案内してしまう。
 ただ、確かに"地図(map)" における "誤り" は由々しき問題であるが、"それに頼る"、あるいは"それに頼り過ぎる" ことも危うい! という気がしないではない。

 この秋にリリースされて問題となり続けてきた "間違いだらけの米アップル製地図アプリ" のことである。

 ◆ 参照 <青梅線に「パチンコガンダム駅」、羽田空港内に大王製紙が......。間違いだらけの米アップル製地図がリリースされてから、もうすぐ1カ月。アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)はユーザーに謝罪したが、いまだに同社から原因の詳細は公表されていない。何が原因だったのか。なぜ使い物にならない状態で公開されてしまったのか......>( 「ガンダム駅」なぜできた アップル地図騒動の真相/日本経済新聞/2012.10.17

 ◆ 参照 マップについてのTim Cookからのメッセージ

 ここまで来るとあきれ返ってしまうわけだが、笑いごとでは済まない事態も発生しているという。
 下記引用サイト記事:「アップル地図アプリで遭難多発」、豪警察が使用中止を呼び掛け/REUTERS/2012.12.11 がそれであり、<命に関わる危険がある> "遭難事故" まで多発しているというのだ。

 オーストラリアのような広大な土地での出来事は、箱庭のようなこの日本に住んでいては想像できないのかもしれない。
 <日中セ氏46度にもなるオーストラリア/ 同国立公園はビクトリア州の北西端に位置し、四輪駆動車しか走行できないとされている場所/ 車が動かなくなり、周囲にヘビやキツネがいたことから怖くて車外に出られなかった>へと案内されてしまえば、これは "遭難事故" としか言いようがない。

 ただし、<警察ではドライバーたちに、アプリに頼りきるのではなく、自分の感覚や目で見たものに従って判断を下してほしいと呼び掛けている。>とある。これは、頷ける "呼び掛け" だと思える。
 土地柄の違いはあろうとは思われるが、"IT 環境" を漫然と盲信して、<自分の感覚や目で見たものを疎(おろそ)かにする現代人特有の習性は、結構、ヤバイ習性なのかもしれない。
 オーストラリアの話題ゆえに、ふと、あの "クロコダイル・ダンディー" なら何と言うのだろうかと思ったり......。

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  














関連サイトへのリンク


  • 電子書籍(eBooks)制作にフォーカスしたサイト
  • 明けない夜はないことを確信するサイト
  • Green(地球環境改善)にフォーカスしたサイト
  • ソフトウェア技術者やSEのための評価と育成、人事考課制度を考えるサイト
  • さまざまな業種・業態でご利用可能なモバイル活用の予約システム!
  • 創作小説『海念と保兵衛』のサイト
  • 創作小説『かもめたちの行方』のサイト
  • 当ブログ推奨の商品を展示したAmazon ストアー!
  • 当AdhocBlogブログの過去のエントリー
  • 株式会社アドホクラット当時のサイト

★売れ筋! No.1!
家庭用"放射線測定器"

日本通信 bモバイルWiFi ルータ+1 ヶ月定額SIM BM-U300W-1M
価格:¥ 20,208
国内配送料無料 Amazon





このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちスマートフォンカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは、
 アフィリエイト
です。

次のカテゴリは、
 ブログ
です。

最近のコンテンツは、
 インデックスページ
で見られます。

過去に書かれたものは、
 アーカイブのページ
で見られます。

年月別アーカイブ

最近のトラックバック