福島で"甲状腺がん"増加か!? 子ども4人 放射線影響か確認 チェルノブイリの前例も!

| | コメント(0) | トラックバック(0)
      

 過去の前例では、<4~5年後に子どもの甲状腺がんが急増> とある。あの "1986年のチェルノブイリ原発事故" のケースのことだ。

 今回注目する下記引用サイト記事福島で甲状腺がん増加か 子ども4人、放射線影響か確認/【共同通信】/2014.12.24 - 02:00 は、この国の "原発行政" のあり方に距離を置くような "厳粛な事態"、"原発事故による放射線の影響" に関する危うい事態について報じている。

 <福島県の全ての子どもを対象に東京電力福島第1原発事故による放射線の影響を調べる甲状腺検査で、事故直後の1巡目の検査では「異常なし」とされた子ども4人が、4月から始まった2巡目の検査で甲状腺がんの疑いと診断されたことが23日、関係者への取材で分かった。25日に福島市で開かれる県の検討委員会で報告される。  甲状腺がんと診断が確定すれば、原発事故後にがんの増加が確認された初のケースとなる。調査主体の福島県立医大は確定診断を急ぐとともに、放射線の影響かどうか慎重に見極める。  1986年のチェルノブイリ原発事故では4~5年後に子どもの甲状腺がんが急増した。> とある。

 福島で甲状腺がん増加か 子ども4人、放射線影響か確認/【共同通信】/2014.12.24 - 02:00

 福島県の全ての子どもを対象に東京電力福島第1原発事故による放射線の影響を調べる甲状腺検査で、事故直後の1巡目の検査では「異常なし」とされた子ども4人が、4月から始まった2巡目の検査で甲状腺がんの疑いと診断されたことが23日、関係者への取材で分かった。25日に福島市で開かれる県の検討委員会で報告される。

 甲状腺がんと診断が確定すれば、原発事故後にがんの増加が確認された初のケースとなる。調査主体の福島県立医大は確定診断を急ぐとともに、放射線の影響かどうか慎重に見極める。

 1986年のチェルノブイリ原発事故では4~5年後に子どもの甲状腺がんが急増した。


 "東京電力福島第1原発事故による放射線の影響" については、"放射線汚染水" に対する "失敗続きの対策" という杜撰さに加えて、昨今指摘されている "思いのほかの汚染拡大地域"、そして、上記記事のような時間経過が呼び覚ます "人体への影響(発がん)" などが改めて問題視されている。
 "経済優先" とは綺麗事で、要するに目先の "経済効率追求" だけが闊歩する現在の "原発行政" に、不安以上の "恐ろしさ" を覚える
...... (2014.12.25)













【 SE Assessment 】 【 プロジェクトα 再挑戦者たち 】








トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 福島で"甲状腺がん"増加か!? 子ども4人 放射線影響か確認 チェルノブイリの前例も!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://adhocrat.net/mt/mt-tb.cgi/2894

コメントする

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  














関連サイトへのリンク


  • 電子書籍(eBooks)制作にフォーカスしたサイト
  • 明けない夜はないことを確信するサイト
  • Green(地球環境改善)にフォーカスしたサイト
  • ソフトウェア技術者やSEのための評価と育成、人事考課制度を考えるサイト
  • さまざまな業種・業態でご利用可能なモバイル活用の予約システム!
  • 創作小説『海念と保兵衛』のサイト
  • 創作小説『かもめたちの行方』のサイト
  • 当ブログ推奨の商品を展示したAmazon ストアー!
  • 当AdhocBlogブログの過去のエントリー
  • 株式会社アドホクラット当時のサイト

★売れ筋! No.1!
家庭用"放射線測定器"

日本通信 bモバイルWiFi ルータ+1 ヶ月定額SIM BM-U300W-1M
価格:¥ 20,208
国内配送料無料 Amazon





このブログ記事について

このページは、yasuo hiroseが2014年12月25日 00:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は、
 「がん細胞だけに感染するウイルス使い脳のがんへの"ウイルス療法"!東大医科研治験開始!
です。

次のブログ記事は、
 「壊死や意識障害招き、死に至る恐れもある「人食いバクテリア」患者最多!今年263人!
です。

最近のコンテンツは、
 インデックスページ
で見られます。

過去に書かれたものは、
 アーカイブのページ
で見られます。

年月別アーカイブ

最近のトラックバック