厚労省、軽症向け処方薬、保険の対象外としたり"負担増"を検討へ! 湿布などの一部!

| | コメント(0) | トラックバック(0)
      

 今回注目する下記引用サイト記事軽症向け処方薬、負担増を検討へ 厚労省、湿布などの一部/KYODO/2019.08.26 - 17:50 は、  <厚生労働省は26日、同じような効果の市販薬で代替できる軽症者向けの湿布やビタミン剤、皮膚保湿剤などのうちの一部を、公的医療保険の対象外としたり、自己負担を増やしたりする方向で検討に入った病院を受診すれば1~3割の自己負担で済み、市販薬を買うより安くなることが多い。過剰な受診につながり医療保険財政を圧迫しているとの指摘もあり、医療費抑制につなげる> と報じている。

 <......政府は、団塊の世代全員が75歳以上の後期高齢者となり社会保障費が膨張する2025年を見据え、給付と負担の見直しを検討。近く厚労相の諮問機関である中央社会保険医療協議会や社会保障審議会で議論を本格化させる> とある。

 軽症向け処方薬、負担増を検討へ 厚労省、湿布などの一部/KYODO/2019.08.26 - 17:50

 厚生労働省は26日、同じような効果の市販薬で代替できる軽症者向けの湿布やビタミン剤、皮膚保湿剤などのうちの一部を、公的医療保険の対象外としたり、自己負担を増やしたりする方向で検討に入った病院を受診すれば1~3割の自己負担で済み、市販薬を買うより安くなることが多い。過剰な受診につながり医療保険財政を圧迫しているとの指摘もあり、医療費抑制につなげる。

 政府は、団塊の世代全員が75歳以上の後期高齢者となり社会保障費が膨張する2025年を見据え、給付と負担の見直しを検討。近く厚労相の諮問機関である中央社会保険医療協議会や社会保障審議会で議論を本格化させる。


 病院を受診すれば1~3割の自己負担で済み、市販薬を買うより安くなることが多い> 患者たちの選択肢が、<同じような効果の市販薬で代替> するように、と変更されそうである。 "医療費抑制につなげる" ためだそうだ...... (2019.08.28)













【 SE Assessment 】 【 プロジェクトα 再挑戦者たち 】








トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 厚労省、軽症向け処方薬、保険の対象外としたり"負担増"を検討へ! 湿布などの一部!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://adhocrat.net/mt/mt-tb.cgi/4590

コメントする

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  














関連サイトへのリンク


  • 電子書籍(eBooks)制作にフォーカスしたサイト
  • 明けない夜はないことを確信するサイト
  • Green(地球環境改善)にフォーカスしたサイト
  • ソフトウェア技術者やSEのための評価と育成、人事考課制度を考えるサイト
  • さまざまな業種・業態でご利用可能なモバイル活用の予約システム!
  • 創作小説『海念と保兵衛』のサイト
  • 創作小説『かもめたちの行方』のサイト
  • 当ブログ推奨の商品を展示したAmazon ストアー!
  • 当AdhocBlogブログの過去のエントリー
  • 株式会社アドホクラット当時のサイト

★売れ筋! No.1!
家庭用"放射線測定器"

日本通信 bモバイルWiFi ルータ+1 ヶ月定額SIM BM-U300W-1M
価格:¥ 20,208
国内配送料無料 Amazon





このブログ記事について

このページは、yasuo hiroseが2019年8月28日 00:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は、
 「"電子たばこ" の関連が疑われる米国初の死者! 日本とは違い "ニコチン含む"!
です。

次のブログ記事は、
 「ウイルス(単純ヘルペスウイルス1型改変)使い"皮膚がん"治療! 信大と東大が治験へ!
です。

最近のコンテンツは、
 インデックスページ
で見られます。

過去に書かれたものは、
 アーカイブのページ
で見られます。

年月別アーカイブ

最近のトラックバック