"がん細胞死滅"の薬剤開発につながるとの期待!「細胞の新たな死に方」を見つける!

| | コメント(0) | トラックバック(0)
      

 先ず、「細胞の新たな死に方」 の発見、細胞が死滅するあり方の新しいタイプの発見 が、どのような意味(価値)を持つのか、について一応目を向けておく必要がありそうだ。
 言わずもがな、その死滅に関心が向けられるのは "がん細胞" の死である。 薬剤やその他の働きかけ(制御)によって、"がん細胞" をねらい通り死に導くためには、がん細胞、あるいは細胞一般の死に方」の全容が解明されていなければならない。 がん細胞 とともに 正常細胞 までもが "死滅" するような "副作用!" は、絶対に回避されなければならないからである。


 今回注目する下記引用サイト記事「細胞の新たな死に方」見つける がん細胞死滅の薬剤開発に期待/共同通信/2016.11.04 - 21:33 は、  <老化やけがなどによるものとは違う、細胞の新たな死に方を見つけたと、大阪府立成人病センター研究所の辻本賀英所長のチームが英科学誌電子版に4日発表した。  この新たな細胞死を制御する遺伝子も特定しており、死に導く仕組みを利用することで、がん細胞を死滅させる薬剤の開発が期待されるという> と報じている。

 <......チームによると、細胞死の一つネクローシスは、壊死で、偶発的に起きるため、生体の制御システムが関わらないとされてきた。  チームは生体内のネクローシスを可視化する方法を開発しマウスの胎児を観察。特定遺伝子により制御できるネクローシスを見つけたとして、新タイプの細胞死と判断した> とある。

 細胞の新たな死に方」見つける がん細胞死滅の薬剤開発に期待/共同通信/2016.11.04 - 21:33

 老化やけがなどによるものとは違う、細胞の新たな死に方を見つけたと、大阪府立成人病センター研究所の辻本賀英所長のチームが英科学誌電子版に4日発表した。

 この新たな細胞死を制御する遺伝子も特定しており、死に導く仕組みを利用することで、がん細胞を死滅させる薬剤の開発が期待されるという。

 チームによると、細胞死の一つネクローシスは、壊死で、偶発的に起きるため、生体の制御システムが関わらないとされてきた

 チームは生体内のネクローシスを可視化する方法を開発しマウスの胎児を観察。特定遺伝子により制御できるネクローシスを見つけたとして、新タイプの細胞死と判断した。


 上記記事は、以下の点で重要なのである。 <老化やけがなどによるものとは違う、細胞の新たな死に方> を発見した点、<この新たな細胞死を制御する遺伝子も特定> = <特定遺伝子により制御できるネクローシス = 新タイプの細胞死> を見つけた点、従って、<この新たな細胞死を制御する遺伝子も特定>できたことから、<死に導く仕組みを利用することで、がん細胞を死滅させる薬剤の開発が期待される> という因果関係なのである...... (2016.11.07)













【 SE Assessment 】 【 プロジェクトα 再挑戦者たち 】








トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: "がん細胞死滅"の薬剤開発につながるとの期待!「細胞の新たな死に方」を見つける!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://adhocrat.net/mt/mt-tb.cgi/3583

コメントする

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  














関連サイトへのリンク


  • 電子書籍(eBooks)制作にフォーカスしたサイト
  • 明けない夜はないことを確信するサイト
  • Green(地球環境改善)にフォーカスしたサイト
  • ソフトウェア技術者やSEのための評価と育成、人事考課制度を考えるサイト
  • さまざまな業種・業態でご利用可能なモバイル活用の予約システム!
  • 創作小説『海念と保兵衛』のサイト
  • 創作小説『かもめたちの行方』のサイト
  • 当ブログ推奨の商品を展示したAmazon ストアー!
  • 当AdhocBlogブログの過去のエントリー
  • 株式会社アドホクラット当時のサイト

★売れ筋! No.1!
家庭用"放射線測定器"

日本通信 bモバイルWiFi ルータ+1 ヶ月定額SIM BM-U300W-1M
価格:¥ 20,208
国内配送料無料 Amazon





このブログ記事について

このページは、yasuo hiroseが2016年11月 7日 00:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は、
 「"喫煙"による"多数の遺伝子変異"発生を確認!肺や喉など"がん発症の危険性"を高める!
です。

次のブログ記事は、
 「遺伝子伝達の鍵 "セントロメア"解明!"がん細胞死滅"への薬剤開発!(阪大研究チーム)
です。

最近のコンテンツは、
 インデックスページ
で見られます。

過去に書かれたものは、
 アーカイブのページ
で見られます。

年月別アーカイブ

最近のトラックバック