"AppStore"以外の"ローカル"Webサイトから"電子書籍"をダウンロードする手順の実際!

| | コメント(0) | トラックバック(0)
      

 "iPad(iPhone)" 向け "電子書籍" の "ダウンロード" は、有料・無料にかかわらず、一般的にはPCの "iTunes" や "本体デバイス" の "AppStore" を通し、"サインイン" を済ませてダウンロードすることになる。
 ダウンロードされると "iTunes" の "ファイル・ライブラリ" に "登録" され、そこから接続されたデバイス/"iPad(iPhone)" などに "同期" を行ってデバイスの "本棚" に収める、というのが通常方法であろう。

 では、"AppStore" 以外のサイトで配布される "電子書籍"( ePub,PDF )に対しては、どう対処すれば良いのか? ダウンロードと閲覧までの手順は......
 あるいは、自分のPCで作成した "電子書籍"( ePub,PDF )ファイルを "iPad(iPhone)" にどう収めるのか? 

 今後は、むしろこうした "ローカル" なケースの方が増加するのではないかと思われる。いや、"電子書籍" は "Do It Yourself(ドゥイットユアセルフ)" や "セルフパブリッシング" を特徴とするメディアなので、"ローカル" な配布スタイルこそが広がって良いはずだと考えている
 ところが、"お仕着せ(?)" の "AppStore" 経由以外の手順が意外とおざなりにされているかの印象がある。
 そこで、"おさらい(?)" の意味を込めて以下、その "手順" を画像を付けて解説しておくことにした。

 想定したケースは、"ローカル" な個人サイトが、"電子書籍" である "ePub,PDF" ファイルの "ダウンロード" を設定していた場合への対処手順である。
 また、「ReadMe.txt」を添えることもありそうなので、"ePub,PDF" ファイルとそのテキストファイルとを収めた "フォルダ" ごとの "zip ファイル" がダウンロードできるケースを想定してみた。
 なお、これらとは反対の立場の、ダウンロード・サイト側における設定上の注意事項については下記エントリーを参照。

◆参照 問題は、自分のWebサイトから"ePub電子書籍の配布"を可能とする"サーバ設定"か!( 当誌 2011.04.09 )
◆参照 Android SDK エミュレータで"自作ePub電子書籍"をダウンロード配布する試み成功( 当誌 2011.04.10 )

"ePub 電子書籍" などのダウンロード手順


【 00 】 "ePub 電子書籍" などが "ダウンロード(販売)" できるWebサイトに、上記のような「ダウンロード」ボタンが設置されていたとします。これをクリックすると、"Windows XP" では、下記【 01 】のようなダウンロード・ウィザード画面が表示されます。





【 01 】 ここでは、"zip ファイル" がダウンロードされることとなりますが、とりあえず「ファイルを保存する」の "チェックボックス" にチェックを入れてOKボタンをクリックします。






【 02 】 "ダウンロードマネージャ" 画面が表示され、ダウンロードが始まります。ダウンロードが完了すると、ブラウザの右下に完了を知らせる表示がせり上がります。  その時点で、リストの部分をダブル・クリックすると、PC内にインストトールされている "圧縮解凍ソフト"( サンプルでは <Explzh> )が下記【 03 】のように立ち上がります。





【 03 】 画面右側には、"解凍" されたフォルダが表示されます。これをクリックすると下記【 04 】のように、フォルダ内のファイルが現れます。





【 04 】 目的の "ePub ファイル"(= "電子書籍" )の方をクリックして、そのままデスクトップ上にある "iTunes" のアイコンまで引き摺ってドラッグ&ドロップします。参照 下記の【 05 】。





【 05 】 もちろん、"iTunes" があらかじめインストールされて、デスクトップ上にアイコンが設置されている必要があります。





【 06 】 上記のドラッグ&ドロップが実行されると、まもなく"iTunes" が開きます。  画面左側の<ブック>をクリックすると、画面右側に目的の "ePub ファイル"(= "電子書籍" )が表示され、登録されていることが確認できます。





【 07 】 画面左側の<デバイス>(接続されている "iPad(iPhone)" など)をクリックし、デバイス側の表示に移動します。右上の欄の<ブック>をクリックすると、画面右側に先ほどの "ePub ファイル"(= "電子書籍" )が表示されているはずです。ただし、この段階ではまだデバイス側には収まっていません。  そこで、画面右下の<同期>ボタンをクリックして、デバイス側に収めます。





【 08 】 以上の手順で、"ローカル" なサイトからダウンロードした "ePub ファイル(PDF も同じ)"(= "電子書籍" )を "iPad(iPhone)" などの "ブック本棚" に収めて安全に閲覧することが可能となります。





 "電子書籍" については、その "制作" 技術もさることながら、文字通りの "セルフパブリッシング" 普及のためには、 "配布方法やダウンロード手順" にもっと関心が向けられるべきだと思えた。
 以上の "画像付き手順解説" はそんな動機からである...... (2012.05.27)













【 SE Assessment 】 【 プロジェクトα 再挑戦者たち 】








トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: "AppStore"以外の"ローカル"Webサイトから"電子書籍"をダウンロードする手順の実際!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://adhocrat.net/mt/mt-tb.cgi/1935

コメントする

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  














関連サイトへのリンク


  • 電子書籍(eBooks)制作にフォーカスしたサイト
  • 明けない夜はないことを確信するサイト
  • Green(地球環境改善)にフォーカスしたサイト
  • ソフトウェア技術者やSEのための評価と育成、人事考課制度を考えるサイト
  • さまざまな業種・業態でご利用可能なモバイル活用の予約システム!
  • 創作小説『海念と保兵衛』のサイト
  • 創作小説『かもめたちの行方』のサイト
  • 当ブログ推奨の商品を展示したAmazon ストアー!
  • 当AdhocBlogブログの過去のエントリー
  • 株式会社アドホクラット当時のサイト

★売れ筋! No.1!
家庭用"放射線測定器"

日本通信 bモバイルWiFi ルータ+1 ヶ月定額SIM BM-U300W-1M
価格:¥ 20,208
国内配送料無料 Amazon





このブログ記事について

このページは、yasuo hiroseが2012年5月28日 00:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は、
 「"異常気象"が益々心配な最近なのに"世界のCO2排出量去年過去最多"の316億トン! ......
です。

次のブログ記事は、
 「"アプリ"における収入の少なさに対するジャーナリズム業界の幻滅! 迫られる出直し?
です。

最近のコンテンツは、
 インデックスページ
で見られます。

過去に書かれたものは、
 アーカイブのページ
で見られます。

年月別アーカイブ

最近のトラックバック