"瞬間湯沸し的なビジョン" から人々の心を "鼓舞する" ようなビジョンへ ......

| | コメント(0) | トラックバック(0)
      
 こう寒いと調子が狂ってしまう。今日の気温は、12、3度にまで下がっている。曇天の上に小雨までパラついているので終日気温も下がったままだ。
 身体を動かしている分にはどうということもなく、ウォーキングなどはむしろ快適でさえあった。だが、じっとしてのデスクワークとなると足元に暖房器具が欲しくなる。
 この何日かこんな冷えた天候だということもあってか、風邪気味のような冴えない気分が続いている。
 新型インフルエンザが猛威を振るっている時期だけに、たとえその種のものではなく季節性の風邪でも紛らわしいのでなりたくないものだと用心をしている。
 しかし、 "用心をする生活" というのは "中途半端な気分" で嫌なものだ。力(りき)んでがんばってはいけないようで、かといってラフな気分となればとことんダラけて身を持ち崩すよう(?)でもあり、その頃合を窺うというのが煩わしく鬱陶しいわけだ。

 ところで、よくよく考えてみると、この時代状況自体が "中途半端な気分" で充ちているような気がしないでもない。芳しくない経済状況に対して "用心" することが欠かせず、皆が "竦(すく)む" 構えとなっている。かといって、 "降りる" わけにもゆかない。
  "模様眺め" 、 "様子見" といった力(りき)むわけでもなく休むわけでもないという、まさに中途半端な姿勢を取り続けさせられているのが大方ではないかと......。
 さらに言うならば、この "中途半端な気分" は単に芳しくない経済状況だけに起因しているのではなく、大きなビジョンが見失われ、方向性が上手く見出せずにいる時代環境全体から染み出していそうな気もする。
  "中途半端さ" はあちこちに見出せそうだ。
 政権交代は成し遂げられたものの、人々の生活感覚・感触はこれといって変わり映えがしない。長期に渡った悪政による負の遺産とその余韻がどっかりと横たわっているからしかたがないのかもしれない。しかし、これから何がどう変わってゆくのかという "交通標識" が見当たらないというのも、薄ら寂しいと言えば言えそうである。
 また、辛口のある人が、東京都知事が先々のオリンピックに拘り "性懲りもなく" エントリーするというのも、要するに都の行政に対する今後のビジョンが描けないからだと言い放っていたものだ。実にその通りだという気がする。

 ただ、この時代環境において、人々の "中途半端な気分" を覚醒させて "熱き心(小林旭?)" へと誘うような、そんなビジョンを構築するのも並大抵のことではなかろう。
 と言うか、そうした種類の "瞬間湯沸し的なビジョン" に固執した "ビジョン観" 自体が塗り替えられなければならないからこそ、何とも冴えない時代的気分が漂っているのかもしれない。
  "こけおどし" のビジョンは願い下げだとして、人々の心を "鼓舞する" ようなビジョンというものはどのようにして可能なのであろうか...... (2009.11.13)












【 SE Assessment 】 【 プロジェクトα 再挑戦者たち 】








トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: "瞬間湯沸し的なビジョン" から人々の心を "鼓舞する" ようなビジョンへ ......

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://adhocrat.net/mt/mt-tb.cgi/945

コメントする

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  














関連サイトへのリンク


  • 電子書籍(eBooks)制作にフォーカスしたサイト
  • 明けない夜はないことを確信するサイト
  • Green(地球環境改善)にフォーカスしたサイト
  • ソフトウェア技術者やSEのための評価と育成、人事考課制度を考えるサイト
  • さまざまな業種・業態でご利用可能なモバイル活用の予約システム!
  • 創作小説『海念と保兵衛』のサイト
  • 創作小説『かもめたちの行方』のサイト
  • 当ブログ推奨の商品を展示したAmazon ストアー!
  • 当AdhocBlogブログの過去のエントリー
  • 株式会社アドホクラット当時のサイト

★売れ筋! No.1!
家庭用"放射線測定器"

日本通信 bモバイルWiFi ルータ+1 ヶ月定額SIM BM-U300W-1M
価格:¥ 20,208
国内配送料無料 Amazon





このブログ記事について

このページは、yasuo hiroseが2009年11月13日 18:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は、
 「「次第に過去の歴史が忘れられていく」ことへの危惧 ......
です。

次のブログ記事は、
 「自然に棹差す存在である人間たちにとっての "里山" の意義 ......
です。

最近のコンテンツは、
 インデックスページ
で見られます。

過去に書かれたものは、
 アーカイブのページ
で見られます。

年月別アーカイブ

最近のトラックバック