iPS細胞で脳内の中枢器官「下垂体」作製!再生医療応用に期待!(名古屋大)

| | コメント(0) | トラックバック(0)
      

 今回注目する下記引用サイト記事iPS細胞で下垂体作製、名大 再生医療応用に期待/KYODO/2020.01.08 - 08:21  は、  <名古屋大の研究グループは7日、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を用いて脳内の中枢器官「下垂体」を作製する方法を確立したと発表した。グループは「下垂体機能低下症の再生医療への応用が期待できる」としている> と報じている。

 <......下垂体は成長や生命維持に必要なホルモンを作る器官。機能が低下すると倦怠感を覚えるほか、意識障害や不妊などの症状が出る。損傷すると回復は望めない。  グループは2016年、ヒトの胚性幹細胞(ES細胞)から下垂体の組織をつくることに成功したと発表。この手法を改良し、3種類のヒトのiPS細胞を培養した> とある。

 iPS細胞で下垂体作製、名大 再生医療応用に期待/KYODO/2020.01.08 - 08:21

 名古屋大の研究グループは7日、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を用いて脳内の中枢器官「下垂体」を作製する方法を確立したと発表した。グループは「下垂体機能低下症の再生医療への応用が期待できる」としている。

 下垂体は成長や生命維持に必要なホルモンを作る器官。機能が低下すると倦怠感を覚えるほか、意識障害や不妊などの症状が出る。損傷すると回復は望めない

 グループは2016年、ヒトの胚性幹細胞(ES細胞)から下垂体の組織をつくることに成功したと発表。この手法を改良し、3種類のヒトのiPS細胞を培養した。


 下垂体は ...... 損傷すると回復は望めない> とされているだけに、<「下垂体機能低下症の再生医療への応用が期待できる」> となるのであろう...... (2020.01.09)













【 SE Assessment 】 【 プロジェクトα 再挑戦者たち 】








トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: iPS細胞で脳内の中枢器官「下垂体」作製!再生医療応用に期待!(名古屋大)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://adhocrat.net/mt/mt-tb.cgi/4718

コメントする

2020年5月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            














関連サイトへのリンク


  • 電子書籍(eBooks)制作にフォーカスしたサイト
  • 明けない夜はないことを確信するサイト
  • Green(地球環境改善)にフォーカスしたサイト
  • ソフトウェア技術者やSEのための評価と育成、人事考課制度を考えるサイト
  • さまざまな業種・業態でご利用可能なモバイル活用の予約システム!
  • 創作小説『海念と保兵衛』のサイト
  • 創作小説『かもめたちの行方』のサイト
  • 当ブログ推奨の商品を展示したAmazon ストアー!
  • 当AdhocBlogブログの過去のエントリー
  • 株式会社アドホクラット当時のサイト

★売れ筋! No.1!
家庭用"放射線測定器"

日本通信 bモバイルWiFi ルータ+1 ヶ月定額SIM BM-U300W-1M
価格:¥ 20,208
国内配送料無料 Amazon





このブログ記事について

このページは、yasuo hiroseが2020年1月 9日 00:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は、
 「"腸内細菌データベース" を拡大へ!健康増進・予防に期待、栄養研究所
です。

次のブログ記事は、
 「「あおもり藍」に A型インフルエンザウイルス増殖防止効果!弘前大らが特許出願
です。

最近のコンテンツは、
 インデックスページ
で見られます。

過去に書かれたものは、
 アーカイブのページ
で見られます。

年月別アーカイブ

最近のトラックバック