血糖値測定、指に光当てるだけ!採血要らず!5年後販売も(量子科学技術研究開発機構)

| | コメント(0) | トラックバック(0)
      

 恐い "合併症" にもつながる可能性が高いと言われる "(2型)糖尿病" は、増加の一途をたどっている。 その指標である "血糖値" が、もっと簡単に測定できれば生活習慣の改善にも弾みがつく、と考えられてきたのだが......。

 今回注目する下記引用サイト記事血糖値測定、指に光当てるだけ 採血要らず5年後販売も/共同通信/2017.08.18 - 18:35 は、  <指に光を当てるだけで血糖値を測定できる技術を開発したと、量子科学技術研究開発機構のチームが18日発表した。糖尿病の患者が針を刺す採血の痛みを感じることなく手軽に血糖値を調べる測定器の実現につながるという。国から医療機器の承認を受ける必要があり、5年後の一般向け販売を目指している> と報じている。

 <......同機構関西光科学研究所(京都府)の山川考一さんによると、現在は指に小さな針を刺してわずかな血を採り、小型センサーで血糖値を測る測定器が主流。感染症の危険もあるほか、使い捨て針の交換などで年間約20万円かかるこのため患者の負担が軽く、簡単に測る方法が望まれている> とある。

 血糖値測定、指に光当てるだけ 採血要らず5年後販売/共同通信/2017.08.18 - 18:35

 指に光を当てるだけで血糖値を測定できる技術を開発したと、量子科学技術研究開発機構のチームが18日発表した。糖尿病の患者が針を刺す採血の痛みを感じることなく手軽に血糖値を調べる測定器の実現につながるという。国から医療機器の承認を受ける必要があり、5年後の一般向け販売を目指している

 同機構関西光科学研究所(京都府)の山川考一さんによると、現在は指に小さな針を刺してわずかな血を採り、小型センサーで血糖値を測る測定器が主流。感染症の危険もあるほか、使い捨て針の交換などで年間約20万円かかるこのため患者の負担が軽く、簡単に測る方法が望まれている


 糖尿病患者が、生活の中で簡単に "血糖値測定" ができれば、生活習慣を小まめに改善するきっかけを得ることができるはずである...... (2017.08.20)













【 SE Assessment 】 【 プロジェクトα 再挑戦者たち 】








トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 血糖値測定、指に光当てるだけ!採血要らず!5年後販売も(量子科学技術研究開発機構)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://adhocrat.net/mt/mt-tb.cgi/3872

コメントする

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  














関連サイトへのリンク


  • 電子書籍(eBooks)制作にフォーカスしたサイト
  • 明けない夜はないことを確信するサイト
  • Green(地球環境改善)にフォーカスしたサイト
  • ソフトウェア技術者やSEのための評価と育成、人事考課制度を考えるサイト
  • さまざまな業種・業態でご利用可能なモバイル活用の予約システム!
  • 創作小説『海念と保兵衛』のサイト
  • 創作小説『かもめたちの行方』のサイト
  • 当ブログ推奨の商品を展示したAmazon ストアー!
  • 当AdhocBlogブログの過去のエントリー
  • 株式会社アドホクラット当時のサイト

★売れ筋! No.1!
家庭用"放射線測定器"

日本通信 bモバイルWiFi ルータ+1 ヶ月定額SIM BM-U300W-1M
価格:¥ 20,208
国内配送料無料 Amazon





このブログ記事について

このページは、yasuo hiroseが2017年8月20日 00:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は、
 「"iPS細胞"で、性染色体の異常の"無精子症"マウスから子! "不妊治療"に期待!(京大)
です。

次のブログ記事は、
 「認知症「前段階」(MCI)が半数回復!回復可能なことを示す!愛知で高齢者4年追跡調査
です。

最近のコンテンツは、
 インデックスページ
で見られます。

過去に書かれたものは、
 アーカイブのページ
で見られます。

年月別アーカイブ

最近のトラックバック